2020年7月 2日 (木)

34年前の8ビットPCってまだ動くのか・・・・・

30年以上前のPC-88実機でFF7リメイクの名シーンを再現するとこんな感じ

そもそも34年前の8ビットPCが動く問題
いや、なかなかすごいことですよ。
エミューターじゃなく、あえて実機で動かしているという。

5インチフロッピーディスクなんて、しかも2HDや2D規格のフロッピーディスクなんて今、売っているのか?
調べてみると、何気にメルカリとかのフリマでは出回っているな。←5インチフロッピーディスク
3.5インチフロッピーディスクだとアマゾンでも買える。

このころのNECPC-88機って斉藤由貴がCMキャラクター務めていたイメージあるなぁ。
ただ、ワープロなどのビジネスで使えたかといえば・・・・・

年代的には1986年といえは、PC-9801VMにより、PC98シリーズのアーキテクチャが完成して、16ビット用パソコンワープロソフトとして一太郎が普及し始めたころか。

ただ当時のPC98シリーズはいわゆるビープ音源しが搭載していなかったから、趣味やホビーFM音源3音+SSG音源3音が搭載された8ビット機の方が人気あったころですね。

それでも本体価格だけで20万8000円
それにモニタソフトを買うと・・・・・

うーん、相当な出費になっただろうなぁ。
まあ、それだけに、「なんとしてでも元は取る!!」と頑張ってプログラムをマスターする強者が多かったんだろうなぁ。
高橋名人なんて、そんな感じだったそうだし。

憧れだけでパソコンを衝動買い→ほこりをかぶる→それでも毎月のローンの支払いはある→しかも自分でいちいち入金しないといけないから無駄遣いしてしまったことを意識せざるを得ない→一念発起してプログラムをマスターする。
それで、ハドソンに入社するきっかけができて、名人として有名人になったんだから、人生って何があるかわからん。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

高齢者とeスポーツ

日本初のシニア専用eスポーツ施設が神戸にオープン ゲーム体験レクリエーションを2時間1000円で

高齢者eスポーツ・・・・・
合わないように思えるが、今60歳の人が40年前は20歳
スペースインベーダーの発売が1978年だから、当時18歳・・・・・

単純にeスポーツ=ビデオゲームと考えたら下手したら一番やりこんだ世代じゃね?

そういう意味ではこれからどんどん需要があると思うが・・・・・

基本、eスポーツって反射神経と把握力を処理能力の速さが命だと思っているから、やっぱり体力、持続力的ハンデは埋められたとしても若者には勝てないのでは?と思うなぁ。
もちろん、反射神経、把握力、処理能力の衰えを抑えるトレーニングになるとは思うが。

シニアeスポーツの大会があっても不思議じゃないが観てて楽しいか?となると。
まあ、何事も観るより実際にやるほうが楽しいんだけどね。
その楽しさをわかってもらう魅せ方をしないといけないというのが・・・・・

だからこそ魅せることができる人プロとしてごはんが食べられるのだろうが。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

協力プレイとは!?

「協力プレイでミスした仲間に厳しい忠告」はNG? 対戦ゲームにおける気配りの大切さを語るツイートに共感

そもそも「協力プレイ」を理解しているのか?問題。
人間、誰だって、個人プレーで得点獲ったり、ホームラン打ったりしたいからなぁ。

でも、それ協力プレイは別物。

だが、もっとやっかいなのは、「協力プレイ」やっているつもりが個人プレイしている問題
自分が得点獲ったり、ホームラン打ったりしたいから、周りに「協力プレイ」を押し付けるという・・・・・

まあ、もう少し知恵をつけると、自分の計画通りにして勝ちたいから周りに「協力プレイ」を押し付ける問題・・・・・

ここら辺の役割分担は難しい。
下手すりゃ、みんなで「どうぞ、どうぞ」しちゃう可能性もあるし。

それぞれが、自分と相手の能力を把握したうえで、互いが自分のポジションを見つけて、勝利という目標に向かって戦う・・・・・

というのが理想だが、それが出来れば、みんな苦労はしない(w

まあ、ネタとして互いの責任の擦り付け合いをするのはありだが(w
ど○で○ょう班の4人みたいに。

でも、それは、本当にお互いを信頼しあっているから、いろいろとズバズバ言えるわけであって。
上辺だけのなれ合いからのリアルな責任の擦り付け合いの人間関係はおすすめできない。

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

真のデスクトップPC!?

これぞ真の「デスクトップPC」! 電動昇降する机型PCケースが28万5,000円

 

いやデスクトップPCじゃなく、昔の喫茶店の卓上型ゲーム機を思い出しちゃったよ(w
インベーダーゲームとかいかがわしい麻雀とか(ぉぃ

ブーム全盛期、卓上型ゲーム機置くだけで、そうとう儲かったと聞くしな。
費用回収の勢い凄まじかったんだろうなぁ。

客は客で、コーヒー一杯に卓上型ゲーム機の上の100円玉積んで。
名古屋撃ちとかの技を繰り出していたという。

そういやインベーダーゲームのヒットでパチンコの客が減って、それの対抗策といてフィーバー機ができたという話だし。

このデスクトップPCを導入した、真の意味でのネット喫茶が現れる日が・・・・・

多分こねーだろうな(w

むしろ5Gなどのネットアクセス環境が整っている方がありがたられるかも。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

ソリティア30周年

Microsoftの「ソリティア」がついに誕生30周年を迎える、いまだに全世界で毎月3500万人がプレイ

30年という事はMS-Windows 3.0 verと共に誕生したって事か。
たしかにクリック、ドラック、ドロップ操作など、マウス操作の基本を覚えるにはうってつけのチュートリアルゲームだったのかもな。

記事によれば

2012年にリリースされた「Windows 8」にはプリインストールされませんでした。

これは知らんかった。

まあWindows 8自体使ったことが・・・・・ゲホンゲホン。
Windows 8は、マウス操作よりも、スマートフォンやタブレット端末との融合を図ろうとしたOSだったからな。
スタートメニューを廃止したりと。
そう考えると、マウス操作のチュートリアル色が強かったソリティアがプリインストールされなくなったのは必然だったのかもしれないなぁ。

しかし当時のMS-Windows 3.0 verは、アクセサリ簡易ワープロ簡易カード型データベースペイント通信ソフト(ターミナル)、そしてゲーム(ソリティア、リバーシ)と、何気に豪華だった・・・・・
なかったのは表計算ぐらいなか?

こっからWindows95発売までの5年間が、DOS/Vの発売だったり、あるいはコンパックショックだったりと、日本のパソコン普及における準備期間というか過渡期だったように思えるなぁ。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

バーチャル ル・マン24時間レース!?

ビデオゲームで24時間耐久 「ル・マン24h」バーチャルレース開催、天候変化や給油、タイヤ交換の要素も

普通にドライバーのフィジカル勝負になりそう。
てか、いかに長時間、集中力を維持できる勝負になるのかな?

ある意味、ドライバーは、リアルのル・マン24時間より大変かも。
天候変化や給油、タイヤ交換の要素もあるそうだが、ここら辺の感覚はどうなるんだろう?

モニターに残量や警告アラーム、あるいはタイヤだとグリップ力の低下がマシンに反映されるのだろうか?
ドライバーの判断に任せるのか、ある程度はチームサイドでシミュレーションしておくのかも興味深い。

あとは、テクニカルトラブルをどうするか?だよなぁ。
ここら辺は、あんまりランダムに発生させると運の要素が強くなるからなぁ。

ただオーバーレブが多いとエンジントラブルが発生しやするなるような仕組みにするのはありかもしんない。

ル・マン24時間の醍醐味である、ワークス同士の優劣を競う的要素は小さいかもなぁ。
だって、実際のクルマに技術がフィードバックされるわけじゃないからね。
ひょっとしたら、副産物的、ひょうたんから駒的な技術のフィードバックはあるかもしれないが。

まあ、それでもリアルの世界でも、バーチャルの世界でも強かった!!ってのは良い宣伝にはなるかも。
各自動車メーカーが大人げなく全力で参戦してくれないかなぁ(笑)

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

弦楽器の世界は無限

バイオリンによる「F-ZERO」演奏動画がかっこいい! 効果音まで再現するプロの演奏がテンション上がる

 

このバイオリンの表現力の高さ!!
BGMだけでなく効果音まで再現できているところに弦楽器の表現力の多様さを感じざるを得ない。

これ重奏にすれば、F-ZEROの音楽や効果音を完全再現できそうな気が・・・・・

逆に言えば、ゲームの効果音BGMって弦楽器音をベースにして作っているのかもしれないなぁ。
音のエフェクトとかはバイオリンギターなどの弦楽器じゃないと掛けるのが難しいイメージがある。

こういうゲームのBGMや効果音はギターとかでも再現できそうな気がするのだが・・・・・

あった!!

 

やっぱ多重録音は強い(w
ドラム部分はマシンを使っているみたいだが、他は全部ギター使っているし。
ステージによってはベースも効果的に使ってる。

まあ、エレキギターエフェクター音も色々と作れるからね。
うーん、弦楽器の世界は無限だな。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

熱問題は大丈夫なんだろうか?

8インチ画面でPCゲームが楽しめる「GPD Win MAX」がクラウドファンディングに登場

16GBのメモリはともかく
Intel Core i5は物足りなくね?

まあゲーミングPCで重要なのはGPUと聞くし。
でもこの小ささで・・・・

熱問題大丈夫なのか?

こっちの方が心配なのだが。

うちのパソコンもCPUがフル回転しているときはファンが回る音するからなぁ(w
ゲームのやっているときなんて、それこそCPUフル回転だろうし。

8万3598円の出資から、リターンとして「GOD Win MAX」を受け取れます。って事だが意外と安いなぁ。
ビジネスソフトはともかく、OSとか入っているのだろうか?

そこら辺の設定を含めて自前で・・・・・
まあ、そのぐらいできないと、ゲーミングPCは扱えないか!?

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

見える囲碁!?

こんな囲碁アプリ欲しい! 碁石をぷよぷよ風に表現して形勢を表情で見せるアイデアが分かりやすい

 

たしかに。
囲碁って、感情移入しにくいんだよなぁ。

逆に言えば将棋は感情移入しやすい。
だから

王将よりも飛車を可愛がってしまう

わけだが(w

飛車とられるのが嫌すぎて気が付いたら王将詰まされがち(ぉぃ

視覚化できれば、どことどこがくっ付いてて盤石で、どことどこが攻められて分断されそうさがわかりやすいと思うのだが。
さらに、前から言っているように、そこに都市など地図を映し出すことができたら・・・・・

この駅周辺は絶対に譲れんとか、城のエリアは抑えたとか、商店街地区が我が支配下に・・・・・

なんて感じで盛り上がれると思うのだが(w

で、特定の場所の占拠にこだわって大局を見誤り負けるわけですね・・・・・(w

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

「てつふだ」だと!?

鉄道花札「てつふだ」を見たら、旅に出たくてたまらんのよ…

 

この発想はなかった!!

花札って、まあなんとなくは和風トランプって感じというかイメージはあったんだが・・・・・
数字(月)と植物(花)が一覚えられなかったからなぁ(w

そこに鹿とかお月さまとかが絡んでくるんでしょ?

思い出すのは、昔のじゃりン子チエ OP(w

鉄道花札の方がしっくりくるのは、やっぱり根っからのだからだろうか?(ぉぃ
そういや、じゃりン子チエテツが・・・・・

サンライズ、夜行に盃、真夜中の駿河湾、朝焼けの姫路城、サンライズ出雲寝台券
これで計17点

うーん、やっぱこっちの方が風情がある。

これ、絶対にタモリ鉄道倶楽部で、これを使ってゲームするありそうな気が(w

でもじゃりン子チエ鉄道花札「てつふだ」をコラボさせるなら・・・・・
南海電鉄版「てつふだ」だな。
ただし、出てくる鉄道車両は旧塗装の昭和の車両に限る・・・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧