2019年10月 3日 (木)

人間にも坂路調教有効説

ランニングマシン(トレッドミル)が辿ってきた苦痛の歴史

半年で17キロ痩せた俺が来ました(w

いやー、がっつりジムに通っているからねぇ。
最近、完全に趣味が「体を鍛える事」になっている。
ランニングマシンもお世話になってるねぇ。
走ってはいないが。
ウォーキング速度(4km/h)だけど、がっつり傾斜(15度)をかけて30分
YouTubeなどのネット動画を見れるモニタも付いているからね。
ウォークマンで好きな音楽聞いて、鉄道の倍速前面展望動画や、自動車の倍速車載動画とか見ながら歩いたら、けっこう頑張れるし、退屈しない。
やっている事は、ほとんどミホノブルボン状態(w
最近は、腕を大きく振ったり、腹式呼吸を意識して歩くようなこともしてますねー。

しかし、歴史を見ると・・・・・



まんま、ヤッターマンや、ゼンダマンのお仕置きだべ~じゃないか!!(w

最初は、囚人を運動させて電力を発生させる器具として。
1週間に5日、少ない食事だけで強制的にエベレストの半分まで登らされるぐらいの負荷を与えていたというんだから・・・・・
そのうち、「厳しさではなく単調な運動が続くことにより恐怖を構成する器具」になったとか・・・・・

でも、後ろに針の山とか、落っこちたら死んじゃうような仕掛けになってなかった分、人道的といえば人道的・・・・・なのか?

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

スマートな電動自転車!?

バッテリーどこー?「電動に見えない電動自転車」が登場

見た目が普通のロードバイクと変わらん。
バッテリーは、フレームじゃなく、リアキャリアに搭載されているのね。
だから、こんなスマートなデザインなのか。

しかし、モーターらしきものが見当たらないのを見ると、モーターの小型化って本当に進んでいるんだなぁ。
これだけモーターの小型化が進んだら、変速機要らなくね?って気がするが。

ただ、電動自転車のバッテリーは小型化がまだまだ進んでいなのとの事。
バッテリーの小型化が進んだら、リアキャリアに搭載されるのが主流になるかもね。
カブみたいにサドル(座席)の下に・・・・・
なんてのも考えたら、乗っている人の尻がえらいことになるか(w

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

なぜテレビでマルチアングル放送をしない!?

Huluが「巨人vs阪神」3連戦をマルチアングル配信 複数カメラを自由に切り替えて観戦できる

なぜテレビでやらない?

まあ、今、プロ野球中継は地上波でやらないからね。
東京ドームの巨人戦とかBSでやっているイメージ。

けど、BS波でも、マルチチャンネル放送って可能だよな?
なにも、センター側から見るのが野球中継の全てじゃないし。
バックネット方向から俯瞰するアングル外野席方向から俯瞰するアングル一塁側三塁側・・・・・
色々あるからね。

あ、あと、アンパイアに小型カメラ付けたアングル
これはね、本当に迫力あるからね。
もっと、活用されるべきだと思うのだが。

俯瞰するアングルだと、守備位置が判るのが面白い。
バッターや、ランナーの状況によって守備シフトが全然違ってくるからね。
そういう意味では、もっと楽しい野球の見方を提案できると思うのだが。

ただテレビでマルチチャンネル放送すると画素数が落ちてしまう。
それが唯一の難点かな。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

鈴鹿サーキットサイコー!!

レースが終わっても遊び尽くせる。あの 「鈴鹿サーキット」が思ってたのと違うんですけど!

そらね、ある意味、自動車のテーマパークだからね←鈴鹿サーキット
ここら辺、鈴鹿サーキットの経営や運営は色々、面白い話があって。

サーキット運営を第一に考え、日本のレース人口を増やすため中古のフォーミラマシンをドライバーなどに売る営業をしかけたり、テストコースとしての試走の営業などもしてたのだが。
面白いのは、子供たちに自動車産業に興味を持ってもらおうと、修学旅行のコースに組み入れてもらうべく、宿泊施設なんかも作って営業を仕掛けていたんだって。
そうした地道な普及、運営が実って、8耐F1の開催、運営も問題なく行える今の鈴鹿サーキットの姿がある。

しかし、本当に至れり尽くせりだかなぁ。
ボウリング場もあるし(F1ドライバーも遊ぶそうな)、温泉施設もあるし。
レストランも、中華イタリア料理と色々そろっているし。
多分、下手なテーマパーク行くより楽しいかも。

しかし「タイヤカスさきいか」なるお土産があるのかよ(w
これは知らんかった!!

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

地球一周まではまだまだ遠い・・・・・

iPhone対応フィットネスバイク、3万円台で登場

Androidには対応していないのか。

しかし、フィットネスクラブに入っているエアロバイクは至れり尽くせり!!
ネットも見れるし、テレビも見れるし、Bluetoothイヤホンにも対応しているし。
おかげで、フィットネスクラブに入り浸っているという健康的なのか健全なのかわからない状態になっているし(w

まあね、運動をやった結果をデータとして管理できたらモチベーションも保てるからね。
オイラも、なんだかんだエアロバイク7年ぐらい続けているし(w
多分、総距離は地球一周できるぐらいは走っているんじゃね・・・・・

調べてみたら大体、地球一周が4万77km
うーん、低く見積もって1年で4000㎞走っているとしても、2万8000kmぐらいで、2/3ぐらいか?
地球一周を今後の目標とすれば、まだまだモチベーションは保てそうだ(w

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

史上最速のトラクター!?

また英国か! JCB、1000馬力の魔改造「トラクター」で世界最速記録を更新 F1名門「ウイリアムズ」の協力で時速166キロに届く

この技術の無駄遣い(w

てか、トラクターで時速166キロってむしろF1よりラリーの方がいいんじゃね?
って思ってしまうが。

ところでウィリアムズって農業ブルドーザなど建設機械を手掛けているコマツ技術提携してたときってなかったっけ?
ロータスとも組んで、無段変速機を開発してた時期もあったような・・・・・(
実戦投入されなかったけどね)

調べてみたら、1997年FW19トランスミッションウィリアムズ/コマツ製になっている。
そういった繋がりって今も続いているんだろうか・・・・・
あるいはF1の技術をトラクターなどにフィードバックする・・・・・なんてことをやっているのだろうか?

まあ、いずれにしてもF1農作業過酷な環境下で使われるわけだしね。
しかし、トラクター主体のオフロードサーキットで開催されるレースがあってもいいとは思うが・・・・・
常設でオフロードサーキットを維持するのは大変だろうなぁ。
オフロードバイクレースと同じく、非常設でイベントの度に設置するしかないのかもしれない。

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

来た、見た、勝った!!

F1でホンダエンジンが13年ぶりにグランプリ制覇、2015年のF1復帰後初&レッドブルと提携後初

てか、あのハンガリーバトンが勝ってから13年も経つのか。
しかし、本当によくここまで持ってこれたなぁホンダ四期F1活動

思えは2015年のシーズン前・・・・・
勝つ前から、最強のマクラーレン・ホンダ復活とはしゃぎ、
ホンダ青山ビルで、レースする前からバトンアロンソを呼んで大々的なプロローション(笑)
しかも、来ているマスコミが経済記者ばかりという・・・・・
いやな予感しかしてなかったら、案の定・・・・・・

ホント、マクラーレンとの決別後、拾ってくれたトロロッソ、レットブルには、頭を向けて寝ることができない。
それはホンダ田辺豊治F1テクニカルディレクターがインタビューで

昨年われわれを信じてパートナーを組んでくれたトロロッソのことも忘れてはなりません。感謝してもしきれません。

って語っていることからも、切実にわかる。

ホンダF1田辺TD優勝インタビュー(1):チームのホームで限界まで引き出したエンジン性能。「レース中に確認したうえで『まだ行ける』と伝えました」
ホンダF1田辺TD優勝インタビュー(2):「自分たちの技術を信じて続けてくれたから、いまがある」。スタッフへの労いと表彰台で起きた『ホンダ・コール』

で、運命的なのが、田辺豊治がチームスタッフを代表して表彰台に上がれた事と、その表彰台にプレゼンテーターとしてゲルハルト・ベルガーがいた事。
この二人マクラーレン・ホンダ時代担当エンジニア&ドライバーのコンビだったからね。
それだけに、この二人が抱擁する姿は感慨深いものがあったなぁ。

しかし、レースの内容も凄かった。



スタートで失速してポジションダウンしたものの、マックス・フェルスタッペンが激走
無敵を誇る、メルセデスをぶち抜いて、最後はフェラーリもぶち抜いて、優勝!!
まあ、フェラーリのオーバーテイク接触しているだけにペナルティの対象にもなりかねず冷や冷やものだったけどね。
田辺TDがインタビューで締めていたように

『今回は』ではなく、『今回も』と言える


ようなさらなる活躍を期待したいです、ハイ。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

スーパーカーもハイブリット時代へ?

フェラーリ初のプラグイン・ハイブリッド・スーパーカー「SF90 Stradale」

まあなぁ、F1も今やエンジンって言葉は死語だしな。
パワーユニットっていうらしい。

パワーユニットとは? | F1用語集 | Formula1-Data

パワーユニットとは、エンジン、ターボチャージャー、エネルギー回生システム、バッテリー等からなる総合的エネルギー供給システムとの事。
ターボチャージャーでエンジンをパワーアップさせ、更に減速時にエネルギー回生システムでエネルギーをバッテリーに貯めて、それをエネルギー回生システムが車軸を駆動させる。
現代のF1は相当複雑な事をやっているんだなと。
トップ争いをするには相当技術がいることが容易に推測できると。

ちなみに今のF1は燃料タンクの容量は100kgに制限されているとか。
1988年の燃料に関するレギュレーション
過給機付きエンジン搭載車の最大燃料タンク容量を195Lから150Lへ縮小。
だから、本当に動力源の燃費が良くなっているという証拠だよなぁ。

そして、こういうスポーツカー、スーパーカーにもフィードバックされるわけだから、こういった技術が大衆車にもフィードバックされる事に期待したい。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

ホンダ青山一丁目の伝説!!

ホンダの本社ビルに秘められた“本田宗一郎伝説”の謎を追う

ホンダ青山一丁目の伝説!!by 古舘伊知郎

のフレーズを思い出す世代(w

記事の中の
(本記事では便宜上「本社ビル」と表記するが、ホンダ社内では「青山ビル」と呼んでいる)。
これにも、なぜ「本社ビル」ではなく「青山ビル」と呼ぶのか?伝説があって・・・・・
聞いた話では本田宗一郎が「本社の意向」的なトップダウン的組織思考を嫌ったために「青山ビル」と呼ぶようになったとか。
そもそも本田宗一郎にしてみりゃ
「なぜ青山に自社ビルを建てるのか?」
という疑問があって、わざわざ担当者が
「会社に万が一のことがあったときに資産を素早く売却できるように一等地に自社ビルと建てるんです」
納得させるような回答を用意したという伝説も。

他にも、火事の時に煙が各フロアに流れるような構造になってたのを、ちゃんと煙突の役割を果たす排煙路を作って、フロアに流れず屋上から上空にながれるような構造にしたという伝説も。

地震発生時に割れた窓ガラスの落下を防止するバルコニーを設置した伝説はあまりにも有名。
ホンダ青山ビルが竣工したのはバブル前夜の1985年
あの当時のビルと言えば、ガラス張りのスマートなビルの造り・・・・・
ってイメージがあるだけに、このバルコニーを設置したデザインは、やっぱり色んな意味で光るものがあるなぁ。
超高層ビルで、こういうバルコニー構造を持たすっていうのは、はやり設計的に難しいのだろうか?

そういや、ホンダのF1チーム優勝すると”鯉のぼりか!?”と勘違いするほどの垂れ幕ホンダ青山ビルに掲げられたそうな。
また、そういう日が近いうちに来ればいいのだかなぁ・・・・・

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

百式じゃあダメだったのか?

ガンダムと阪神タイガースのコラボナイターが5月17日開催 “赤い”広島戦をアムロのアナウンスが盛り上げる

そこは百式じゃあダメだったのか?

黄色いガンダム・・・・・
違和感あるというか、やっぱ百式の方がしっくりくる。

まあね、黄色いザクディザート・ザクってもんがあるが。
ディザート・ガンダムはググっても出てこないしなぁ(笑)

アムロ・レイが場内アナウンスで盛り上げるということだが・・・・・

星飛雄馬と勘違いしないか?

しかし、公式の球団グッズとして、阪神タイガースカラーガンダムザクのプラモを発売するのか(w

宇宙世紀にも阪神タイガースは存在するんだろうか?

まあトラキチのエースパイロットなら、こういうカラーリング施しても違和感ないかも(w
ただし、喋りはもちろん大阪弁で!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧