2018年5月21日 (月)

人間は浮く

夏期に多く発生する「水の事故」について消費者庁が注意喚起 もし流された時の対処法は「浮いて待て!」

言うは易く行うは難し

人間は浮く事がわかっていても、

パニックになる→泳ごうとしてもがく→水を飲んでしまう→溺れる・・・・・

という王道パターン(´・ω・`)

これがね、救助となるともっと大変。
救助する人間が冷静でも、対象者がパニくっていると
てか救助する方もパニくっていると・・・・・

実は、学校の水泳の授業で、ちゃんと教えないといけないことは、人間は浮くってことじゃないかな?
仰向けになって、顔を上げけ浮く技術。

これを習得すれば、水の対する不安要因が減るからな。
パニックになる要因を減らせるのではないかと・・・・・

でも、とかはもあるし、なにより長い間、水の中にいると、確実に体力は奪われる。
水温が低いとなおさら・・・・・

まあ、それでも人間は水と付き合っていかないと生活できない側面があるからね。

知識や経験を身につける事が不幸な事故を起こす要素を少しでも減らす要因にはなると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

未来の貨幣経済は・・・・・

オーストラリア、2019年7月から82万円以上は現金決済禁止に

マネーロンダリングを阻止する為の目的かな?
まあ、現金決済禁止にするとお金の流れが透明化されてしまうからな。

高額紙幣を廃止すれば、現金決済は不便になり、よりキャッシュレスに進むと思いきや、実際にインドなんかはそういう方向になっているみたいだし。

現金決済の上限額を設定している国はEU諸国には多く存在しているってのも知らんかった!!
ユーロ導入したのに関係があるのかな?

でも、キャッシュレスが進むと、市場に流れる紙幣の数が減るわけだからな・・・・・
何を信用の担保にして取引する?って話だな。
金融機関の信用が崩壊したらえらいことになりそうな気が・・・・・

しかし、高額紙幣はリスクがあったり、現金のやり取りの透明化の為にキャッシュレスに。
小額貨幣も、やり取りが面倒だったりするので、これも電子マネーのキャシュレスに。

なんか1000円札、500円玉、100円玉、50円玉、10円玉以外はいらない世の中になりそうな気が・・・・・

1円玉、5円玉の流通量は電子マネーの影響で減っていると聞くしね。

しかし、それだけに決済システムに致命的欠陥が発生したら・・・・・

やっぱ金でも蓄えておくか!!
でも自宅に金を蓄えるわけにもいかんから、いつでも金と引き換えてくれる証明書を(やめぃ

いや、マジでTIME/タイム の世界観みたいな時代が来るかも・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

運賃無料タクシーは実現するのか!?

「運賃無料」のタクシーサービス「nommoc」、2019年3月開始へ

面白い試みだが、不安な点が2つ。

・規制の煩いタクシー業界がOK出したのか、あるいは出たのか?
既存業者が黙っちゃいないと思うのだが・・・・・

・福岡天神みたいな自動車混雑地区で初めて大丈夫なのか?
既存のバスもあるし、一般乗用車もいるし、ますます混雑しないのかな?

って、これ西鉄バスもOKしているのかなぁ・・・・・
客が取られることになるしねえ。

まあ、敢えてタクシーに客を分散させて異常ともいえる博多~天神間のバスを減らす目論見もあるのかなぁ・・・・・
地下鉄七隈線天神南から博多まで伸びるしね。

でも博多~天神間の100円バスは重宝するのも事実。
地下鉄みたいに階段の上り下りがないし。

どの範囲まで無料かどうかはわからないが、駅からちょっと離れたホテルとか、飲食店とか、そういうところに行くのに需要がありそうな気がするなぁ。

あるいは、これに乗ってラーメン屋をはしごとか(笑)

いずれにしても、うまく運用出来れば都心部へのマイカーはかなり規制されそうな気がするなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

浮かぶ原発!!

世界初・海に浮かぶ原子力発電所「アカデミック・ロモノーソフ」が完成

海に浮かぶって・・・・・

原子力のパワーでどこでも移動して、電力を供給する神出鬼没の超機動型原子力発電所を妄想してしまう(w

寄港地での反対運動も何のその。

フルパワーで電力を大量に供給しては、電力不足を起こしている地域を求めて旅を続ける。

俺達、原発野郎Aチーム!!

しかし浮体原子力発電所のメリットって・・・・・

やっぱ津波や地震?

って思ってWiki調べてみたら やっぱそうだった。

でもなー、離島沖合いに設置した場合、万一爆発しても本土にセシウムはかからない・・・・・

なんか短観的発想な気がするんだよなぁ。

放射能の恐怖さえなければ・・・・・
そういうリスクをなくせる研究が進めは、原発も問題ないんだろうけど、今は、言ってみれば悪魔の火を使って生活しているようなもんだからなぁ。

今さえ良ければ良いのか?
未来の事を考えて進んでいかなければ行けないのか?

うーん、良くも悪くも人類は時代が進むにつれ、より刹那的になっているような気が・・・・・
でも、それもある意味、自然の摂理か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

水噴射よりも怖いのは・・・・・

中国、信号無視する歩行者に水を噴射するポールを設置

威力や音よりも、霧状になった水にレーザーが光っているのが(w
まあ、驚かすぐらいの効果はあるが、それでも渡る奴は渡るんじゃね?

あるいは面白がって水を噴射させるとか。

でもさ・・・・・

しかもこのポール、水をジャーっとかけるだけじゃなくて、信号無視して歩き出した人の顔を認証するシステムまで搭載しています。その顔写真を警察のデータベースに送信し、その人を探し出せるというのです。データベースで個人の特定ができたら、その名前を公表する可能性もあるのだそう。また、無視した歩行者の顔写真をその場ですぐに巨大スクリーンに映し出すという辱めの刑も実施しているそうです。

こっちの方が怖そうだが(w

ある日、信号無視をしたばっかりに。
面白がって水を噴射させまくったばっかりに

そんなこと一切身に覚えがないのに

ちょっとインターネットで天安門事件(自主規制)とか検索したばっかしに。

公安当局の人間が・・・・・

ちょっと来てもらえませんか・・・・・

このシステムを導入するのに、20万ドル(約2180万円)もかかっているのが・・・・・

うーん、こういう企業が儲かっているんと思うと・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

神戸電鉄開業90周年と未来

神戸電鉄開業90周年! 「メモリアルトレイン」など盛りだくさんの記念事業

神戸市北区の大動脈。
西区は大動脈・・・・・までとはいかないんだよなぁ。

むしろ粟生線大ピンチだし。 その上、三木駅も火事で燃えちゃうしなぁ。

木幡駅には秋葉台栄駅には桜が丘などの住宅地もそんざいするんだが、いかんせん駅から若干離れている・・・・・

で並行するように神姫バスが三宮方面へ直通の急行バス、快速バスを走らせているからねぇ・・・・・

既存の住宅地と一体となった整備をしないとまずいんじゃねーの?
実際、これらの住宅地は高齢化が進んでいるしね。

高齢化でいえば有馬線三田線沿線にある住宅地、団地も同様。

こんなニュースもあるしね。

神戸のマンモス市住“再生” 高層化し戸建て整備

人口が減って都心回帰が進んでいるのはどこも同じだし。
神戸電鉄沿線に住むよりかは、交通の便がいいJR神戸線沿線に住みたいだろうし。

神戸電鉄開業100周年を迎える事には、さらに厳しい状況になっているだろうが、それを乗り越えた新しい街づくりができることを期待したい。

なんやかんや北区と西区で神戸市の人口の1/3を占めるからね。
この両区の衰退は、神戸市全体の衰退を意味する・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

コンビニは生活インフラ!?

「セブンイレブン、いい気分!」 懐かしいコンビニのキャッチコピー

もう30年前以上の話だな。

あの頃は、まだコンビニが競合している地域って珍しかった。

大体、東日本セブンイレブン
西日本ローソン
で、3番手ファミリーマートがあって、以下、中小コンビニチェーンが競争しているといった感じ。

で、ちょっと規模の大きい個人商店の酒屋が食料品も扱ってコンビニみたいな形態で商売していたよな。

あとは、大手製パンメーカーのチェーン店
これはデイリーヤマザキや、ヤマザキショップに転換しているところも多い。

いずれにせよ、30年前と比べると、コンビニは良くも悪くも生活インフラの一つになってしまったからなぁ。

こんなニュースもあるし。

セブンイレブン、記録的大雪でも営業継続を要請 福井のオーナーが「50時間連続勤務」訴える

開けることが、開いていることが目的になっている感が・・・・・
といっても、災害時にも開いていることによって、被災地に物資を安定して供給する使命がある・・・・・

でも、これじゃあ、その貴重なライフラインも切れてしまいそうな気がするんだがなぁ。
思考停止になって全店舗開けるんじゃなく、例えば比較的交通の便がいい場所にある店舗を災害時の基幹店として、そこにモノや、あるいは営業継続困難な店舗の人を集める。
で、その基幹店をハブにして被災地に物資を安定して供給する。

こういうやり方でも良いのでは?
って気もするのだが。

いずれにせよ、お正月に開いている店はコンビニだけって時代は、もう戻れない道なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

夢の電気道路!?

走行中に給電できる「電気道路」をスウェーデンが公道で開発中、道路&既存自動車への導入コストも安価

まさに夢の給電システムだが・・・・・

感電しないのかな?

という不安が(w

まあ、高速道路みたいに歩行者が滅多に入り込まない場所なら大丈夫か。

あとは集電装置と送電線の摩耗対策だな。

これがね、意外と摩耗する。
新幹線なんか、パンタグラフの一部分に集中して摩耗しないように、架線の張り方を工夫しているしね。

いずれにしても、道路からの給電システムが普及すれば、EVカーは新たなる局面を迎えるだろうし、既存の電力インフラネットワークにも転用できそうだしね。

道路の電化が進めば、交通に革命が起こるかもしれない!?

ちなみに日本が誇る最高学府である東京大学でもワイヤレス給電技術の研究は進んでいるみたいだね。

世界初 道路からインホイールモータへの走行中ワイヤレス給電に成功 ~新しい走行中給電のかたち~

ただ、この分野はグローバルスタンダードにならないと、辛そうだなぁ・・・・・
どれだけ採用してくれるところが増えるかがカギだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

なんでだろう?は大切

真面目な組織人ほど「うそ」や「不正」に走りやすい理由

記事の中の

真面目な組織人というのは往々にして、「思考停止」のワナに陥りやすい。

ってのは、まさにそれだよな。

行動に思考を持つ=行動に疑問を持っちゃあいけない。

なぜなら、行動を止める可能性があるからね。

思考停止させて、ただ上からの命令だけを従う。

まあ百歩譲って命令を受ける側はそれでも良いが、命令する側までそうだと・・・・・

何考えて命令させているんだ!!という話ですな。

まあ、大半は見えない伝統だのしきたりだの面子だの権威だのを守る為に戦っているという・・・・・

そんな発想なくせばいいのにと思うが、それが簡単にできれば宗教戦争なんて起こらないってのが世の中だらかねぇ・・・・・

伝統やしきたりや面子や権威を全面否定するつもりはないが、なぜ伝統やしきたりや面子や権威が存在するのか?
また、存在する理由や原因、また現在の社会生活と矛盾してないか?、足かせになってないか?
それらを考えるぐらいの事はしても良いんじゃね? と思う。

命令する側の人間からすれば、命令受ける人間が疑問を持つということは、好ましくないことなのだろうが。
でも少なくとも命令する側の人間は、常に疑問を持ち考える事を止めてはいけないと思うのだが。
考えた上で、ベストな命令を出す義務があると思う。
なんも考えずに伝統やしきたり、面子や権威を守るだけのために、部下に脅迫概念を植え付け、命令する自分にも植え付け、破滅の道をそのまま進んでいく。

そんなのが良いわけ無いと思うのだがなぁ・・・・・

人が生きていく上において、伝統やしきたり、面子や権威を守るってのは、手段であって、目的ではないはずなのだが。

そういや、某国家で、某芸人が当時はやっていたテツ and トモ「なんでだろう〜♪」をパクってギャグを披露したところ、当局に拘束されたとか。

某国家において「なんでだろう」は現体制を批判する“禁句”なんだって。

やっぱり、考える、疑問を持つってことは大切なんだと思うし、人を思い通りに動かしたい人間ほど、考える、疑問を持つ人間を嫌う。
けど、人を思い通りに動かしたい人間まで考える、疑問を持つ行為を止めてしまうのは本末転倒だろうに・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

恐怖のサトラレ装置?

頭の中でつぶやいた「内言」を顔の筋肉から読み取って会話できるシステムをMITが開発

なにこのサトラレ装置は(w

頭の中で思っていることが伝わるってある意味、地獄

そりゃーねー、声出して喋りたくないシーンもあると思うが・・・・・

集中力ない人間だと、思っている事、全てが相手に伝わってしまいそうで怖い。

そして、相手が思っている事も伝わってしまうんだぞ。

内心薄々気付いていたことが、はっきりと判明する事ほど辛いことはない(w

だから、こういう装置にはフィルター機能って必要なんじゃね?

あらかじめ、伝えたくない、伝わってほしくないNGワードを登録すれば、フィルター掛けて、必要な情報だけ伝える、伝わるようにするとか。

まあ、相手の心の内を知るってことはパンドラの箱を開けるってことだからね。
心が強くないと、かえって折れてしまうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧