2018年5月23日 (水)

1962年のモナコグランプリ

1962年のF1モナコGPを車載カメラで撮影した貴重映像

これはかなりの貴重映像。
音もちゃんと拾っているし、映像も鮮明だし。

6分弱の収録時間だが、フィルムならそんなもんでしょ。
てか、この時代にようやく磁気テープによる映像収録技術が出来た頃。
当時のVTRなんて、とても屋外では使えないものだったと聞くし。

てかフィルム撮影にしても、大変だったと思うよ。
フィルムカメラ自体、そこそこの大きさがあるだろうしね。

記事では1975年以前に撮影されたレースの映像はあまり多く残っておらず、特に経年劣化でフィルムがダメになってしまうと指摘されているが、残っているフィルムはデジタルマイスター復元技術で、なんとか鮮明なものとして復元させて欲しいなぁ・・・・・

しかし、予選より前のテスト時に撮影されたものとのことだが、平然とトラックが止まっていたり、歩道に一般人がいるのが、まあ今では考えられん。
そんな中を爆走する葉巻形F1マシン・・・・・

まあモンテカルロの住人にしてみりゃ一年の数日感だけ訪れる日常なのかもしれんが・・・・・

ロウズ・ヘアピン(現フェアモント・ヘアピン)が、ステーション・ヘアピンと言われていたように、まだ実際にがあったり、ラスカスヘアピンが存在せず、代わりにガスワーク・ヘアピンだったり。
今のピットに当たるエリアホームストレートだったり。(だからガスワーク・ヘアピンが1コーナーになる)

あとトンネルの暗さがエグい(w
区間が今とは違って短いとはいえ、あんな真っ暗な中を250km近くで走り抜け、しかも抜けたら間髪入れずにシケインだからねぇ・・・・・
しかも、シケインも今と違って、高速で抜けられるようなレイアウトになっているし。

あと、ちゃんとモナコ王室のロイアルボックスがあるのも伝統を感じさせる。
モナコ大公レーニエ3世グレース・ケリーもまだ健在の頃。

時代は移り変わっても、モナコグランプリという伝統のレースは、続いて欲しいなぁ。
やっぱり、華を感じるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

正しい胴上げ!?

胴上げは本当はお祝いでするものじゃない! 興奮した異常な状態の人をシラフに戻すため

これは知らんかった・・・・・

という事は、プロ野球優勝時の胴上げって、本来はおかしいのか。

だって監督は胴上げに備えてスパイクからシューズに履き替えているし。
(スパイクのままだと刃があるから怪我をする)
で、ゆっくりと連れられるように、胴上げの輪に入るし。

むしろ、胴上げしている人間の方が興奮してね?

一種のトランス状態。

下手すりゃ、嫌がる人間も無理やり胴上げしていることあるしね。

記事によると民俗学的には、空中に物をなげるという行為は悪いものを取り払うため。
一種のお祓いみたいなものか。

お祓い行事が転じて、めでたい事を祝う儀式になったという事か。

ちなみに、プロ野球で初めて胴上げが行われたのは、1950年セ・リーグで初代優勝チームとなった松竹ロビンズなんだって。
当時の監督は小西得郎

この人が日本で初めて、プロ野球で優勝した時に胴上げされた監督となる。

しかし、胴上げを行わなかったプロ野球の優勝シーンってあんまり見たことないな。
試合がなくても、球場に待機して、マジック対象チームが負けて、優勝が決まった瞬間、胴上げをするのが恒例だしね。

1973年の甲子園で巨人が優勝した時ぐらいかな?
最終戦の甲子園で、阪神vs巨人、どっちか勝った方が優勝って試合で、阪神が不甲斐ない負け(0-9)して巨人が勝って優勝して・・・・・(察し)

この事件が起こるまでは、優勝した瞬間に、観客も雪崩れ込んで胴上げに参加してたりする。
この事件が起きて以後、各球場とも、グラウンドに観客が入ってこれないよう、高いフェンスなどを張るようになったり、警備も厳しくなったとか。

うーん、胴上げにもいろいろと歴史がある・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

伝統とは?、しきたりとは?

相撲協会理事長「不適切な対応」と謝罪 救命処置中の女性に「土俵から降りて」のアナウンス

伝統と人の命、どっちが大切なのか?

百歩譲って、伝統のほうが大切だというのなら、公益法人じゃなく宗教の世界だと思うのだが。

そもそも、土俵の上に女性が上がってはいけないのであれば、あらかじめ男性の医師を配置させておくべきでは?
てか、動かしていいかどうか判断は難しいが、あれだけの力自慢の人達がいれば、土俵の下に移動させるって事も出来たのでは?

伝統しきたりって、思いつきじゃなく、ちゃんと理由があって出来る。
ただ、その理由となった事象も、時代の流れとともに変化する、あるいは解消されるからね。

それを、ただ思考停止して

伝統だから、しきたりだから

って頑なに守るってのは、伝統でもしきたりでもなんでもなく

ただの自己満足

だと思うのだが。

伝統やしきたりが出来た理由を理解して、時代に合わせて、変化、対応させていく。

これこそ、本当の伝統の継承だと思うのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

F1の歴史と行方

70年に及ぶF1の歴史を振り返るムービー「Formula 1 - Everything You Need to Know」

F1ブームの頃は、この手のF1の歴史が載った本を死ぬほど読んでいたな。

だいたいF1の歴史のターニングポイントを語るとなると・・・・・
と思ったら結構多かった・・・・・

まあ、名ドライバーの死が、時代のターニングポイントになっているのは否めない。

ジル・ヴィルヌーヴが事故で亡くなった翌年に、ウイングカー禁止のフラットボトム規制が行われ
アイルトン・セナが事故で亡くなった翌年に、フラットボトム規制を更に進めた、ステップボトムのレギュレーションが導入されたわけだしね。

今のF1は・・・・・・
地上波のテレビで見れないのが痛いなぁ。

気軽に見れないってのは痛い。

気軽に見れない→新しいファンが増えない→日本でのF1ファンが減っていっている

という負のスパイライル

こういう暗雲立ち込めるニュースもあるしな。

F1日本GPの将来は? モビリティランド社長「非常に厳しい」と語る

30年以上続いてきた伝統あるF1日本グランプリだけに、なんとか続くようにして欲しいなぁ。

テレビで気軽に見れる→新しいファンが増える→日本でのF1ファン増える

という好循環が生まれれば良いんだが、言うは易く行うは難し・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

みんな大好き野球盤

エポック社、60周年記念仕様の野球盤をリリース 全71機種の資料が載った小冊子付き

野球盤より60年の歴史が詰まった小冊子の方に興味がある(w

てかビデオゲーム全盛時の時代も乗り越えて、未だに定番商品としてラインナップされているからな←野球盤

みんな大好きなんだろうなぁ。

野球盤自体も、人工芝仕様とか、ビックエッグ野球盤とか、そして今や実況機能付きの野球盤が存在するしな。
ビックエッグ野球盤は30年前に出たのか・・・・・

時はファミコン全盛期、そしてバブル全盛期
1万円もして、ファミコンが買える価格だったもんなぁ。
同じ値段出してファミスタするのもいいが、それでも野球盤に憧れた30年前・・・・・

しかし、ボードゲームサークルがあるんだから、探せば野球盤サークルも存在するんじゃないかと思ったが、なかなか引っかからないなぁ。

みんなで集まって野球盤プレイイベントなんて開催できないのだろうか?

まあ、ボードゲームバーに野球盤持ち込んで、メンバー募ったら開催できそうな気もしないではないが。

やっぱ、こういうゲームは1対1でやるより、みんなでワイワイやって楽しんだほうが盛り上がりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

夢の自転車用電動ホイール

30秒でインストール。ママチャリにもポン付けOKな前輪駆動電動ホイール

うーん、こういう記事を見ると今の原動機付自転車の規格ってますますいらない子に・・・・・
逆に電動アシスト自転車のさらなる法整備が必要になるかもな。

記事の中にも電動アシスト自転車は日本の法令でアシスト率が決まっていると書いているしね。

50ccとはいえ、スーパーカブシリーズは出来る子だから、これからも続いてほしいのだが、内燃機関はやはり時代の流れを考えると終了していく運命なのかもしれない・・・・・

しかし自転車用の電動ホイールは、これから益々進化していくし、前途は明るいかも。
上り坂では電動でアシスト
下り坂では回生ブレーキで発生した電気を充電。
さらに通常のブレーキも回生ブレーキ使うなどの技術が取り入れられたら、結構楽しそう(w

問題はロードレースなどの自転車競技にどこまで電動アシストを許すか・・・・・

あんまりアシストを許しちゃうと本来の競技性が失われちゃうしな。
かといって、競争することによって技術は発展していくのも事実。

自転車競技オートバイ競技が両立できているんだから、新たに電動アシスト自転車競技を立ち上げても、両立できそうな気もするが・・・・・

あるいは自転車競技に電動アシスト自転車を認めちゃうとか?

だって、昔は変速機もない自転車でロードレースなどの競技を行ってたからね。

思いっきり技術革新の波に乗っちゃうのもアリなんじゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

競馬とはお馬ちゃんが、私にお金を運んでくれる素晴らしいものなりPART2。

一発2億4000万円! オトコのお仕事「種牡馬」とは? 99%が童貞の「超格差社会」を勝ち抜いたエリート馬たちの世界(前編)

「性か死か」勝てば種付け、負ければ食肉行き……過酷すぎる「種牡馬」の生涯 モテない馬はどうしてる?(後編)

まあ、サラブレットの世界はいかに優秀な血を残していく事だとはいえ・・・・・

当て馬はいくら何でも酷いだろぅ・・・・・

中には発狂して死んでいく馬もいるとか・・・・・

で、記事によれば、そんな当て馬を立派に務めているのが、1997年にダートG1のフェブラリーSを勝ったシンコウウインディ。

シンコウパッと閃いた人も多いはず。

そう、パッ!と さいでりあ〜♪でおなじみ。
新興産業の社長が馬主だったサラブレット馬ですね。

あの、どう考えても不釣り合いの少年の身体と小林亜星の顔が合成されていたCMですね(w
(まあ、おじいちゃん以外は、どれも無理があるわけだが(w)

しかし、Wikiで調べてみたら、馬主だった安田修のその後の経歴が面白い。
新興産業は倒産したのは知ってたが、生産牧場・シンコーファームの経営は軌道に乗っているっているのが。

うーん、人生ってわからんもんやね。

やっぱり

競馬とはお馬ちゃんが、私にお金を運んでくれる素晴らしいものなり。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

競馬とはお馬ちゃんが、私にお金を運んでくれる素晴らしいものなり。

AIが競馬予測 当たったら全額寄付 ニコ生で新企画

ネタだろうけど、

募金をギャンブルで増やそうっていっちゃんやったらあかんやつやん(w

まず、確実に25%はJRAが持っていく。
そして、負けたら皆さんの貴重な善意全てがJRAへ。

勝てばね、勝てば元取れる・・・・・

けど50万以上勝てば課税対象に・・・・・

あとは、これが認められるかだな

外れ馬券、所得から控除できる「経費」。最高裁が認める

まあ、回りくどい事やっているようにも思えるが、ようはAI技術を発展させようという事か。

ただ競馬業界を活性化は・・・・・

大量の勝ち馬投票券を買うわけだから、オッズにも影響されるだろうしね。
てか、すでにプログラム使って資金を運用しているような会社があるかもしれないし。

そうなるとオッズ的には面白くなるのか?

リスクを取らない、あるいはヘッジする馬券の買い方になるだろうから、そう考えると、良くも悪くも無難なところに落ち着きそうな気が。

けどさ、こういうのがあるのも競馬の面白さだぜ!?

でも、競馬がきっかけに経済が破綻したらイヤだ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

クルマでパシュート!?

オリンピックのスケート競技・パシュートを「車でやってみた」ムービーが公開中

いやいや、ツインリンクもてぎ南コースでやるには無理がありすぎる。

やるなら、やっぱオーバルコースでしょ!!

これじゃあ、ショートトラックでパシュートやっているようなもんだからなぁ。

たしかにスリップストリームを繰り返して、全体のスピードアップを図るという発想は、パシュートに似ているが、いかんせんクルマだしねぇ。

かなりの運転技術がないと、無理じゃんじゃね?

てか、高速で接近してクルマを運転するってこと自体、高度なテクニックだからねぇ。

互いが互いを信頼していないと絶対に無理。
てか、接触したら下手すりゃ、死につながる可能性もはらんでいるからねぇ。

クルマに乗っていると、そこら辺のコミュニケーションの図り方も難しいだろうしね。

しかし自動車パシュートをやってみたんだから、次は飛行機だな(w

ブルーインパルスも真っ青!!

レットブルあたり競技化してくれないから(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

日本はスポーツを娯楽として楽しむ土壌がない説

マスコミの「メダルの期待がかかります」報道がスポーツをダメにする

千葉すず

日本人はメダルき○○いです!!

という所以だな。

いや、活躍することに越したことはない。

活躍する、メダルを取る→すげー!!、カッコいい!!→その競技をする人が増える、見る人が増える。

だったら良いんだけど

活躍する、メダルを取る→凄い、感動した!!(笑)→感動よ、ありがとう(笑)→一年後にはあの人は今!?

だもんな・・・・・

で、期待していてメダルを取れないと鬼の首を取ったように・・・・・

批判する割には普段のW杯とか選手権は見てないんだよね。

なんだろうな、この他人の功績を自分の功績のように思って、そのくせしくじると鬼のように批判する神経は。

まあ結局、日本はスポーツを娯楽として楽しむ土壌がない。
教育の場であり、精神鍛錬の場的なノリが今でもあるからなぁ・・・・・

そういう建前大義名分がないとスポーツができないっていう側面があるんだろうけどね。

アルペンスキージャンプ競技ボブスレーリュージュスケルトンあたりは見ているだけでも結構、面白いと思うんだけどね。

やるとなるとなかなか出来ない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧