2021年1月 6日 (水)

自転車専用ドライブレコーダー!?

よく乗る人ならあったほうがいいよね。自転車専用のドラレコ

マジですか!?

自転車にもドライブレコーダーが搭載できる時代。
てか、自転車ならドライブじゃなくサイクリングレコーダーじゃね?

あるいはチャリレコ商標を取っておくとか(ぉぃ

でも、自転車にドラレコなんか付けたらパクられるんじゃ・・・・・
と思いきや

ドラレコ自体はワンタッチで着脱可能なので、ちょっとしたトイレ休憩でも簡単に外して持っていけるのが安心。

だって。
これは便利。

フル充電(4時間)で、バッテリーもちは3時間。

ってか、そこはダイナモ(古い)から充電できないものか?
あるいは、太陽光発電とのハイブリットとか。

自転車も事故が多いから、8000円程度なら搭載する人、増えるかもなぁ。

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

理想の食べ方?

食事は「運動の前と後」のどちらがベストなのか?

食って運動すると体が重い、内臓にある消化途中のモノが刺激され、体力を必要以上に消耗する。
かといって、食べる前だと、力が出ない・・・・・

っていうか、食べた直後に運動する。
あるいは、なんにも食べずに運動する。

これが良くない。

ある程度、消化されるのを待ってから運動する。
これが、多分、ベストな回答なんじゃないかと。

運動前に、すぐにエネルギー転換してくれる炭水化物をある程度、摂取するのはスポーツ科学的には常識のイメージ。

それらのエネルギーが先に使われて、20分以上経って脂肪が燃やされエネルギー転換される仕組みだからなぁ。

記事には朝食前のような絶食状態でトレーニングを行うと効率的に脂肪が燃焼できるという研究も報告されています。と載っている、すげー無理があるような気が。
そりゃ、炭水化物ないと脂肪を燃やすしかないからねー。
でも、脂肪が燃えるまでの20分間、体力持つの?といった話。

運動前に炭水化物を取って、十分、消化されたら運動を開始。
運動後に、筋肉などを作るたんぱく質等を取る。

これが理想か?

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

夢のカンテレ競馬実況アナウンサー三世代対談、いや四世代対談

いや、思わず見入ってしまった。
夢のカンテレ競馬実況アナウンサー三世代対談というか。

すでに杉本アナの著書で書かれているエピソードもけっこう語られているが。
対談見てて、感じたことは、実況アナも常に戦っていると。

予定調和の破壊と戦っている
レースに付いていくのに必死

という岡安アナの言葉が響くななぁ。

杉本アナも著書で、常になにをしでかすかわからない福永洋一を意識しながら実況していたと書いていたし、洋一がいなくなって、競馬が面白くなくなったって言っているし。

あと馬場アナがなかなか毒舌。(w
そしてちょこちょこ、先輩の杉本アナモノマネを入れてくる(笑)
馬場アナも、杉本アナに憧れ競馬実況の道に入ったというし。

早稲田に行ってたのに、結構大学時代から京都のG1レースなど生で見に行っていたとことに、競馬愛というか、言葉は失礼だが、愛すべき競馬バカっぷりを感じるなぁ。

そして杉本アナ先輩で、大恩人故松本暢章アナの話がでるのもうれしい。

松本アナのエピソードを含めるとカンテレ競馬実況アナウンサー四世代対談って感じがするなぁ。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

脂肪が燃えるまでは時間がかかる

空腹時のウォーキングが脂肪燃焼にいちばんいいって本当?

理屈はわかるが。
記事にも書いているように基本、糖分から優先的に燃やされるからね。
で、糖分がなくなっから脂肪
最後はたんぱく質

だからすきっ腹に運動ってのは、脂肪が燃える環境ではあるのだが。
脂肪が燃えるまでは時間がかかる。

20分以上かかるそうな。

つまり、糖分がない状態で運動すると、脂肪が燃えるまで20分は掛かる
じゃ、それまでは・・・・・

って事ですな。

糖分もちゃんと取りつつ、脂肪が燃えるタイミングである20分以上の運動をするのが、一番いいって事か。

しかし、毎日、ウォーキングに、エアロバイク水泳と、頑張っているのになかなか体重が減らない←自分

むしろ去年より増えたし!!

まあ、例の奴のせいもあるが・・・・・

Santaku燃費悪い説が・・・・・

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

ホンダF1撤退雑感・・・・・綺麗事だけでは語れない・・・・・

ホンダ、F1撤退へ 「研究開発に経営資源を重点的に投入するため」

ホンダ車に乗っていない。
てか、ホンダの車種リトルカブ以来20年、乗っていないから、あんまり偉そうなことはいえないのだが・・・・・(といいつつ、そうとう偉そうなことを書いたが)

ホンダほどの会社をしても、せこいというか・・・・・

いや、「研究開発に経営資源を重点的に投入する」ってのは十分に理解できるよ。
こんなニュースあるぐらいだし、内燃機関自動車の未来はどうなる?って話もある。

イギリスにつづきカリフォルニア州も2035年以降のエンジン車販売禁止を示す。ZEV時代は確実にやってくる【週刊クルマのミライ】

ホンダレースによりチャレンジングスピリットを内外にアピールする手法が、フェイクまでとは言わないが一種のギミックであることも理解している。

問題は、レースによるチャレンジングスピリットを内外にアピールしていた会社が、それをやめたら、イメージはどうなるのか?

ってのを、どうも判ってないように感じられるだよねぇ・・・・・

そもそも4期始める時も、勝つ前から、参戦する前から大々的にプロモーションしている姿にすごく違和感を覚えた。

これで勝てなかったら、イメージどうなるの?

って。

フェラーリ「レースをするためにクルマを売っている」というが、その裏では、苦しい時にはフォードに身売りしようとしたこともあったし、実際、その後はフィアットの傘下に入ったし。
「レースをするためにクルマを売っている」というイメージを守りつつ事業を続けるためにありとあらゆることをやっているというイメージがあるんだよね。

そう考えるとホンダは?
となるが、少なくとも「レースをするためにクルマを売っている」会社ではないわけで。

結局、レースによるチャレンジングスピリットを内外にアピールするなら、それを続けるためのビジネスモデルを構築すべきではなかったか?
と思うんだけどねぇ。

3期の時もそれで撤退したわけだし。

それが、できないなら素直に

「宣伝の為です」

と割り切った方がいいのでは?
ホンダほどでかくなった会社が妙な綺麗事を言うのは、逆に野暮に聞こえる。

まあ、実際問題、思いがあっても俺みたいに買っていないユーザーもいるからねぇ(笑)
逆に言えば、活動を続けるという事は、綺麗事だけでは語れない側面もあるって言った感じかなぁ。

これはF1に限らず、全てのことに言えると思うんだけれどね。

妙に求めるものに対する理想がやたら高い(w
けど、自分からは行動しないという・・・・・

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

AI最速伝説!?

AIが「グランツーリスモSPORT」で人間を超えたタイムをたたき出す

AIは恐怖心ないからね。
一番効率のいいライン取りとアクセルワーク、ブレーキング、ギアのチョイスを学習していって最速タイムを叩き出すわけか。

今はバーチャルの世界での話だが、そのうち、実車でも人間を超えたタイムをたたき出すようになるかもな。

でも、何台もマシンを壊しそう(w
限界を試して、壮絶なクラッシュを繰り返してはAIが学習していって、最速タイムをただき出すようになるという。

となると、データをどっちに残すかだな?
マシン側だと、クラッシュ時にデータにダメージが行ってしまう可能性がある。
となると、無線なりでデータをサーバに飛ばす形になるんだろうが、リアルタイムでデータを送るのか?、あるいは、どっかのタイミングでデータを取り出す形にするのか?

前者だと高度な無線技術も問われそうだなぁ。
なんせサーキットは広いわけだし、確実にデータを受信するシステムを構築しなければならない。
そこにセキュリティまで考えると・・・・・

うーん、いろんな分野に研究が波及しそうだ。

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

検温ピットストップ

「絶対止まる」 鈴鹿サーキットの「検温ピットストップ」がめっちゃいいと話題に

これは鈴鹿じゃないとできない検温だなぁ。
手にしている、消毒液非接触型体温計が、メカニックがタイヤ交換で持つエアガンに見える(w

もちろん、計測した体温などのインフォメーションOlivetti Longines、あるいはTAG HEUER OlivettiSIEMENSのテロップと共に画面下に表示。
今はロレックスF1公式タイムキーパーだが。

まあ、色々と想像(妄想)は膨らむが、あまり想像すると不謹慎警察に怒られるからなぁ。

もちろん、こんな検温ピットストップが一日でも早く廃止されることを心から望むが。

F1日本グランプリ今年は中止になっちゃったしな。
かわりにバーチャルF1日本グランプリでも開催されないかなぁ。

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

新しいルートの開拓は勇気がいる

無料でランニングルートを自動生成し緑に囲まれた走りやすいコースを開拓できる「Trail Router」

たしかにランニングルートマンネリしがち
休みの日には、垂水~舞子間を往復しているが、走行ルートが完全に固定化しちゃったからなぁ。

かといって、新ルートに挑むのはなかなか勇気がいる(w
いやぁ、交通量とかアップダウンとか、ルートが変わると体力的負担心理的負担が・・・・・

記事では住んでいる近辺で緑に囲まれた走りやすいコースを自動生成すると書いているが。

おいらが住んでいる近隣で緑に囲まれたはともかく、走りやすいコースを選んでくれるかは・・・・・

とんでもないコースを選んだりして(w

いや、Google先生カーナビ頼むと時々、確かに理論的には最短距離だがとんでもないルートをチョイスすることあるし・・・・・

でもマンネリを打破するのはこういうアプリを導入しないといけないのかもなぁ・・・・・
最近体重が増加気味だし。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

電車とガソリンスタンドとマクラーレン・ホンダ

なぜここに!? 深夜のガソリンスタンドに「電車」が停まってる 不思議な光景がTwitterで話題に

こういう車両の輸送は、経験とかノウハウいるからなぁ。
新規参入するのが難しい形態の事業だよなぁ。

しかし、ガソリンスタンドに電車が止まっている光景の写真。

ガソリンスタンドのCMに使えそうだなぁ。

キャッチコピーは、電車も給油・・・・しません!!
とかで(w

なかなかインパクトあるし、社名やブランドを覚えてもらうにはもってこいのような気が。
とくに出光シェルとの経営統合でガソリンスタンドのブランドがアポロステーションに代わるわけだしね。

出光、新SSブランド「アポロステーション」アイコンとロゴデザイン公表。統一SSを2021年4月より展開

しかしシェルのマークが日本から消えてしまうのか・・・・・
やっぱいまだにシェルといえば(1988年~1992年の)マクラーレン・ホンダのイメージが強い。
このCMね。

 

このCMも渋い。

 

でも、このCMはアレすぎて(w

 

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

高齢者とeスポーツ

日本初のシニア専用eスポーツ施設が神戸にオープン ゲーム体験レクリエーションを2時間1000円で

高齢者eスポーツ・・・・・
合わないように思えるが、今60歳の人が40年前は20歳
スペースインベーダーの発売が1978年だから、当時18歳・・・・・

単純にeスポーツ=ビデオゲームと考えたら下手したら一番やりこんだ世代じゃね?

そういう意味ではこれからどんどん需要があると思うが・・・・・

基本、eスポーツって反射神経と把握力を処理能力の速さが命だと思っているから、やっぱり体力、持続力的ハンデは埋められたとしても若者には勝てないのでは?と思うなぁ。
もちろん、反射神経、把握力、処理能力の衰えを抑えるトレーニングになるとは思うが。

シニアeスポーツの大会があっても不思議じゃないが観てて楽しいか?となると。
まあ、何事も観るより実際にやるほうが楽しいんだけどね。
その楽しさをわかってもらう魅せ方をしないといけないというのが・・・・・

だからこそ魅せることができる人プロとしてごはんが食べられるのだろうが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧