2020年7月 2日 (木)

34年前の8ビットPCってまだ動くのか・・・・・

30年以上前のPC-88実機でFF7リメイクの名シーンを再現するとこんな感じ

そもそも34年前の8ビットPCが動く問題
いや、なかなかすごいことですよ。
エミューターじゃなく、あえて実機で動かしているという。

5インチフロッピーディスクなんて、しかも2HDや2D規格のフロッピーディスクなんて今、売っているのか?
調べてみると、何気にメルカリとかのフリマでは出回っているな。←5インチフロッピーディスク
3.5インチフロッピーディスクだとアマゾンでも買える。

このころのNECPC-88機って斉藤由貴がCMキャラクター務めていたイメージあるなぁ。
ただ、ワープロなどのビジネスで使えたかといえば・・・・・

年代的には1986年といえは、PC-9801VMにより、PC98シリーズのアーキテクチャが完成して、16ビット用パソコンワープロソフトとして一太郎が普及し始めたころか。

ただ当時のPC98シリーズはいわゆるビープ音源しが搭載していなかったから、趣味やホビーFM音源3音+SSG音源3音が搭載された8ビット機の方が人気あったころですね。

それでも本体価格だけで20万8000円
それにモニタソフトを買うと・・・・・

うーん、相当な出費になっただろうなぁ。
まあ、それだけに、「なんとしてでも元は取る!!」と頑張ってプログラムをマスターする強者が多かったんだろうなぁ。
高橋名人なんて、そんな感じだったそうだし。

憧れだけでパソコンを衝動買い→ほこりをかぶる→それでも毎月のローンの支払いはある→しかも自分でいちいち入金しないといけないから無駄遣いしてしまったことを意識せざるを得ない→一念発起してプログラムをマスターする。
それで、ハドソンに入社するきっかけができて、名人として有名人になったんだから、人生って何があるかわからん。

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

最新のVFX技術を駆使すればソーシャルディスタンスを保ちつつも大半の撮影なんとかなるんじゃないか説

VFXでここまで世界を作り出せるという比較映像&実際のBlenderを使った圧巻のメイキングムービーが公開中

 

そういや、ここ最近、コロナ禍クロマキー合成を多用しているテレビバラエティとかも見るが。
わりと本気だせばVFXでいろんな撮影ができそうだなぁ。

上手く組み合わせればソーシャルディスタンスを保ちつつも、互いが接近したようなシーンも撮れるだろうし。
演じる方は大変だろうが。

画質の向上で、あまりにもウソっぽく見えてしまう可能性も無きにしも非ずだが、フィクションなんだから、実はウソっぽく見えるってのも、アリなんじゃないか?と思うんだよな。
ウソっぽく見えることがフィクション、虚構である事の証明だし。
見ている世界演じている世界を隔てる第四の壁は重要。

もちろん、その壁をあえて壊すことにより、見ている世界と演じている世界を融合させるという演出もアリといえばアリだが。

しかしこれだげ、VFXの技術は進むと大道具とかの業種は廃れてしまうのだろうか?
逆に大道具屋さんが、VFXの世界に参入してくるのだろうか?

どっちにしろ、観客を夢中にさせてしまえば、意外と、こういう背景の細かいところには目がいかないのかも?
むしろ、夢中にさせてしまうようなダイナミックな背景が必要なのかもな。

桂米朝「落語はお客を催眠術にかける芸です」と言ったが、映画などの世界も割とそれに近いものなのかもしれないなぁ。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

便利な機能も人次第

ウェブ記事のテキストに直リンクが張れるChrome拡張機能が完全に神!

脚注や引用文献・参考文献のリンク機能としては便利そう。
ただ、下手をすると記事の切り取りや印象操作に使われる可能性はあるなぁ。

特に俺みたいに文章の前後をちゃんと見ないような人には効果大!!(ぉぃ

下手したらネガティブな文章の部分を強調してあたかも、それが文章の主題であるかのようにリンクを張ることも可能と・・・・・

なんで、悪用方法ばかり思いつくんだ(w

実際は、論文の脚注や引用文献・参考文献をして使って欲しいんだろうな。
てか、World Wide Webなどのリンク機能も、そもそもは論文などをネットワーク上でもっと効率的に管理、公開できないか?ってのを実現した形だしね。
それを、画像なども利用できるようにしてインターネットブラウザの歴史は進化していったわけだからね。

結局、どんな便利な機能も使う人次第という事か。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

高齢者とeスポーツ

日本初のシニア専用eスポーツ施設が神戸にオープン ゲーム体験レクリエーションを2時間1000円で

高齢者eスポーツ・・・・・
合わないように思えるが、今60歳の人が40年前は20歳
スペースインベーダーの発売が1978年だから、当時18歳・・・・・

単純にeスポーツ=ビデオゲームと考えたら下手したら一番やりこんだ世代じゃね?

そういう意味ではこれからどんどん需要があると思うが・・・・・

基本、eスポーツって反射神経と把握力を処理能力の速さが命だと思っているから、やっぱり体力、持続力的ハンデは埋められたとしても若者には勝てないのでは?と思うなぁ。
もちろん、反射神経、把握力、処理能力の衰えを抑えるトレーニングになるとは思うが。

シニアeスポーツの大会があっても不思議じゃないが観てて楽しいか?となると。
まあ、何事も観るより実際にやるほうが楽しいんだけどね。
その楽しさをわかってもらう魅せ方をしないといけないというのが・・・・・

だからこそ魅せることができる人プロとしてごはんが食べられるのだろうが。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

AI[を使ってゲージツ作品を再現できないだろうか?

素人が絵画を修復しようとして大失敗する事態がまたもや発生、専門家が素人によるアート修復の規制を訴える

これこそ、最新のテクノロジーを使って再現できないものか?
劣化以前のデータをデジタル化する。
あるいは劣化した絵画をAIの解析により、元の状態にデジタルデータとして復元させる。
そして、そのデジタルデータを基にロボットで、修復、再現するとか。

正しく元の状態に再現できているかは、デジタルデータで復元する時に判断すれば、何回もやり直し効くからね。
なんなら、細かい箇所はマニュアル操作で修復してもいいわけだし。

そういや、AIの進化によりモザイクを取り去る夢の復元ツールができたとか!!

写真のモザイクを完全に取り去るAIが誕生。あれもこれも、見えるようになっちゃう…!?

これで、あの雑誌の裏の広告に載っていたいかがわしい夢の装置に頼ることもないのか。
目を細めてモザイクの向こう側を見ようとする努力の必要もなくなったわけか。

そう思いと感慨深い・・・・・

って、どうしてこうなった!!(´・ω・`)

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

情報は疑うべき

総務省が新型コロナのフェイクニュースについて調査 誤った情報を最も多く見掛けた媒体は「Twitter」

もうちょっと情報を疑うって事を考えた方が良いかも。
思考停止かつ反射神経的に、人から聞いた情報を鵜呑みにして信じて拡散しちゃうからなぁ・・・・・

こうしてデマは広がっていく。

しかも、始末が悪いのは、本来は、そこら辺の裏取りをしないといけないマスメディアが、目先のネタ欲しさにまた思考停止かつ反射神経的に鵜呑みにして情報を拡散するという・・・・・

まあね、噂を、根拠がないことが判っていても、藁にもすがる思いで、これらの情報を実践しちゃうことがあるが・・・・・
ジンクスとか縁起かつぎとかね。

根拠なんて何にもない。
はっきり言ってしまえば、自己満足
まあ、それでも人間不安だと最終的になにかにすがっちゃうという悲しい性・・・・・

でも、それを自覚しているうちはまだマシ。
結果がともわない→「ですよねー!!」
じゃなく

「なんでなんだ!!、悪質なデマを流しがやって!!」

真に受ける人間一番アレ

まあね、人間、齢をとっても、いや齢を取るほど

認めたくないものだな、自分自身の、過ちというものを

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

高音質でいいねがたくさんもらえる時代?

Twitterに最大140秒の音声を録音してツイートできる新機能が追加

本当のつぶやきをアップできるようにしてどうする?

てか動画のアップできるんだから、音声の録音機能っていらなくね?
って思うのだが。

それに動画がアップできる時間が同じ140秒だから、この機能で兼ねることができるんじゃ・・・・・

と思ったが、音声だけを録音してツイートすることができることで、通信量の節約にはなるかもな。
たとえば、音楽とかは、別にむりむり、動画でアップする必要はないわけだし。

音声ファイルだけだったら、通信量も節約できるわけだしね。
そういう風に理解すると、アリなのかもしれないなぁ。

音だけのほうが、良くも悪くも、想像力を掻き立てる効果があるかも。
良い音を高音質で録音すれば、いいねがたくさんつく時代がくるかもしれない。(笑)

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

盗聴されていることを前提とした新しい生活様式(ぉぃ

新たな盗聴の手段として「電球の振動」から音声を復元する技術が報告される

こうなると、もう盗聴されていることを前提として会話するしかないんじゃね?
話している内容とはまったくの逆のことをするとか。
あるいは、まったく違うことをするとか。
盗聴されていることを前提に相手の裏をかく行動をとるのもありかなぁ?

それか聞いている相手の心が完全に折れるような悪口を言いまくるとか(ぉぃ
最初の方は、怒りの感情の方が先行するが、徐々にそれを超えて、悲しみ、そして嫌悪感を抱くようになり・・・・・

もう止めてくれ、こんな会話は聞きたくない!!

って発狂するところまで追いつめるという(やめぃ
って、普通、こんなの話している方も病むとおもうが(w
病まなかったら・・・・・

サイコ!!、サイコ!!

これからは絶対に盗聴されてないじゃなく、盗聴されていることを前提にして、行動を考えないといけない時代なのかもしれない。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

質より量か!?

ダルビッシュ有さん「Twitter社にはアカウント作る過程で簡単な読解力のテストもしてほしい」ツイートが大反響

技術的には可能だろがやらないだろうなぁ。
捨てアカ(アカウント)減ると、アクセス数が減る=広告収入が減るって側面があるし。

結局、読解力のテストよりも課金制にするのが一番なんだろうけどね。
課金制ビジネスモデルが構築できるか?といえば・・・・・

構築できないから広告収入に頼っている側面があるのかもしれないが。

ただ、アカウントの質を上げることで広告料の単価を上げることは可能だと思うんだけれどなぁ。
良質でより正確なビッグデータも取れるわけだし。
トラフィックの軽減にもなるし。

結局は、どっちのほうが収益効率が良いか?という問題なのかもしれないが。

いつもの。

いつまでもあると思うな、Webサービス!!

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

これが不便益って奴?

note、コメント投稿前に「ひと呼吸入れる確認画面」を追加 誰かを傷つける感情的コメントを減らすため

これが不便益っていう奴か。

不便益:現代社会の便利さを問い直す試み

たしかにワンクッション置くことで不便に感じることがあるが、それがルーティン化して思考停止して実行しようとしている事にブレーキをかけ、気付くきっかけを与えてくれる。

こういう確認画面を設置することで、誰かを傷つける感情的な書き込みが減る可能性があるとしたら、やってみる価値あるのかもしれない。
まあ、一種の社会実験やね。

ただ問題はビジネスモデルなんだよなぁ。

確認画面を設置する→書き込むレスポンスが悪くなる→書き込む総数が減る→アクセス数が減る→広告収入が減る・・・・・・

というビジネスモデルになっていたら。
もちろん、サイトの使用状況の質の高さで、広告収入の単価を上げるって発想もあるが、実際のところはアクセス数頼りのパワープレイが横行しているのが現状だし。
結局、Webサービスを無償で提供できるということはそういう事だからなぁ・・・・・

というわけでいつもの。

いつまでもあると思うな、Webサービス!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧