2017年10月 9日 (月)

平成の米騒動

30代以上しか知らない? 「平成の米騒動」ってなんだったんだろう

1993年の冷夏で、コメが歴史的不作になった事を発端とする。

コメって余っているんじゃなかったんじゃね?
古米、古々米があるんじゃね?

なんて思ったりもしたが。

コメが足りないから海外から輸入。

でも、中国米やタイ米は日本米と比べて食感が違うと不評で売れない。

輸入した外米が売れないと困るので混合させてブレンド米として販売。

消費者激オコ。

仕方がなく抱き合わせで販売。

タイ米まずい、異物が混入している、ネズミの死骸が混じってた。

貴重なタイ米が捨てられる羽目に・・・・・

あとは城南電機の宮地社長とかがネタになったな(w

間違いなく日本の農業政策の転換点となる事件だった。

実際に色々と変わったと思うよ。
減反政策の見直しや、冷害に強い品種への作付移行。(ササニシキはこれをきっかけに作付数が激変した。)
結局、コメだってなし崩し的に食管法が廃止され、流通が自由になり、海外からの輸入も始まったしね。
てか輸入されても、消費者は日本のコメに対する思いが強い事を認識させられた事件だったんじゃね?

平成米騒動の風刺に関してはこちら葛飾区亀有公園前派出所89巻に収録されている1994年米騒動!の巻が秀逸。
さらに翌年の水不足でも同じようなネタにしている・・・・・

まったく日本人って奴は・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

ガッチャマンは唯一無二の存在

「ガッチャマン」は科学忍者隊のことではなく大鷲の健のこと タツノコプロ公式の豆知識に驚きの声

たしかにメンバーがいるのにガッチャ”マン”なのはな・・・・・

ガッチャメンでないと
(そういう問題か!?)

だから秘密戦隊ゴレンジャーだったわけか。
もっとも、電子戦隊デンジマンから〇〇〇マンって表現を使うようになるが。

デンジメン、ダイナメン、バイオメン・・・・・

発音次第ではカッコいいが、やっぱ分かりにくいか(笑)

しかし他の4人は「科学忍者隊メンバー」ってのはちょっと寂しすぎる。
まあ、ガッチャマン=明確なリーダーっていう意味かもしれんが。
って記事に
ガッチャマンとは、組織の名前ではなく科学忍者隊のリーダーの称号
って書いてあった。(笑)

ちなみにガッチャマンが最初に放送されたのが1972年だから、ゴレンジャーよりも先なんだよね。
ゴレンジャーガッチャマンを参考にして特撮ドラマとして作られた・・・・・

てな事を思ってしまうが、特撮ドラマとしては仮面の忍者 赤影が、ガッチャマンよりもさらに前の1967年に放送されてる事を考えると、コレが21世紀にも続くスーパー戦隊シリーズの元祖ともいえなくない。

さらにいえば歌舞伎の演目、白波五人男が元ネタ(メンバーが一人ずつ名乗るのも、この作品の影響)って話もあるしね。

そういや、ここ最近、スーパー戦隊シリーズ〇〇〇マンって名前が使われる事が少なくなっているのは、〇〇〇マンって名前が結構、すでに商標登録されているものと被ってしまうって事もあるのがだ、メンバーがいるのに〇〇〇マンって表現はおかしくね?っていう意見もあるんじゃないかと推測。

なら、いっそ〇〇〇メンでやってみるのもありだと思うのだが。
発音次第ではカッコいいはず(ぉぃ

X-MENと被るが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

ニュータイプ実現する説。

飛行機の中で人の感情・認知能力・体は変化し、地上とは異なる反応を見せるようになる

まさかのニュータイプかよ(w

「飛行機の中で感情が高ぶる」のはやっぱ緊張しているからじゃね?

だってさ。

鉄の塊が空を飛んで、上空一万メートル以上上にいて緊張しない方がおかしいよ!!
普通の生物だったらあり得ないシチュエーションだから生理的に絶対になんか変調をきたすんだって。

あと、過去に行われた研究では、標高3.6kmの酸素レベルになると、健康的な大人であっても、測定可能なほどに記憶力・計算能力・決断力が変化するって・・・・・

完全にニュータイプじゃん!!
強化人間作れるじゃん(w

って、パイロットは高度3.8km以上を飛ぶ時には酸素マスクの装着が必要であると航空規則で定められています・・・だから良くなるのじゃなく悪くなるのか。

いや、でもさ、マラソンとかの高地トレーニングと同じで、慣れれば人間の体がそういった環境に適応するようになるんじゃね?

やっぱ、ニュータイプやん!!
強化人間じゃん!!

そして、高所は人のネガティブな感情を増大させ、緊張が強まったり、人に対してフレンドリーでなくなったり、エネルギーレベルが低下しストレスに対処する能力が影響されたりする

強化人間の副作用だな(ぉぃ

やはり人類は宇宙(と書いて”そら”と呼ぶ)へと上がるべきなのではないか?(池田秀一ボイスで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

劇しんと映画と感動

『クレヨンしんちゃん』あの名作が誕生しなかった可能性も? 原恵一監督「モメました」と制作秘話を明かす

たしかに映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦って名作である事は間違いないんだよね。
カット割りも丁寧だし、話の構成も良いし。

ただ、子供にショックやトラウマを与える演出って一種の反則技だからなぁ。

けっして王道とは言えない。

はっきり言っちゃうと、

人が死なないと感動できない=満足しない客

ってどうなのよ?

それこそ

涙って素敵やん?

的な自分に酔ったセンチメンタリズムだからなぁ。

てか、あのラストって泣いたか?

いや、悲しくて泣いたとか、話の理不尽さにモヤモヤが残って納得いかなかったとか、そういうふうな感じなかったしね。

初見時に、

あ、そういう話なのか。

で、納得しちゃったところがあるし。
変な話だけど、キャラクターの死を受け入れちゃったというか。

実はあれは夢の中で起こってった話だったって考えもできるしね。
もともと死ぬ運命にあったキャラクターが、時の神の悪戯で生きる時間が伸びたって解釈もできる。
死ぬ運命にあったキャラクターが死んだから、主人公達は現代に戻れて、話にピリオドが付いたという解釈もできる。

まあ、それは、ある程度、年齢を重ねる人間が見ているからそう思うんだどうけど、子供が見たらやっぱ納得行かないものも多いんじゃないかな?

あと、

どうだ感動しただろ、そうだろ?

という強制的な空気にもって行こうとする客の姿勢も嫌だな。

感動って自然に起こるものだと思うんだよね。
それこそ、オトナ帝国の逆襲の昔の空気が無くなっちゃうシーン。
ああいうのが本当の感動だと思うんだが。

嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦名作だと思うが、感動したからとか、泣いたからとか薄っぺらい言葉で名作認定して、他の作品をディスるような客の空気が正直嫌いだな。

と二日続けて、映画と感動について語ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

感受性の問題

映画では定番の「街中のカーチェイス」を映像作家はRCカーでどこまでリアルに再現できるのか?

これだけで一つの映画になっている説。

いや、実写RCカーアニメかはあんまり関係ないんだよね。
映像を操る手段にしか過ぎないから。

結局、台本構成を元に、カット割りカメラアングル効果音総合的に組み合わて再現していくかって事なんだよね。

結局、日本の映画がダメなのは文学>絵画という変な文化的カーストがあるからだと思うよ。

いやマジで。

文章で表現できる、文章を読めるって方が偉いという妙な発想がある。
象形文字使っているくせにね。

いや、裏を返せば象形文字を使っているから、絵画の評価が悪いのかも。

まあ法的文章はあっても、法的絵画なんて聞いたことないしね。
でも、絵で表現する事も大切だと思うんだけどな。

感受性の問題というか。

日本は、絵=子供向きという短絡的な発想が多いしね。
まあ、確かに日本の絵画はデフォルメされたのもが多いからね。
ディフォルメされている=簡易に描ける=子供でも描ける=子供向きって発想になったのかも?

でもさ?

アニメの絵だって簡単に書けないぞ(w

西洋ではピンホールカメラの技術を応用した絵画が多かったからね。
だから立体的かつ実写的な絵画が多かったのかも。

でも、日本のデフォルメされた浮世絵が日本では評価されず、なぜか海外で評価されて日本でも再評価されるようになったという事実(w

アニメもそれに近いものがあるからなぁ。

で、妙なコンプレックスを抱いてこじらすか、海外に出て評価されるかの二つ。

もうちょっと芸術的、感性的なものが評価される社会になった方がいいんじゃね?←日本人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

ドラゴンボールのキャラを鉄道に例えると盛り上がる説

「フリーザ電車」引退へ 「ありがとう!いろどり号」運転 JR東日本

この485系電車魔改造っぷりフリーザというより、人造人間19号・・・・・(ぉぃ

確かに色合いは言われてみればって気もしないが。

JR時代に新造された車両から

「ゴミが!!」

とか言われてそうで(ぉぃ

まあ鉄道でドラゴンボールするなら悟空は間違いなく東海道山陽新幹線だな。
ベジータあたりは、東北新幹線
フリーザは、さしずめTGVといったところか?

クリリンは、681系0番台はくたか

亀仙人青大将編成つばめかな?(となると武泰斗様戦前の特急富士か?)

そしてヤムチャ185系踊り子・・・・・(やめぃ

ドラゴンボールのキャラを鉄道に例えると?っていうスレを某掲示板に立てたら盛り上がるか?(w
ググってみたけど、なさそうだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

500系新幹線アニメ化決定!?

いろいろコラボしすぎ! エヴァ初号機デザインの新幹線がロボットに変形するプラレール『新幹線変形ロボ シンカリオン 500 TYPE EVA』が10月発売へ

もうアニメ化決定だな(笑)

それだけ500系がカッコいい新幹線だったという事実。
20年前の新幹線とは思えないもんな。
(そういやエヴァが放送されたのも、500系デビュー前後か)

ただし、運用面や客室スペースに無理があったのも事実。
でも、それを差し引いても魅力的な新幹線車両だった。

時刻表にも

500系で運用

と誇らしく表記されていたし。
もっとも運用で前記のように700系、300系との座席数や客室スペースの違いがあった為、快適性を優先して700系に乗る人も多かったからね。

でも快適性なら300系と五十歩百歩じゃね(ぉぃ

300系は、そこそこ揺れた記憶あるんだが。

個人的には500系エヴァンゲリオンこだまにのって博多まで・・・・・

って気には、流石になれない。(ぉぃ
やっぱ、エヴァンゲリオンよりスピードだな。

岡山、広島あたりまで行くのはありかな?

もちろん、こだま専用のエコノミー切符があればね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

コロ助、藤子キャラで一番いらない子説(コラコラ

PC作業を手伝うナリ キテレツ大百科「コロ助」のPCぬいぐるみで新たな発明が誕生するかも

てっきりコロ助型のロボットが代打ちしてくれる代物と思っていた(w

アームレスト兼ぬいぐるみなわけね。

ED曲で助手兼掃除番の チョンマゲ・ロボットと歌っているのを思い出した。

でもなー・・・・・

コロ助、藤子キャラの中でいちばん要らない子説(ぉぃ

だってさ。

・トラブルメーカー。
・ロボットの癖におねしょをする。
・そのくせプライドは高い。
・近所の幼稚園児相手に「吾輩は武士なり」と威張ってる。
・キテレツとケンカすると如意光を持ち出して家出。

藤子キャラで、誰と一緒に住みたいかどうか?投票するとダントツで最下位取りそうなイメージあるのだが。

それ以上にがまたアレで・・・・・

キテレツ大百科に出てくるロボットがピーキーなのはF以上に雪室俊一御大の影が・・・・・

なんせサザエさんメインライターだからね。(タラオにイクラに堀川君・・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

ガンダムのヒロイン、基本全員イタい説。

彼女にしたら絶対面倒くさい!?ガンダムのヒロインランキング

ちょ(w
まあ、でもこれは世代によってキャラの票が分かれそうだからなぁ。

俺らの世代にしてみりゃ、クェス・パラヤ2位に入っているのは大満足。

まあ親の育て方が悪いんだけどね、親の育て方が。(ぉぃ

親への愛情ニュータイプの意味を勘違いした結果が・・・・・(´・ω・`)

だが、それが良い(コラコラ

5位フォウ・ムラサメは強化人間だし悲劇のヒロインかな?

7位セイラ・マスなんで?

彼女にしたら絶対面倒くさい!?じゃなく

彼女の兄貴が面倒くさい・・・・・(やめぃ

そして・・・・・

ええい、なぜハマーン・カーンが入っておらぬ!!

彼女にしたら絶対面倒くさいの域を超えているのか!?
なんせハマーン様ですから。

キシリア・ザビも同上の理由か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

黒い人=犯人という概念は破れないものか?

コナンの「犯人変身コスチューム」登場 不敵な表情のマスクと全身タイツで誰でも“黒いあいつ”に

“黒いあいつ”というとガキ使の鬼ごっこを鬼を連想してしまうな。(w
あの不敵な表情でプレイヤー捕まえて罰ゲームを執行すると思うと・・・・・

まあ、ガキ使=罰ゲーム=黒い人ってイメージ強いからなぁ。

極めつけが

ガッデム!!アイアム蝶野!!

あの手この手を変えて、毎回、方正にビンタを見舞うのはお笑いの除夜の鐘化しているしね。

そういやコナンに方正である事が指摘され蝶野がビンタした回もあったな。

しかし、なぜ犯人=黒い人なのか?
まあ影で人が見えないから黒い人になるんだろうけど。

でも白い人が犯人であってもいいんではないか?

その方がフェイントになるし面白いと思うのだが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧