2021年4月 9日 (金)

ブロック塀の世界

ブロック塀がカプセルトイになったよ~! ステキな“透かしブロック”もラインアップ

ブロック塀研究会なんてあるのか・・・・・
といっても親子二人だそうだが。

そういや、最近、ブロック塀の壁ってあんまり見ないイメージがあるな。
生け垣にしてみたり、あるいはタイルなどできれいにしているイメージ。

灰色のブロック塀を積み上げただけじゃあ、味気ないというか。
あとは地震リスクかな?
あんまり耐震強度あるように思えないしなぁ。
近所の駐車場のブロック塀は台風で崩れたこともあったし。
積んでいたブロック塀が崩れて・・・・・・ってのは災害あるあるだし。
そういうのもあってブロック塀って廃れていっているのかもしれない。

しかしジグザグみやまそり菱菱形など、こういう透かしブロック単調な灰色のブロック塀のアクセントになっているんだな。

そう考えると奥が深い世界だ。

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

みんな大好き秘密基地

無限にぐうたらしてしまいそうな一人用サイズの秘密基地 サンコーが「家ナカ基地テント」を発売

みんな大好き秘密基地。
6980円は・・・・・

いやー、いい値段設定だなぁ。
これ、別に家ナカ需要だけじゃなく、普通にアウトドアで使ってもいいような気もするが。

これからの季節は、気温的にもちょうどよさそう。

夏場はメッシュ仕様とはいえ、さすがに熱がこもりそうだが。
高さは93m
ちょっと、座り続けるのはきついかもなぁ。

これ、天板にモノが置ける仕様なら、部屋の省スペース活用もできそうなんだけどなぁ。
物を置いているが、実は、中で寝れるようになってますってのは、いかにも秘密基地って感じがするが。

けど、押し入れで寝ているのと変わらないような気もするが。

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

おいらの子供の頃って家や銭湯のカランのシャワーがなかったイメージが・・・・・

小麦粉・たまご・布海苔・油粕を用意されドン引き!? マンガ『大正時代のシャンプー事情』がまるでお好み焼きの生地

洗髪の日常化って割と最近だからね。
っていっても、朝シャンなんて言葉ができたのって30年以上前の話か・・・・・

そもそも、おいらの子供のころはお風呂にシャワーがなかった問題。

いや、マジで!!

なんせおいらの家は、五右衛門風呂だったからな(w
風呂場を改装して小学校に上がる前ぐらいに、ようやくカランにシャワーが付いた記憶が。
たぶん、ユニットバスの家庭などでは普及していたのだろうが。

銭湯のカランも、昭和50年代ごろは、まだシャワーがついていなかったイメージが。

だから頭洗うときは、ケロリンの風呂桶にお湯を入れて頭から・・・・・

じゃばーん!!

って感じだったからなぁ。

シャワーが家庭にも普及しだしたことで、各石鹸メーカー、化粧品メーカーも、シャンプーやリンスの開発に力を入れだしたイメージ。
結果、毎日洗っても、紙を傷めないシャンプー、リンスなどが登場したという。

当たり前のようにやっていることって、実は何気に歴史が浅いっていう一例だなぁ。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

シウマイの気持ち

冷めてもおいしい「シウマイ弁当」がまさかのタオルケット化! あまりの人気に即日完売→入荷待ちに
シウマイ弁当冷感タオルケット」

なんか、シウマイの気持ちになれそう(w
たしかに、今からの季節はタオルケットの方が寝やすいしな。

パッケージと中身のリバーシブルプリントされている点もグッド。

お値段も、3900円シウマイ弁当と同じくお手頃価格。
記事によれば現在は入荷待ちの状態・・・・・

だろうな(w
普通に良いもん。

どうせなら、シウマイ弁当とのセットで、このタオルケットを買いたい。
お弁当買うついでに、タオルケットが付いてくるってアリだと思うが。

ただ、今のご時世は、ちょっと難しいだろうなぁ・・・・・(´・ω・`)

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

寝具選びは馬鹿にできない

「毛布は掛け布団の上にかけるのが正解」は本当? メーカーに聞いたら「素材で異なる」という衝撃の回答

おもわず使っている毛布の素材見ちゃった(笑)
アクリルということは天然素材でないから、上に掛けるのが正解な訳ね。

しかし天然素材は吸放湿性が優れていて、非天然素材は吸放湿性が優れていないとは知らなかった。

つまり、夏場とかは、アクリル素材の毛布一枚とかは、寝具には向かないって事か・・・・・

去年の夏はそれで寝てたぞ(w)
うーん、天然素材の羽毛布団一枚とかの方が寝やすいのかもしれない。

寝具は馬鹿にできんが、いい布団は高いからなぁ。
財布のお金のふっとんだー!!

どや?

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

対流式ストーブって最近あんまり見ないイメージ

人気のストーブ「アラジン ブルーフレーム」のカプセルトイが誕生 青い炎はLEDライトで再現

懐かしいストーブのスタイルだ。
日本じゃ、こういう対流式ストーブを使っているのは、学校とか比較的広いスペースの部屋があるところってイメージ。
あとは反射式ファンヒーターが主流といった感じだなぁ。

しかし、これも御大が喜びそうなアイテムだなぁ。
けどアラジンのストーブでモノポリーを作るのは、ちょっと無理があるかなぁ。

たとえば、世界各地の油田カラーグループの土地にして鉄道電水石油メジャーにする。
これなら、石油モノポリーが作れるか?
で、トークンにアラジンのストーブのカプセルトイを使うと。

これやな!!

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

ゴザでいいのでは?

今度のお花見はブルーシートでなく畳で 畳柄のレジャーシート登場

ゴザでいいのでは?

とも思ったが、ゴザだと地面の湿気を吸っちゃうからなあ。
そうなるとやはり、ゴザの下に敷くブルーシートは必要か。

ブルーシートだけだと味気ない。
しかし、ゴザまで持っていくのは、荷物がかさばる。
そこで、畳柄のレジャーシートというわけか。
たしかに悪くないアイデアかもしれない。

あとは座りごごちかなぁ。
なんとかブルーシートの薄さで畳の座り心地を再現できないものか・・・・・
畳の座り心地を再現する為、厚くしたら本末転倒だろうし(w

シャレで座布団の柄をプリントするのもアリかなぁ。
ここに座ってくださいという感じで。
ついでにちゃぶ台とかネコもプリントすれば茶の間感が醸し出されるかも。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

昭和のUSB扇風機!?

嗚呼ノスタルジイ、レトロUSB扇風機デ感ジル、昭和ノ風

扇風機は近年復活傾向にあるからなぁ。
やっぱりエアコンだと体が冷えすぎてしまう事があるから、自然な風だけの扇風機の方が重宝されると。
これに風鈴の音色もあれば、まさに日本の夏って感じなんだけどね。
UBSから電源を取る小型扇風機ガジェットとしてよく見かけるしね。

ただ、色やデザインTHE 昭和って感じだなぁ←レトロUSB扇風機
基本、ボタンや土台部分や網目の部分が曲線じゃなく直線的なデザイン昭和臭を引き立てさせる。
原色っぽい色もそうだしね。
今の扇風機は、もっと曲線使ったデザインで、色もクリーム色系統で、あか抜けているし。
網目に触ったらセンサーで自動的に羽根が止まるようになっているセーフティー機能もあるし。

けど、扇風機に向かって「ワレワレハウチュウジンダ」と喋ると羽根の回転の力で声にエフェクトが掛かるのは変わらず(w
姪っ子、甥っ子に教えたら姉弟そろって扇風機の前て

「アーーーーーーーー」

って声出している(w
いけない遊びを教えてしまった叔父さんだあぁ(´・ω・`)

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

猫型蚊取線香スタンド

しっぽが燃えてる気がするニャ 猫がお尻を突き出したニャンともかわいい「蚊取線香スタンド」が登場

この発想はなかった!!

猫型といい、アンコウ型といい、いいセンスしている。
蛍型とかもあっていいと思う。

問題は、蚊取線香が燃える時間がすげー短くなるって事だな・・・・・・
この長さじゃ30分も持たないんじゃね?

短く、かつ長く、燃える蚊取線香ができれば・・・・・
こういう蚊取線香スタンドがもっと流行るかもしれないが。

なら、猫のしっぽアンコウの触覚LEDで光らせた電気蚊取り器でもいいわけで。
てか、蚊取線香を模した電気蚊取り器でもいいわけで・・・・・
って、それじゃ味気ないか(w

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

和式より洋式!!

和式トイレの需要はまだあるのか?

そういや水曜日のダウンタウンでも新築で和式便所入れるヤツ、マジで0人説!取り上げていたな。

個人的には和式便器は無理
汚れるし、ぶんばる必要があるし、体支えるの大変だし。

洋式の他人の座った便座に接触するのが嫌という人もいるが。

やっぱり記事を見ても

和式の一番のメリットは、洋式と違って他の使用者と便座を共有しないこと。とはいえ実は洋式便座の大腸菌の数はほぼゼロですが、『触れ合うのがイヤ』という方にはまだ重宝されているんです。

だって。

まあズボンとパンツの洋装が標準となった現在では、和式便器は使いにくいだろう。
逆に、和服を着ていると、洋式便器って凄い使いにくいイメージがあるんだが。

まあ、中には洋式だけど、便座の上に足をのっけてきばるスタイルの人もごくまれにいるかも・・・・・

俺はしていないぞ!!

今は・・・・・(昔はやっとんたんかい!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)