2019年4月 6日 (土)

R40世代歓喜のテレビゲーム!?

「マリオ2」と「スターソルジャー」、Nintendo Switch Onlineに追加

1986年発売のシューティングゲーム「スターソルジャー」(KONAMI)の3作。

「スターソルジャー」(KONAMI)!?

って思ったが、ハドソンはKONAMIに吸収されちゃったんだよなぁ。
こういうところにも、時代の流れを感じる。

しかし、マリオ2スターソルジャーって、なんかR40世代歓喜って感じだよなぁ(w
マリオ2は難易度上げだアクションゲームで、クリアするのに相当苦しんだし、スターソルジャー高橋名人の全国キャラバンイベントとかvs 毛利名人の企画があったしな。
まあ大人の世界の事なんか知らずに夢中になっていたからなー(w

Nintendo Switch持っている大人は、子供を差し置いて昔を思い出して遊ぶんだろうか・・・・・
てか、僕はNintendo Switch持ってないし、そもそもゲームする暇がない・・・・・(´・ω・`)

趣味や娯楽の2色経営結構大変説・・・・・

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

協力プレイは手段であって目的ではない

「ゲームで味方に迷惑をかけていないか不安」 協力プレイを恐れる「マルチプレイ恐怖症」に共感の声

 取り沙汰されているのは、ネットゲームにおける「協力プレイ」。プレイヤー同士でパーティを組むRPGに限らず、大勢でチームを組んで対戦するシューティングや、スマホゲームでカジュアルにマッチングして強敵に挑む「レイド」なども含まれます。

ボードゲームが置き去りにされている件に関して。

モノポリーカタントップを追う為には時として「協力プレイ」は必要。
ってか、その為の、交渉という比較的フリーハンドなルールがあるからね。

ただね、この「協力プレイ」ってものが曲者で・・・・・
「協力」しているつもりが、一方的に援助している事はよくあること。
まあ、仮に互いに共闘してトップ目に追い付いた、あるいはトップ目を追い落としても、今度は、その追い落とされたトップ目と共闘して・・・・・

はたして本当に共闘してくれるかな?

まあね、共闘組んで、どこからスパート掛けるかどうかも、面白いところなのだが。

ただ「協力プレイ」をすることは勝利条件に達する為の目的を達成する為の手段の一つであって、「協力プレイ」自体が目的じゃないんだけどね。

そこを見誤って脅迫概念みたいなものを植え付けられると拗らせてしまうんじゃないかと。

RPGのマルチプレイみたいに、チームで勝利条件に達する事を目的とする場合は、「協力プレイ」を行うのは、個人の為というよりチームの為だから、そこら辺の責任の意味合いも変わってくると思うのだが。

でもゲームする目的は楽しむ為にあるわけだからさ。
変な脅迫概念によるストレス抱えてまでゲームする必要もないと思うんだけどなー。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

欲しかったアナログゲームがカプセルトイ化!?

本当に動く! 野球盤にポカポンゲーム……エポック社の懐かしアナログゲーム7種がちっちゃいカプセルトイに

野球盤のカプセルトイはあったが、エポック社のアナログゲームまでカプセルトイ化されたのか。
「アスレチックレース」「大迷路」「あくま島脱出ゲーム」・・・・・v

ほとんど欲しかったやつやん!!

「ドンケツゲーム」「ポカポンゲーム」、これもよく遊んだなぁ。

「大迷路」組み合わせで2,642,411,320通り(26億以上)の遊び方ができるってのがウリだったから「一生遊べるじゃん!!」と思ったものだが(w

当時は巨大迷路がブームで、全国各地に巨大迷路アトラクションが作られていたからねー。
ジェームス山(今のイオンやツタヤ、コーナン、ケーズデンキがあるところ)にもあったしねー。

「アスレチックレース」「あくま島脱出ゲーム」は名前を変えたり、キャラクター商品になって、なんどか再販されていた記憶が。
「大迷路」も再販されていたけどね。

でも、今のご時世、こういうパチンコ玉使う玩具は、子供の誤飲対策が必須だろうな。
ボードゲームが復権しつつある世の中、こういうギミックのある玩具ゲームがもう一度、見直される時期が来てもいいと思うのだが。

しかし、これ電池無くても動くのだろうか?
これらのギミックゲーム玩具は乾電池必須だったような記憶が・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

リアルタイムバトル将棋

棋から「ターン制」を取っ払った狂気のゲーム Nintendo Switch「リアルタイムバトル将棋」3月14日配信決定

ちょっと何言ってるか分からない(w

まあね、大戦略III ターン制なくしてリアルタイム制だったし。
こういう将棋もありかもしれない。

一度動かしたコマは、一定の時間がカウントされるまで動かせなくなる制約があるってのがミソかな。
機動力のあるコマほど動かせるまでの間隔が長くなると。

どのコマもどの方向にも動かせるが、動かせるまでの間隔で格差をつけるってやり方もありだったかもしれないね。

「詰み」の状態に追い込まれても、逃げたり持ちゴマで防いだりといった対応さえ間に合えば敗北を免れる・・・・・・
これは「詰み」の状態残しても良かったんじゃね?

両方ともわーっと攻め始めて、ひょっとしたら偶然の「詰み」が生まれる可能性もあるわけだし(w

あとは、時間制で、時間切れの場合は保有するコマの点数で勝敗が決まるとのこと。

駒得絶対正義じゃないか!!

これ実際の盤上でプロ棋士がやったらどうなるか?は見てみたいなぁ。
ただ、実際の盤上でリアルタイムバトル将棋をするのは難しそうかなぁ。
バーチャル盤を使ってやるしかないかもしれない。

まあ、現状の将棋とは全然違うゲームになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

ボードゲーム温泉

「控えめに言って天国」 ボドゲクラスタから絶賛された「大江戸温泉物語のボードゲームコーナー」はなぜ生まれたのか

みんな温泉に入らずボドゲに熱中しそう(w
てか、ボードゲームで温まることができるから、ある意味、温泉の役割を果たすわけですね(ぉぃ

しかし300種類って凄いなー。
下手なボードゲームバーボードゲームカフェよりもよりも品ぞろえがいい。

さらにお手製のゲームガイドまで用意されているって・・・・・

いや、なかなか、ここまでやっているところないぞ!!

立地的に夜はできることが限られてしまうからボードゲームを置く事にしたそうだが。

いや、好きは人は昼もボードゲームやってそうなイメージが(w

こういう宿泊施設健康ランドでボードゲームの設置は普及が進んで欲しいというか、やっている姿を見て、周りの人が興味を持って、楽しい&遊びたいと思ってくれる好循環が生まれればいいんだけどね。

温泉でボードゲームか・・・・・
ゲリラ的でもいいからやってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

新時代のサバイバルゲーム!?

タカラトミー、ハイテク光線銃「X-TAG」発表 スマホと連動し最大64人によるバトロワゲームが可能

これは凄いな!!

ちょっとしたサバイバルゲームがバーチャル空間じゃなく、街中でも行えそうで・・・・・
いい大人が、これを持って大都会の街中で遊んでいると・・・・・

間違いなく通報案件ですな(w

いつ職務質問にあってもおかしくない。

いや、でも街中で遊ぶために作ったようなもんでしょ?
でないとスマホと連動させたりGPS機能つけたりしないって。

これを使って、ちょっとしたイベントができそうだな。
ちゃんと関係各所の許可を得て、ゲームをするのなら、問題にはならんだろうし。

逃走中みたいな感じのゲームバラエティ番組にできそうな気がすると言うか、それ前提で商品を開発したんじゃ・・・・・

X-TAGの流れを組むサバイバーショットが発売されたのが1987年
1987年といえば、ゲームバラエティ番組の金字塔ともいえる風雲たけし城が大ヒットしていたころだし。
水鉄砲使ったバトルも、番組後期には赤外線銃を使ったバトルに進化していたからなぁ。

いずれ、テレビなりネットなりの番組でお目にかかれる日がくるかもしんない。

てか、こち亀が連載続いていたら、絶対にこの玩具はネタにされていただろうなぁ。
で、両さんがやりすぎで新聞沙汰になるというオチに(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

教科書の写真資料の仕事が粗い(w

お~い逆! 逆! 小学校の教科書に違和感バリバリのファミコンが掲載

まあファミコンが社会科の教科書に載るのも感慨深いものがあるのだが。
それだけ日本の歴史に残るほどの製品だったという事だが・・・・・

どうしてこんな写真資料になったんだ!!

1991年って年は確かに、スーパーファミコンも発売されていたが、まだまだファミコンも遊ばれていたから、そこまでツッコむ必要もないが、コントローラーの持ち方・・・・・

桑野信義の箸の持ち方に通じる衝撃(やめぃ

そういや、記事のタイトルのお~い逆! 逆!しむらー後ろ! 後ろ!に通じるものが(違

で、遊んでいるソフトをよく見てみるとツインビー!!

コントローラーを逆に持ってツインビーを遊ぶなんてことがあったのか?

リアルタイム世代だがそんな話聞いたことないぞ(w

あるいは、ゲームが上手くて「コントローラー逆さにしてもクリアできるぜ!!」的縛りのノリでゲームをやっていたとか?

他にもACアダプターの線がなかったり、テレビと接続する同軸ケーブルのコードもなかったりと・・・・・

仕事粗すぎ(w

もうちょいなんとかならんかったもんなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

カネが動くところに税金有り

トランプの札、「スペードのエース」の柄だけ大きくて派手なのはなぜ?

スペードのエース=最強のカード=特別扱い

だと思っていたんだが・・・・・

納税の証だったとは!!

トランプに課税して、大きくて複雑な模様が描かれたスペードのエースを税務署で印刷し、これを納税の証にしたとか。
で、無理にカードを偽造するまでもない額にまで税金が下がっても、多分、それがカッコよかった、個性的だったから、スペードのエースを大きく複雑な模様にするようになってしまったということみたい。

しかし、納税の対象になるほど、トランプが遊ばれていたということか・・・・・
そこには、当然マネーも絡んだだろうし、そう考えるとね。

やっぱ、カネが動くところに税金有りって気がするなぁ。

もっとも、トランプって言い方は日本だけで、海外ではプレイング・カードって言うらしいね。

トランプって言葉は幾種類かのゲームのルールにある切り札の意味らしい。

トランプでググると、あのアメリカ大統領の名前が出てくる・・・・・(´・ω・`)
あっちのトランプ切り札というよりワイルドカード(ジョーカー)って感じが・・・・・

まあ、同じようなものか?(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

真の贅沢とは!?

ベンツをマリオカートのコントローラーとして使用する贅沢すぎるゲームプレイ体験

ベンツといってもなぁ・・・・・
ベンツというとヤーさん想像してしまう昭和脳(ぉぃ

てか、今時、黒のベンツとか乗らないだろうし。
むしろ、エスティマみたいな実用性の高い大型ミニバンの方が妙にリアルが・・・・・

やっぱベンツという言い方よりもメルセデスって言い方が高級車、スポーツカーってイメージがするなぁ。

シルバーアロー、マクラーレン銀河帝国万歳!!

って感じで(ってもう20年前も話なんだよな・・・・・)

でもメルセデス1990年代後半Aクラスが出てイメージがガラって変わったしなぁ。
ヤーさんのイメージもあって厳ついイメージあったが、あれ以後、コンパクトカー、ファミリーカーとしてのイメージも上がったし。

で、その同じ時期にF1マクラーレン銀河帝国が大躍進して・・・・・

だからベンツをマリオカートのコントローラーとして使うのが本当に贅沢なのか?と・・・・・

むしろベンツよりもアウディの方が高級車ってイメージあるし、ポルシェの方がスポーティ(フットワーク・ポルシェは黒歴史・・・・・)ってイメージあるし。
でも、最高峰はやっぱ

フェラーリでしょ、フェラーリ!!

フェラーリをマリオカートのコントローラーとして使用することこそ本当の贅沢!!

しかもマリオカートマリオ同じマリオでも、マリオ・アンドレッティ というオチ。

これこそ、真の贅沢だと思うのだが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

いつまでも あるとおもうな スマホゲーム

スマホゲーム、総崩れ? 各社の“冴えない決算”

基本、スマホゲームには課金しないからねぇ(ぉぃ

てか

課金したら負けだと思っている!!

っていう俺みたいなユーザーがいると、確かに利益を上げにくい。

タダでプレイできて、ある程度、攻略しやすくしたり、レアなアイテムが手に入るようにする場合に課金へと誘導するんだろうけど、そこまでコアにゲームしたいと思わないユーザーから課金に誘導するのは難しいだろうなぁ。

となると、広告とかアクセス情報、プレイ情報のビックデータを解析、提供して収益を上げるって事も考えざるを得ないという。

そうなると、ますます、ダダでもいいからゲームプレイしているユーザーの総数が多い方がいいわけで、でユーザー多ければ多いほど、サーバーの維持管理も大変なわけで、で広告とかアクセス情報、プレイ情報のビックデータを解析、提供して収益が思った以上に上げることができなければ・・・・・

いつまでも あるとおもうな スマホゲーム

になるわけで。

やっぱ、ハードルは高いかも知れないが、基本、課金というか有料でスマホゲームを楽しんでもらう方向に持っていかないとビジネスモデルが崩壊するかもしれないなぁ。
なんでもタダでサービスを提供するということは、サービスする側を疲労させ、サービスの低下を招き、やがてはスマホゲーム文化全体を衰退させてしまうと思うのだが。

立ち上げは大変かもしれないが、やっぱり買ってもらえるソフトを作らなきゃあかんと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧