2017年9月26日 (火)

感受性の問題

映画では定番の「街中のカーチェイス」を映像作家はRCカーでどこまでリアルに再現できるのか?

これだけで一つの映画になっている説。

いや、実写RCカーアニメかはあんまり関係ないんだよね。
映像を操る手段にしか過ぎないから。

結局、台本構成を元に、カット割りカメラアングル効果音総合的に組み合わて再現していくかって事なんだよね。

結局、日本の映画がダメなのは文学>絵画という変な文化的カーストがあるからだと思うよ。

いやマジで。

文章で表現できる、文章を読めるって方が偉いという妙な発想がある。
象形文字使っているくせにね。

いや、裏を返せば象形文字を使っているから、絵画の評価が悪いのかも。

まあ法的文章はあっても、法的絵画なんて聞いたことないしね。
でも、絵で表現する事も大切だと思うんだけどな。

感受性の問題というか。

日本は、絵=子供向きという短絡的な発想が多いしね。
まあ、確かに日本の絵画はデフォルメされたのもが多いからね。
ディフォルメされている=簡易に描ける=子供でも描ける=子供向きって発想になったのかも?

でもさ?

アニメの絵だって簡単に書けないぞ(w

西洋ではピンホールカメラの技術を応用した絵画が多かったからね。
だから立体的かつ実写的な絵画が多かったのかも。

でも、日本のデフォルメされた浮世絵が日本では評価されず、なぜか海外で評価されて日本でも再評価されるようになったという事実(w

アニメもそれに近いものがあるからなぁ。

で、妙なコンプレックスを抱いてこじらすか、海外に出て評価されるかの二つ。

もうちょっと芸術的、感性的なものが評価される社会になった方がいいんじゃね?←日本人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

魂のどろだんご!?

「光るどろだんご」を作る大会の地区予選が想像以上にハイレベルだった

地区予選でこのレベル。

全国大会となるとどうなるのだろうか・・・・・

チリも積もれば山となる。

磨けば光る原石。

とは言ったものだが・・・・・

リアルにどのぐらいの付加価値を生み出すんだろうか?

ここまでキレイだと、

買いたい!!、金はいくらでも出す!!

という奇特な金持ちが現れても不思議じゃない。

てか、その汗と涙を買ってくれるなら・・・・・
愛着も湧いているから、愛情も買ってくれるなら・・・・・

うーん、魂を売るとはまさに、この事だよなぁ。

売って金儲けて、で幸せになれるかといえば・・・・・
失った心の穴は大きく・・・・・
ってよくある展開も。

まあ目先のお金にくらんだらくらんだで、光るどろだんご作っても邪心が入ってキレイに輝かないとか(w

光るどろだんごを作るという行為は、本当に魂を作っているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

わたしのファミカセ展

「わたしのファミカセ展」は妄想とは思えないクオリティーだった

いやいや、あのカセットケースのスペースにインパクトのあるデザインイラストを残すってのはプロの仕事だからね。
色んなゲームのパロディ、オマージュ、インスパイア的な作品があってなかなか面白い。

しかも、それがクソゲーであるほど、印象に残っているという不思議(w

やっぱカセットケースの見た目で面白いと思わせて買わせる必要があったのかも。

そう考えると、カセットケースのデザインってますます重要。
中には、面白かったのにカセットケースのデザインが悪かったばっかりに売れなかったゲームもあったのかも。

でもさ?

ゲームのデザインが糞な奴に、カセットケースのデザインも任せられるか?

ゲームのデザインが糞なのは2パターンあって。

・そもそもゲーム自体が面白くない。
・ゲームデザインは面白いはずだったが、プログラミング、容量、ハードスペックの事情で面白さを再現できなかった。

カセットケースのデザインが印象に残っているってたぶん後者だと思うんだよね。

素質はある。
でも、それをコンピューターの上で動かしたときに面白くできるかどうかは、また別の話って事ですね。

前者は多分、カセットケースのデザインも残念なことに・・・・・
そして記憶に残らずコッソリと存在していそうな予感・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

ウェディングケーキを食べるのが夢だったんだ・・・・・

 
 
80年代は派手で高さがあったからねー
芸能人の結婚披露宴がある毎に、ウェディングケーキの高さが話題になったし。
 
もっとも派手で高さのあるウェディングケーキの食べれる部分は、少しだけで、あとはハリボデらしい。
それで、オプション料金取ってたとしたら利益率いいんだろうなぁ・・・・・
今は、そこまで派手にやることもなくなったんじゃないかな?
 
動画のは、アメリカのウェディングケーキみたいだけど、時代とともに凝ってきている。
しかし、2016年のウェディングケーキの色の使い方が派手でいかにもアメリカしい・・・・
昔のウェディングケーキも、これ生クリームじゃなく、保存が効くバタークリーム使ってそうだから・・・・・
 
しつこそうだなぁ(w
まあ、二人ともしつこいぐらいにお幸せにって事か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

日本で一番多い苗字は「佐藤」ですが、ではバス停で一番多いのはなんでしょう?

日本で一番多い苗字は「佐藤」、ではバス停で一番多いのは? 9年掛けて全力で調べた同人誌が努力の結晶

えー、これクイズ番組の格好のネタじゃん(w
なんだろう?

直感、清水。

清水って地名が由来の苗字で、数も多い方だから。

さて正解は・・・・・

市役所前!!

なんじゃないかと、考えた人が、その考えを実証するため、実際に各地の「市役所前バス停」を巡った軌跡を同人誌にまとめたんだって。

たしかに、言われてみればそんな気がしないでもない。
しかも、ネットなどで調べず、ちゃんと現地に行っているって・・・・・

もう下手なテレビ番組の取材のレベルを超えているような気が・・・・・
記事を読むと、「市役所前バス停」調査に付随して、そこに苦労があったり、ドラマがあったりと、うーん、もうなんかドキュメントと化しているような気がするなぁ。

しかし、本当に日本で一番多いバス停は「市役所前」なのか?

・・・・・ほかに答えが思いつかないなぁ。

参考までに日本で多い地名ランキングなるものを見つけたので上げてみた。

全国地名ランキング(5位まで)
1位:中村/698ヶ所
2位:新田/670ヵ所
3位:原/569ヵ所
4位:本町/434ヵ所
5位:本郷/415ヵ所

この中に正解は・・・・・あるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

素晴らしきエクセルアート!?

「一番気持ち悪いグラフ作ったやつが優勝」 Twitterに投稿された画像がもはやアート

そういや関数を駆使してエクセルグラフで絵を書くって記事、昔もあったような。

これだ。

表計算ソフトの限界に挑戦! Excelを使って描かれたイラストがすごい

こんな記事も

Excelで絵画を描く恐るべき76歳の日本人アーティストが海外でも話題に

凡人には思いもつかない計算式、関数使ってグラフを描いているんだろうなぁ。
まあ、一種のプログラムというか、昔は、プログラム打ち込んでパソコン上に絵を描いてたというし。

てか今の画像データも、結局は0と1のデジタル集合体だし。
ペイントソフトや画像処理ソフトを作った人の苦労がしのばれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

日本一高い入館料?といわれる美術館!?

レプリカだけの展示にもかかわらず、日本一高い入館料(?)といわれる美術館がすごい

大塚国際美術館の存在は知っていたが、日本一高い入館料とは知らんかった。
いや、レプリカ展示とはいえ1000点を超える作品は凄いよ。
れか、レプリカもそれ相応の再現度だったら美術的価値高いし。

一種の美術館的テーマパークであると考えると大人3240円って値段も、そんなベラボーに高い値段とは思わんがなぁ。

普通の美術館じゃ考えられない記念撮影もOK!ってのもレプリカ展示の成せる技か?
失われた絵画を再現展示しているのも、なかなか興味深い。

これで後は、蛇口をひねるとポカリスエット or オロナミンCが出てくる、カロリーメイト、ボンカレーの食べ放題があったら完璧なんだけど(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

大文豪は文章だけじゃなく、絵画も上手い?

もしかしてこれって黒歴史? 太宰治の学生時代の落書きだらけノートがWebで全文公開

やってることは、大文豪もかわらねー(w

てか、意外と絵が上手い。
大文豪は文章だけじゃなく、絵画も秀でるモノがあったのか?

しかし修身のノートに落書きしていたという事は・・・・・

太宰治は修身の授業が退屈だったという事か?

修身道徳などの教育は、実践で教えるべきなのか?、理論で教えるべきなのか?
僕は、後者のような気がするんだけどなぁ。
でも実践するという事は、時として現実の矛盾にぶち当たる事もあるわけだし、それを防ぐため道徳を理論化する必要があるようにも感じるわけで・・・・・

わからん!!(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

音楽におけるジャケットって死語?

メタルの名盤ジャケットを50年代ジャズレコード風にデザインしてみた

全体的にセピア色&抽象表現的に仕上がってる感があるなぁ。
逆に言えば、メタルの名盤ジャケットは、抽象表現的なモノをリアルに表現してみましたって感じはしないでもない。

まだ、LPレコードの時代だし、ジャケットの大きさも縦横30cmほどはあったからねぇ。
そこで、音楽以外にもいろいろと表現してみたいって思いがあったのかもしれない。

そして、時代は移りCDの時代になるとジャケットの大きさは縦横12cmのフィールドに狭まる事に。
そうなると、小さいジャケットでどれだけ、インパクトを残せるか?
が勝負になってきてしまった感は無きにしもない。

そして、音楽配信が主流になりつつある今、ジャケットって何?って世代が出てきてもおかしくないという事実。
ジャケットが復権する時代は、はたして来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

名槍・蜻蛉切

本多忠勝愛用の名槍・蜻蛉切が11年ぶり展示 佐野美術館で2月15日まで

ちょっと実物見てみたいかも。

そして・・・・・

本当にトンボが止まったら切れてしまうのか試してみたいかも(コラコラ

それだけ、切れ味が良かったという比喩だとは思うけどね。

でも、現存するのは矢先だけなんだね。
柄の部分は存在しないし、まあ存在しても、3尺程はしょられたのは、戦国マニアなら誰でも知ってるエピソード
でも、6メートルの長さになると柄の部分の攻撃力もバカにならない気がするなぁ。
本多忠勝ほどの武将なら、刺されなくても、柄の部分で強打されただけで致命傷になりそうな気がする。

本当に馬に乗って、6メートルちかい槍をぶん回す事なんて出来たのだろうか?

歴史は盛って語られる事、多いからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)