2017年10月20日 (金)

アレの名前

「ズック」「御座候」「業間休み」 “アレ”の名前を解決するアンケートに全国から選挙並みに熱い投票が集う!

1:チューベット
2:御座候 or 今川焼 or 太鼓焼き
3:
えっ・・・・・いっせーので
4:バンドエイド
5:あったなー・・・・大休み時間?
6:上履き

はやっぱりチューベットが多数派。
ポッキンアイスアイスチュッチュは、その地方で売られている商品名かな?

大判焼きって呼び方もあったね。
あと回転焼きもわかる。
青森おやきは・・・・・なんか(コンプラ)を想像してしまう(w

いっせーののやつってそのまま(w
まあ、どうも名前は無いみたいだね。

が見事に絆創膏バンドエイドに分かれた。
これと赤チンとのセットが80年代の擦り傷処置の王道

中休みは、確かにそんな呼び方していたような気が・・・・・
20分休みって呼び方もうっすら記憶から蘇ってくる。

秋田だけがズック
ズックというとドリフの履いている奴を想像してしまう世代。
ちなみに神戸市内の小中学校油引いた板床だったので、基本、土足
油引きは一大イベントでした、(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

なんの駅でしょーか?

全部分かる? 駅名を簡易地図の情報だけで当てるクイズ

6番以外自信をもって答えられた俺ってなにもの?(w

まあ一応、6番も正解だったが、地元じゃないと一番馴染みの低い駅かもな。

てか一日の乗降客数が世界第6位なのかよ!!

流石、世界の〇〇〇を生んだ町の事だけはある。
(大ヒント!!)

TXが走ってるからあの駅と勘違いしがちだが、よく考えよう。
あの駅は、立体交差しているから!!

他は、そんなに難しくないかなぁ。

鉄道大国日本を改めて感じさせられる地図だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

スイカは強い!!

道路脇にニョキッと生えた“ど根性スイカ”に「植物の生命力」「力強い」の声 

そういや、スイカの種を飲み込むと、お腹からスイカが生えてくる・・・・・

なんと噂があったが、生命力の強さを比喩しているのかもしれない。

場所を選ばず、どこでも育つだけの生命力があるって事か・・・・・

このままデカくなって出荷される・・・・・

なんてことを期待したが、2017年8月6日に無くなってしまったとの事。

でもさ、これだけ生命力が強かったら・・・・・
食べて捨てたスイカの種が、育っていき、町中を埋めつくすというパニックホラーが出来そうな気が(w
養分は、もちろんスイカを食べた人間・・・・・(ぉぃぉぃ

でも、俺らの世代には加トちゃんケンちゃんごきげんテレビで、スイカ男というパニックホラーコメディコントを見せつけられたからなぁ(w

あれは、トラウマです(w

特に弱点である天かすでスイカ男になった志村を倒すシーンが・・・・・

たしかレンタルDVDで借りれたはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

都会の偶然が生み出したビート

駅のトイレで謎のドラム音→通気口を通る風のイタズラだったという動画が話題に マッシュアップ動画も続々登場

見事なビートを奏でている。
通気口にて一定のタイミングで空気が流れているから、こんなリズムが生まれているのだろうか?

しかし、そのリズムに合わせてメロディを付けてしまう職人さんが(w

いや、どれもクオリティ高くて。

都会の片隅で偶然生まれたリズムが素敵な音楽を生み出す。
なんか、凄い神秘的なモノを感じるなぁ。

その内、こういった偶然が生み出すビートをサンプリングして本格的な曲が作られる。
そんな時代が来るかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

甘い農作物は果物!!

「野菜と果物の区別」論争に終止符を打つ!

結論から言えば記事の・・・・・

結論:何事もまずは自分で調べるべし。

の言葉がズシリとくる(w

そうそう、たわいもないデマが口づてされ、シェアされ、RTされて1人歩きして世の“雑学”になってる事あるからねぇ。

スイカとイチゴは野菜扱いドヤ顔して語っていたが、
トマトは実は果物あつかいドヤ顔して語っていたが、

野菜と果物(果実)の分類については、はっきりした定義はありません。

とは。

つまり、極端な話、リンゴやミカンを野菜と言っても文句を言われる筋合いはないという事実。

まあ、でも一程度の糖度がある植物は果実と扱っても良いのかもね。

じゃあ、サトウキビは果物扱いか?

まあ普通は農作物扱いだろうしね。

Santaku的結論:甘い農作物は果物。

これでいいのだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

ついっぷる10月末で終了

老舗Twitterクライアント「ついっぷる」が10月末で終了 画像投稿サービス「ついっぷるフォト」も終了へ

まあビッグローブPC-VANの残党だからね。
ニフティも富士通が手を引いたし。

調べてみたらNECも2014年にビッグローブから手を引いて、今はKDDIの関連企業なのか。

そういやガラケー時代ついっぷるフォトのお世話になった事も多かった。
という事は、それらの画像も閲覧できなくなる・・・・・・

って、まあ5年前以上のツイード画像さかのって見る奴いないだろうしね。
UPした画像は、手元のパソコンがスマホにあるしね。

そういったのもを維持するだけでも大変。
どこからマネーが出ていたかというと、やっぱスポンサーになるんだろうが、やっぱり採算が取れなくなってきたという事か。

いつまでも あるとおもうな ネットサービズ

伴内。

字余り!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

カメ、トカゲ、チンパンジー♪・・・・・トリッ!!

あなたはどのタイプ? 「うるさいチンパンジー」「やさしい亀」……対人ゲームプレイヤーの特徴的な4タイプが動物イラストに

たぶん、うるさいチンパンジータイプだろうな(w ←自分
見た目はブタだが。

だれがブタやねん!!

一方、亀タイプは重要。

にぎやかしのチンパンジータイプと、ちゃんとゲームする土台を守ってくれる亀タイプがいれば、まあ完璧ですな。
チンパンジーがボケて、が突っ込む理想的テーブルですな。

そしてゲームに対しても向上心を強く求めている「鳥タイプ」

いるいる(w

そして、ある日突然心が折れてしまうってのが(w

挫折に弱いというか、ゲームを楽しむって心が足りんのよね。

そして毒トカゲタイプ
俺が知っているのは、これに鳥タイプを掛け合わせているイメージが(ぉぃ

ゲーム会の始祖鳥というには表現が良すぎ。(コラコラ

まあゲームする人も十人十色。
そこが人間社会の縮図なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

洗濯機がリズムマシンに!?

その発想はなかった! 洗濯機の音に合わせた演奏が意外とイイ感じ

まさかの洗濯機がリズムマシンに(w

まあ、一定のリズムを刻んで洗濯するからねぇ。
理にかなっているといえば、理にかなっているが・・・・・

なんか使い方間違ってないか?

中の洗濯物を工夫すると、音色も色々変えることが出来そうだな。

でも、機械がリズムパート担当すると意外ときつい。
上手くないと、機械の出すリズムに合わせられないからねー。

最後の蓋をして洗濯機のリズムを止めるのがカッコいい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

鹿なのにビートルズ?

奈良で「鹿のビートルズ」激写される

4匹いたら完璧だったんだけどな。

しかし奈良でアビー・ロードのアングルを再現する事が可能なのか。

どうやって、この写真を撮ったのか?が気になるが・・・・・

まあ、クルマから助手席に座っている人が撮ったんだったらセーフ
横断歩道から車道に出て撮ったとしたら・・・・・

しかも撮った人が16な人アメリカンキッズの人だったら・・・・・(やめぃ

ちなみに本家のロンドンにあるアビー・ロードの横断歩道は、完全に観光地化してて、人気の撮影スポットになっているんだって。
みんな、ジャケットの格好の真似をしているとか。(笑)

ただ、今の横断歩道は30年前に数メートルほど移動しているんだって。
だから、ジャケットの完全再現っていうわけにはいかないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

嘘松とAI文学技術

実話のような創作のような「嘘松ツイート」ってなに?

嘘松ジェネレータ

そこまで面白い話ってなかったな。
そもそも、まったくゼロから作り話をするって難しい。

大抵は、なんだかの経験、体験、見聞したものを、膨らませて面白い話を作っているからあぁ。

世界の創作のネタ元をたどっていくと聖書に行きつくって話もあるし。

話を作るとなると、まあベースは起承転結だろうな。
起・承・転・結、毎に、話を分け、さらにその内容を関連ワードで関連付ける。
そして話の面白さを判定して、面白くなければ、各部分を盛る(w

もちろん、全部の要素、盛ればいいってもんじゃない。
やっぱり、転・結の部分が一番、盛り具合がある(w。

そういうプログラムとデータベースを作れば、AIでも、そうとう面白い話を創作できそうな気がするんだよなぁ。

まあ、あと10年ぐらいは掛かるかな?
そうなるとAIが書いた文学作品が、直木賞、芥川賞とる時代が来ちゃうかもね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧