2017年6月13日 (火)

横溝正史作品映画、地上波でもう放送できない説

ファンの仕業だな! 犬神家「両足だけ水面から突き出した変死体」のロケ地、いつの間にかGoogleマップに登録

あのビジュアルイメージを考えた人はやっぱ天才だな。
市川崑になるのかな?

あとは佐清のゴムマスク

ビニール袋や紙袋被って「佐清さん、佐清さん」というモノボケが出来るからなぁ(ぉぃ

ただ市川崑が撮った犬神家の一族ってサスペンス映画の要素もあるがスプラッター映画の要素も多い。
なにより石坂浩二のリアクションが良いんだよなぁ(w

そりゃ全員集合のコントで志村がパロディにするわけだ。

スプラッター映画の要素は渥美清&萩原健一の八つ墓村になるとさらに強くなる。
てかホラー映画の要素もかなり入ってくる。

てかサスペンス部分に関してはどうでもいいようになってる件について(w

まあ、どっちも今の地上波じゃ完全に放送NGのBPO案件でしょうな。←犬神家の一族&八つ墓村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

世界の都市名はゲームで覚えた

スゴロクが立体化で世界レベルになった「地球まるごとすごろく」

真っ先に世界一周双六ゲームを思い出した。

たしかに世界一周双六ゲームで世界の都市を覚えたから「地球まるごとすごろく」も、世界の都市を覚える学習玩具としてはうってつけなのかもな。

アクラとかアジスアベバとかホーン岬とか(笑)

とくにふりだしに戻るガッカリ都市だったところはトラウマだ。

まあ、今、世界一周双六ゲームをリメイクするとしたら、こういった立体化されたものになると想像。
でも、都市の選定はよりシビアになりそうだな。

なんせ世界一周双六ゲームが放送された30年以上前でも冷戦時の世界情勢や民族対立を考慮し、番組スタッフらも相当慎重だったとWikiに書いているし。

扱いが悪いと、その国の大使館から抗議が・・・・・

なんて大人の想像をすると嫌だ・・・・・orz

でも、こういったゲームで世界に目を向ける事も大切なのです、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

カメと刑事ドラマ

「刑事」になって立てこもり事件解決 オトナの本気の「ごっこ遊び」が本格的

・まずあだ名を付ける所から始まる。
・走る、ひたすら走る。
・殉職シーンが最大の見せ場

って、昭和の刑事ごっこかよ?

じゃあ
・所轄と本庁の対立
・本庁に振り回される現場の刑事
・事件は会議室で起こっているんじゃない、現場で起こっているんだ!!

これもなー。
生みの親の一人が某湾岸テレビの社長、辞めさせられたしねー。

やっぱ、これだな
・はぁい?
・行きましょう亀山君。
・特命係の亀山ぁ~。

これもこれで古いんだけどね。
あ”上の某湾岸テレビの社長と苗字が・・・・・

で、やっぱ鉄としては、これをやりたいわけですよ。
・特急〇〇は〇〇を〇〇時に発車し、〇〇、〇〇を経て、終着駅の〇〇には〇〇時につく。○○時間の長旅である。
・カメさん我々も、その〇〇という列車に乗ってみようではないか。
・山村紅葉は必須!!。

結論:刑事ドラマにはカメがよく絡む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

モノクロ動画がカラーに!?

AIが彩色した映像、NHKが放送 昭和の白黒番組をカラーに

モノクロ時代の番組がカラーで観れると思うと胸熱・・・・・

あ、この時代はまだ、ビデオテープが普及していないんだったわ!!
あっても上書き、上書きの時代。

ごくまれに個人で所有している。
あるいはフィルムに焼いたものが残っている程度なんだよね。

いくらAI彩色技術があっても、元の映像がないと。
せいぜい昔のニュース映像に色を付けてより、昔に対してリアル感を出すぐらいかなぁ。
あるいは、映像の世紀 をカラー化してみるとかね。

昔のモノクロ映画のカラー化も面白そうだが、モノクロで撮影されることを前提に美術とか作ってそうだしね。
カラーにしてみたら、かえってしょぼくなってしまうケースもあるかも。

フィルムに焼いた映像をテレビ並みに鮮明に表示させる。
あるいは映像がなくてもAIが、音や情報を頼りに映像を再現する。

そんな時代が来たら・・・・・ それはそれで、怖いかも(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

鉄チャンネル

AbemaTVが「鉄チャンネル」を新設 鉄道や工場など“鉄”に関連するコアな番組を放送

たしかAbemaTVはテレ朝資本が入っているからタモリ倶楽部の鉄道回も放送されるのかな?

でもねー・・・・・

ネットの素人の作った動画の方がクオリティ高い説。

確かに技術的、映像的な部分はプロの仕事にはかなわないが

構成、演出などは、それを遥かに上回っている。

映像的に貧弱な部分を細かく取材された構成や、絶妙なセンスの演出、選曲で補っている感があるね。

だからこそ、迷列車で行こうシリーズみたいな名作動画も生まれているわけで。

魔改造、魔改造のテーマ(ダースベイダーのテーマのボサノバVer)は知る人ぞ知る単語になってしまっている。

真面目に鉄に関する番組を作るのも良いが、こういうウイットに溢れる番組鉄チャンネルには期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

これはジョーズに対して失礼!!

内容はさておき「超予算オーバーな映画」13選

いや、この映画の中にジョーズを入れるのは、あまりにも失礼でしょう。

確かにさ、当時は、駆け出しぽっと出のスピルバーグが撮ったとはいえ
大幅に撮影期間、予算オーバーしたとはいえ

それを補うには余りあるリターンがユニバーサルには入ってきたんじゃね?

ただ1941でコケた後は、流石に反省してスケジュール厳守、予算厳守の監督になったみたいだが。
(レイダース撮るときに、それらのノウハウを盟友のジョージ・ルーカスから教えてもらったらしい)

しかし記事の中にある上手く動かなかったアニマトロニクスのサメ・・・・・

どこかで聞いた単語が出てきたと思ったら、あのディズニーランドのジャングルクルーズやカリブの海賊とかに出てくる動物や海賊で使われいる技術が使われていたのか。
当時でも最新鋭の技術を使って映画が撮影されていたわけか。

となると・・・・・

ファイナルファンタジーもスーパーマリオ 魔界帝国の女神も当時の最新鋭の技術が使われていたはずだが・・・・・

やっぱ技術に脚本、演出が追い付いていなかったわけね。

あのテレビゲームの中のスーパーマリオが、ファイナルファンタジー

映画になる!!

というインパクトだけではエンターテイメントとしては成立しないわけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

サイコロの旅復活へのフラグ?

「北海道サイコロキャラメル」から「水曜どうでしょう」とのコラボ商品登場! サイコロの旅ごっこに使いたい

てか、実はもうコッソリ使ってるんじゃね?

「水曜どうでしょう」、新作の撮影スタートか 公式サイトでどうでしょう軍団「行ってきます。」

このタイミングで、サイコロキャラメル発売となれば、あの企画しかないでしょう(笑)

30代だったミスターが、藤やんが、うれしーが。
20代だった大泉さんが。

あの企画に挑む。(笑)

ただ、流石に国内でやると、皆さんスターだからなぁ。
SNSでバレる可能性が・・・・・

となると・・・・・

海外!?

例えば海外にも深夜バスは走っているわけだし。
ななら水曜どうでしょうのおかげでHTBも新社屋が建ったわけだから、国際線使ってサイコロの旅するのもありじゃね?

この北海道サイコロキャラメルの再発売は、サイコロの旅フラグ復活に期待したい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

帰ってきたデブゴン!!

サモ・ハン20年ぶりの監督・主演作「おじいちゃんはデブゴン」5月公開! タイトル秘話を広報に聞いた

サモ・ハン、ジャッキー、ユンピョウ

香港アクション映画のビッグ3と言われていた時代もありました。
もう30年前だもんな。

その3人が今も健在なのがなにより。

ブルースリーが築き上げたカンフー映画の礎に、マイケル・ホイMr.BOO!で築き上げたコメディ映画
その2要素をミックスしたのが、サモ・ハンデブゴンシリーズであったり、ジャッキーの映画であったりするからなぁ。

サモ・ハンの場合は、あの風貌もよりインパクト、笑いの落差を生み出す大きなメリットになっているし。
てか香港中国戲劇研究學院における子役エリート集団の七小福時代はリーダー格だったし、プロデューサーとしても才能あふれる人でもあるしね。

これからも、今少し元気がない香港映画に活力を与えてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

貪欲な香港映画は戻ってくるのか?

霊幻道士リスペクトの香港コメディー・ホラー『ヴァンパイア・クリーンアップ・デパートメント』予告編

吸血鬼にコメディに女幽霊とのロマンス。

見事に霊幻道士リスペクトが感じられる!!

いやいや、こういうツボを押さえるって事は大切ですよ。
エンタメ映画は人を楽しませてナンボですから。

やたら芸術性に拘る中二病評論家の意見なんて無視して良し!!

こういう貪欲さが無くなってしまったのが、まあ香港映画が微妙になってしまった理由でもあるのかもね。
良くも悪くも昔の香港映画ってギラギラしたものがあったしね。

西側体勢ってものがそうさせたのか、あるいは熱気あふれる香港って土地柄がそうさせたのかは知らんが。
今の香港映画は良くも悪くも洗練されてしまった・・・・・

キョンシーもそうだけど、ジャッキー・チェンもそうだし、燃えよデブゴンもそうだし、ミスター・ブーもそうだし昔の香港映画は熱かった。
ゴールデンハーベスト社の映画が一世風靡を飾ってた1980年代。

ああいう香港映画の時代は、また戻ってくるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

シリーズ物の悲しき宿命!?

「巨神」キングコングの進化の変遷(1933年~2017年)

ゴジラは間違いなくこの映画の影響受けているよね。
主役がコマ撮りと、着ぐるみの違いがあるが。

どちらの映画もモノクロ映画である事が、特撮のシーンをうまく誤魔化している。
それを差し引いても、当時の人は最新の技術で撮られた映画を見たわけだから、ぶったまげたんじゃね?

しかし、ゴジラもキングコングも続編を作るために察し・・・・・てな内容になるのは何故なんだろう?(´・ω・`)

撮影技術も上がっていると思うんだが。

でも、怪獣映画の本質はパニック映画だと思うんだよなぁ。

もし、現実の世の中にあり得ない怪獣が現れたら?

それを軸に脚本作れば良いのだが

子供受け、女性向け、マンネリ回避

を狙った結果

敵役の別モンスター登場、ラブロマンス要素、あり得ない対モンスター兵器登場

萎える結果となる。(w

いや、それをやるなら徹底的にやればいいんだけど中途半端にやってしまうからね。

でも、興行成績良いからプログラムピクチャーで続編作ってと言われれば、悲しきかなそうなっちゃうか・・・・・(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧