2018年4月 8日 (日)

恐怖のサトラレ装置?

頭の中でつぶやいた「内言」を顔の筋肉から読み取って会話できるシステムをMITが開発

なにこのサトラレ装置は(w

頭の中で思っていることが伝わるってある意味、地獄

そりゃーねー、声出して喋りたくないシーンもあると思うが・・・・・

集中力ない人間だと、思っている事、全てが相手に伝わってしまいそうで怖い。

そして、相手が思っている事も伝わってしまうんだぞ。

内心薄々気付いていたことが、はっきりと判明する事ほど辛いことはない(w

だから、こういう装置にはフィルター機能って必要なんじゃね?

あらかじめ、伝えたくない、伝わってほしくないNGワードを登録すれば、フィルター掛けて、必要な情報だけ伝える、伝わるようにするとか。

まあ、相手の心の内を知るってことはパンドラの箱を開けるってことだからね。
心が強くないと、かえって折れてしまうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

Mac=Intel CPU?

さらばIntel? 2020年以降のMacはApple独自のプロセッサを搭載するかも

まあ、もともと、Mac=Intelってイメージないからね。
むしろMacの対極にあったのがIntel CPUってイメージだったし。

MacのCPUといえば、モトローラであったりPowerPCであったり。
もともと、使えるメモリ数が多かったし、AppleはMac用にそのスペックに合わせたGUIのOSをいち早く作ったからね。

一方、IntelはIBM PCやその互換機に搭載されたが、OSがCUIのMS-DOSで、さらに皮肉な事に、シェアでトップになっちゃったから、GUI OSに転換するまで、いろいろ苦労があったってイメージ。

MS-DOSで動いているソフトの需要もあるから切り捨てるわけにはいかず、Windows XPがリリースされるまで、どっかでCUIの残滓を引きずってたイメージあったからね。

そういや、画像や動画を扱うのはIntel CPUよりも、モトローラやPowerPCのCPUの方が速いってイメージあったな。

それだけにMacにIntel CPUが使われるってニュースは衝撃的だったなぁ。
もう、Intelがパソコン用CPU寡占しちゃうんじゃないか?と思ってしまったし。

そんなIntelも最近はCPU脆弱性問題AMDの追い上げも激しいと聞くしね。

果たして、Apple独自プロセッサ戦略は成功するのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

VRカタンだと!?

『Catan VR』の配信が開始 ボードゲームの名作『カタン』がVR化

どういう事?

まさかVRのゴーグル掛けてゲームすれば、遠隔地にいる人ともバーチャルで実際にボード上でカタンをやっているように楽しめるとか?

カードを取ったり取られたり、サイコロを振ったり、道を引いたり、家や都市の建設の手の感触がバーチャルの世界で味わえるとか?

それともリアルにカタンの開拓者の世界を体験できるとか?
木が生産されれば大量の切られた木材が集まっていき、羊が生産されれば大量の羊が目の前に合わられる(w
盗賊を置かれたら盗賊が目の前に現れて資源を奪っていき(w、バーストしたら貴重な資源が目の前で燃える・・・・・

そんな事を妄想したが(w、動画見る限りでは前者っぽいね。

アバター使って不特定多数の人と、実際にボードでやっている感覚でカタンが楽しめるみたい。
ちなみに日本語対応はされてない模様

まあ、いろんなボードゲームのVR化が進めば楽しそうだが、目が疲れそうだ・・・・・

しかしリアルにカタンの開拓者の世界が映像化されないかな。

カタンの開拓者 THE MOVER

に期待(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

フロッピーディスクまだまだ現役説。

フロッピーディスクは現役? 100円均一ショップ『ダイソー』で発見したユーザーに「古い電子ピアノで使う」「役所関係では今でもフロッピーが主役」の声

てか、フロッピーディスクはドライブがまだ生産されているのか?
って疑問が残るのだが。

役所関係では今でもフロッピーが主役って事は、役所用に細々と生産が続けられているんだろうな。
PCメーカーも役所用にFDDを搭載したモデルを出していると。

「古い電子ピアノで使う」、「工業ミシンで今も現役で使用している」なんて声もあるみたいだが、そういえば工業用機器とかは、フロッピーディスクでデータ読み取る機械がまだあるからなぁ。

しかし地味に2HDフォーマットってのも懐かしすぎるぞ(w

容量が1.44MB。

今時、1.44MBだったら、あまりにも容量なさすぎ(w

でもMS-DOS時代は、文字ベータベースで、これだけあれば個人用としては十分な容量だったからねー。

初代iMacが発売されたとき、CD-ROMドライブだけでFDDがなくて大丈夫なのか?
15年前にTOSHIBAのノートパソコンを買った時ににFDDがなくて大丈夫なのか?

と心配したが、今や大容量USBメモリもあれば、SDカードもある、クラウドドライブサービスもある時代だからね・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

競馬とはお馬ちゃんが、私にお金を運んでくれる素晴らしいものなり。

AIが競馬予測 当たったら全額寄付 ニコ生で新企画

ネタだろうけど、

募金をギャンブルで増やそうっていっちゃんやったらあかんやつやん(w

まず、確実に25%はJRAが持っていく。
そして、負けたら皆さんの貴重な善意全てがJRAへ。

勝てばね、勝てば元取れる・・・・・

けど50万以上勝てば課税対象に・・・・・

あとは、これが認められるかだな

外れ馬券、所得から控除できる「経費」。最高裁が認める

まあ、回りくどい事やっているようにも思えるが、ようはAI技術を発展させようという事か。

ただ競馬業界を活性化は・・・・・

大量の勝ち馬投票券を買うわけだから、オッズにも影響されるだろうしね。
てか、すでにプログラム使って資金を運用しているような会社があるかもしれないし。

そうなるとオッズ的には面白くなるのか?

リスクを取らない、あるいはヘッジする馬券の買い方になるだろうから、そう考えると、良くも悪くも無難なところに落ち着きそうな気が。

けどさ、こういうのがあるのも競馬の面白さだぜ!?

でも、競馬がきっかけに経済が破綻したらイヤだ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

Webで音楽作成

インストール不要・誰でも無料で打ち込み音楽をブラウザ上で簡単に作曲できるGoogle「Song Maker」

Chrome Music Lab - Song Maker

やはりゴルゴムの仕業・・・・・
もとい、Googleの仕業か!!

まあ、考えたらWeb上で普通にアプリケーションソフトが使える時代だからね。
今更、Web上で音楽シーケンスソフトが使えても、なんの不思議でもない。

ちなみに、これで作った作品が色々と出回っているのかな?
と色々検索してみたら、Twitter上では、色々と作品がUPされている。

長い曲は作れないが、短い繰り返しの曲。
着信音的なメロディなら、発想と努力しだいでは、かなり色々と作れそう。

ここら辺、既存の曲をこれで作成するのは、アレンジのセンスが問われそうだなぁ。

記事によればアメリカの音楽教育団体が進める音楽教育振興月間が2018年3月に開催されるのにあわせて公開されたとか。

こうやって子供たちに音楽の素晴らしさに触れてほしいって事か。
あるいは、こっそりデータとって作曲用AI開発に生かしていたりして(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

言葉の自由とは?

えっ、この言葉もダメなの?!あなたの知らない“放送禁止用語”の世界

まあ、殆どは自主規制なんだけどね。

けどね・・・・。

ネットの世界は自由だ!!

と言っているあなた!!

本気出したら規制を一番掛けやすいのネット説。

特定用語をNGに設定することなんて簡単だしねー。
グーグル八分って言葉が表すように、簡単に言葉に対してフィルターを掛ける事が可能。

もちろんネット民が、そういう行為に屈しないのも事実。
同音異義語利用して書き込むことの可能だし。

となると、そのうちAIとかが前後の文脈判断してフィルター掛けるようにするかもしれない。

それでも、縦読みとか、斜め読みとかで頑張るネット民

そして最後の手段・・・・・

ビッグデータとその他諸々のデータをAIが解析して、悪意のあると判断された人物をネットから完全パージ!!、一切アクセス不可・・・・・

まあ、やろうと思えば可能なわけで、そうなると一周回ってアナログに戻る事になるかも。

いずれにせよ

気に食わない言動は全て禁止(ただし指摘する側は除く)

なんて世の中にならないことを祈るばかりだ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

今さらDOSかよと思いつつ、DOSコマンド覚えられるカードゲーム望む!!

あのカードゲーム「UNO(ウノ)」の続編が登場、名前は「DOS(ドス)」で実際にプレイするとこんな感じ

タッチディスプレイ使用を前提としたGUIのOSが普及しはじめている次代なのに、今更DOSかよ!!

と思ってしまった(ぇ

スペイン語、イタリア語ではUNO=1だが、DOS=2なのか。

2つカードの捨て場があるのは面白い。

でもさ・・・・・

どうせならDOSコマンド使ったカードゲームでも良かったんじゃね?
DOSコマンドのカードを使って、場にカードを捨てていくとともに、DOSコマンドも覚えられるという素晴らしいカードゲーム(w

コマンドカード場にアルファベット順(逆でもOK)、あるいは同じアルファベットなら捨てれるようにして、一部コマンドカードに特殊能力を持たすといった感じかな?

のこり1枚になった時、どういうコールをするか?が難しいが(w

EXITは上がり時のコールだしな。

Batch(バッチ処理)とか?

まあ、終了のバッチファイルを走らせましたよという意味合い持たすという設定にすればありかも(w

CONFIG.SYS、COMMAND.COM、AUTOEXEC.BATはどっかでぶっこみたいな(w

あと、IO.SYSMSDOS.SYSも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

吉野家とFLASH動画の青春

「よーしパパ特盛頼んじゃうぞー」 「吉野家コピペ」Twitterトレンド入りを受けてFLASH動画「ゴノレゴ」が再びネットに

FLASH自体が終わろうとしているのに、まさかの吉野家コピペFLASH動画再ブレイクか。
そういや、あの時期の吉野家デブれ路線真っ盛り
まさに牛丼一筋。

経済評論家(笑)

「吉野家は牛丼という単品メニューにこだわっているから効率が良い」

とかほざいていたな。

そして、2004年BSE(牛海綿状脳症)騒動・・・・・・
特盛が消え、それでも「ひょっとしたらしばらく吉牛が食べれなくなるのでは?」という心理が人々を吉野家に向かせ、そして牛肉の在庫がつき、吉野家から牛丼が消え・・・・・

あるものは事情があって牛丼しか販売できない競馬場の吉野家へ向かい
あるのもは、まだ在庫が出回っていた吉野家の牛丼のレトルトパックを通販で買い占め
あるものは、市販の牛肉で吉野家の牛丼のレシピの再現を実現化させようよした・・・・・

「吉野家は牛丼という単品メニューにこだわっているから経営リスクが高い」(`・ω・´)キリッ!!

経済評論家(笑)

そういやつゆだくって言葉は華原朋美のMステでの発言でメジャーになったんだよな。
つゆだくは、知る人ぞ知る裏メニューだったし。

FLASH動画も色々あったよな。
ムネオハウスもそうだし、そういや恋のマイアヒもFLASH動画がブレイクの発生源だったんだよな。
片翼の田代人ですか?ドラえもんのOPパロディもあったな。

うーん、なんか歴史の流れと言うか、一周回ってまた同じような騒動が起こっていることに不思議なものを感じる・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

ワープロ専用機で今のネット環境につないでみたら・・・・・

21年前のワープロ「書院」で2018年にインターネットをしたら、無間地獄に突入した

日本語ワープロ専用機って究極のガラパゴスIT機器だったもんな・・・・・
市場が日本のみに限定されるし。

それでも、メニュー方式などのユーザーに操作しやすいインターフェイス搭載していたから、パソコンよりもこっちをで買った人が多かったのも事実。

プリンターも付いたオールインワン機だったしね。
余計な設定なんかも不要だし。

しかし、どういうCPUやOSで動いていたんだろうか?
21年前だとWindows95がかなり普及していた時代だしねー。

ちなみにNEC文豪ミニシリーズCP/MMS-DOSが隠しコマンドとして動いていたみたいだね。
富士通OASYSMS-DOSがバックで動いていたとか。

となるとシャープMS-DOSベースのプログラムをバックで動かしていたのかなぁ。
MS-DOSベースのプログラムでインターネットのWebサイトにつなぐって相当の力技のようにも思えるが。
あるいはUNIXベースか、TRONベースで開発されていたとか?

いずれにせよ。汎用機のパソコンに市場を吸収されてしまうのは運命だったなのかもしれないが・・・・・

シャープ自体まで外資に吸収されてしまうとは・・・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧