2018年5月19日 (土)

未来の貨幣経済は・・・・・

オーストラリア、2019年7月から82万円以上は現金決済禁止に

マネーロンダリングを阻止する為の目的かな?
まあ、現金決済禁止にするとお金の流れが透明化されてしまうからな。

高額紙幣を廃止すれば、現金決済は不便になり、よりキャッシュレスに進むと思いきや、実際にインドなんかはそういう方向になっているみたいだし。

現金決済の上限額を設定している国はEU諸国には多く存在しているってのも知らんかった!!
ユーロ導入したのに関係があるのかな?

でも、キャッシュレスが進むと、市場に流れる紙幣の数が減るわけだからな・・・・・
何を信用の担保にして取引する?って話だな。
金融機関の信用が崩壊したらえらいことになりそうな気が・・・・・

しかし、高額紙幣はリスクがあったり、現金のやり取りの透明化の為にキャッシュレスに。
小額貨幣も、やり取りが面倒だったりするので、これも電子マネーのキャシュレスに。

なんか1000円札、500円玉、100円玉、50円玉、10円玉以外はいらない世の中になりそうな気が・・・・・

1円玉、5円玉の流通量は電子マネーの影響で減っていると聞くしね。

しかし、それだけに決済システムに致命的欠陥が発生したら・・・・・

やっぱ金でも蓄えておくか!!
でも自宅に金を蓄えるわけにもいかんから、いつでも金と引き換えてくれる証明書を(やめぃ

いや、マジでTIME/タイム の世界観みたいな時代が来るかも・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

13日の金曜日ってどうな映画だったっけ?

13日に向けてウキウキ! 殺人鬼ジェイソンの「12日の木曜日」を描いた投稿が「かわいい」「笑った」と話題に

ちょっとした罰を執行する前のライガーみたいだな(w

しかし映画の13日の金曜日って原題の直訳なのかな?と思って調べてみたら直訳だった(w
(原題:FRIDAY THE 13TH)

てか、13日の金曜日、題名は知っているがストーリーをちゃんと話せる人、0人説。

不吉な日に、ジェイソンが蘇って大立ち回りする映画?

まあ、スプラッター映画だから多少、ストーリーが雑でもインパクトがあればなんとかなる説。(ぉぃ

って、あらすじ見てみると、まあ、ホラー映画あるある入れつつ、それなりに纏められているなぁ。
悲劇が憎しみに昇華してさらなる悲劇を生んだって感じで。
とても、13日に向けてウキウキ!ってな気分にはならんな(´・ω・`)

しかし、そのあと数多く作られる続編に関しては・・・・・
まあ、受ければ第二弾、第三段と映画化されるのはエンタテイメント映画の宿命か。
そして、第一作の設定がなかったことになっていく(w

この辺りは、ゴジラ映画に似ているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

心が無防備になった時に名言は生まれる

「ここを、キャンプ地とする」水曜どうでしょうの名言10選

うーん、思い入れあるのもあるからなぁ。

10個に選ぶなら個人的には以下の名言をOUT

時速十キロ⁉︎
こらハエのバカヤロー
おしりがランブータン
茶王!

代わりに以下の名言をINかな。

キミはトップガンにはなれないね…
トローリー!!オー!
夢を見たんだよ ケツの肉が取れる夢を
なんとかインチキできんのか

うーん、全体的にサイコロの旅関係の比重が高まったかな。

でも、どれも、極限状態でロケをしているどうでしょう班の魂の叫びに似たモノを感じるんだよな(w

流石に40代、50代を真っ只中のどうでしょう班には、もうああいった破天荒な旅は無理だろう・・・・・

と思いつつ、本当に最後の深夜バスの旅はやってほしいな(w

最近は完全個室の超デラックス深夜バスもあるわけだし。

しかし名言は狙って生まれない。
本当に、心が無防備になった状態の言葉が名言となる。

そんな気がするな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

月のゴミとオデッセイ

人類は月にどのぐらいの量の「ゴミ」を残してきたのか?

そのゴミで月で生息して王になっていた両さん(w

両さん月へ行くの巻

この話ですね(w

どういう話かというと

月にはダイヤモンド鉱脈があるという事で友人の水道橋博士が作ったロケットで月へ行く。
(ギャグマンガとはいえ無理があるぞ(w)

両さん、月で夢中になってダイヤモンドを掘る。

夢中になり過ぎで帰還する船に乗ろ損なってしまう。

一瞬慌てるが、気長に月で生活する事にする。

幸い、過去の月探査で人類が残しって言った機械や食料、酸素を発見して生活していくことに。
(ここで月のゴミのネタが絡んでくる。)

さらに、殺風景なんで、道路を作ったり、家を作ったりで月開発に乗り出す。

月に謎の建造物出来てるんで、各国が調査に乗り出す。

しかし、月の王と化した両津に捕まり宇宙船に乗せている酸素や食料を奪われ、探査に来た宇宙飛行士は強制労働させられる羽目に(w

その様子のニュースをテレビで見て
部長:あいつの心配をしても、ムダムダ、さっ仕事に戻ろう。

翌週の連載で、なにもなかったように地球に戻っている両さんが(w

しかし、オデッセイが公開される20年前以上に、ギャグとはいえこんなストーリー作っていたんだから・・・・・

秋本治、恐るべし!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

言葉の自由とは?

えっ、この言葉もダメなの?!あなたの知らない“放送禁止用語”の世界

まあ、殆どは自主規制なんだけどね。

けどね・・・・。

ネットの世界は自由だ!!

と言っているあなた!!

本気出したら規制を一番掛けやすいのネット説。

特定用語をNGに設定することなんて簡単だしねー。
グーグル八分って言葉が表すように、簡単に言葉に対してフィルターを掛ける事が可能。

もちろんネット民が、そういう行為に屈しないのも事実。
同音異義語利用して書き込むことの可能だし。

となると、そのうちAIとかが前後の文脈判断してフィルター掛けるようにするかもしれない。

それでも、縦読みとか、斜め読みとかで頑張るネット民

そして最後の手段・・・・・

ビッグデータとその他諸々のデータをAIが解析して、悪意のあると判断された人物をネットから完全パージ!!、一切アクセス不可・・・・・

まあ、やろうと思えば可能なわけで、そうなると一周回ってアナログに戻る事になるかも。

いずれにせよ

気に食わない言動は全て禁止(ただし指摘する側は除く)

なんて世の中にならないことを祈るばかりだ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

力技脱出ゲーム!?

ついにやりやがったな ドアをぶち破るという脱出ゲームのタブーを犯した「屈強な男の脱出」

頭を使う脱出ゲームじゃなく、体を使う脱出ゲームがあっても良いのでは?

様々な仕掛けを己の肉体一つで乗り越えていく・・・・・

これ、テレビ番組にしたら受けるんじゃね?

多くの参加者が集まって。

その内、肉体脱出ゲームに人生の全てを掛ける参加者が現れたりして。
自宅にアトラクションを再現するほどの強者で。
いつしか人は彼の事をミスター肉体脱出ゲームと呼ぶようになる・・・・・

(ゆずの栄光の架け橋をBGMに・・・・・)
俺には・・・、肉体脱出ゲームしかないんですよ

それなんて山田勝己?(ぉぃ

でも、面白くね?
本来、知恵を使って脱出するアトラクションを、壁を乗り越えたり、ドアをけ破ったり、セットを破壊したりなどの行為で脱出するのって?

脱出ゲーム、力技で脱出できる説。

山田勝己、曙、中西学

この3人辺りで説の検証してほしいな(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

ザ・ベストテン!一回4000円

ザ・ぼんちが漫才ブーム当時の薄給を告白! 「テレビ一本5400円」「『ザ・ベストテン』は4000円」

東野

「いいとも!一回3万円」

以来の衝撃だな(ぉぃ

「ザ・ベストテン!一回4000円」

ちなみに手元の資料ではザ・ぼんちが歌う恋のぼんちシートザ・ベストテン7週ランクインしているわけだが、4000円×728000円ギャラ獲得って事か。

知名度向上はプライスレス・・・・・

ちなみにこの頃のザ・ベストテン視聴率30%以上は当たり前。
30%切ると、「演出に問題はあったのでは?」緊急会議が招集されるほどのお化け番組だったしねー。

ただ、ザ・ベストテンに出ることによって、当時のレコード売り上げのプロモーションにどれだけ効果があったかは謎。

まあ、ブレイクしかかっている曲がザ・ベストテンにランクインして出演することで更に新規ファンを増やしてレコード売り上げ向上につながる。
あるいは、次の曲でブレイクしてレコード売り上げ向上につながるって事はあったんじゃないかと。

営業などのギャラも箔が付いただろうしね。

もちろん、一発屋で終わる歌手もいただろうが。

何気にザ・ベストテン放送開始から40年

ギャラが1回4000円だったとは!!(w
(まあケース・バイ・ケースだろうが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

シン・ゴジラ使徒説。

シン・ゴジラ第二形態の「ケチャップノズル」がリアルすぎる! ワンフェスで限定数販売される模様

やめい!!

でも蒲田くんってグロいけど愛されているなぁ。

あの、何とも言えない死んだ目がそうさせているのか?

しかし動画を見ると、矢口プラン、ヤシオリ作戦なみの一大プロジェクト

動画だけみると、エヴァンゲリオンっぽくも見えなくなが・・・・・

いや庵野が手掛けてるからそうなるんだけど・・・・・

蒲田くん使徒説。

まさかね。

でも、確かに使徒に通じるものがある。

シン・ゴジラの第5形態なんてまさに使徒だし。

となると第5形態のシン・ゴジラが活動し始めたらどうする・・・・・

汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオンを始動させて・・・・・

でも、考えてみると、毎回襲ってくる使徒を巨大ロボットで倒すプロットってある意味、ウルトラマンだよね。

そう考えると、庵野がシン・ゴジラを手掛けたのは必然だったのだろうか?

庵野によるジラースを倒すウルトラマンが見てみたい(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

ジャッキー・チェンこそが世界三大喜劇王の正当な後継者?

ジャッキー・チェンこそが世界三大喜劇王の正当な後継者である理由

まあ30年前ならそう言えたかもしれないが、今のジャッキー・チェン世界三大喜劇王の正当な後継者であるといえば・・・・・

てかプロジェクトA1983年公開の映画だし。
って下手すりゃ35年前じゃん。

カンフー映画、アクション映画コメディ映画素敵な融合って感じがしないでもないが、香港のコメディ映画に関しては、やはりMr.Boo!ミスター・ブーの成功が大きかったんじゃないかと。

良くも悪くも中国返還前のエネルギッシュな部分が濃縮されている痛快エンタテイメント。
そこで培ったコメディ演出のノウハウが、80年代の香港映画で遺憾なく生かされた感があるなぁ。

もちろん、ジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポースタント技術に負うところも大きいが。

日本じゃなぜか、この手のアクションコメディ映画って少ないような気が・・・・・
大体は人情喜劇映画になりがち。
日本の殺陣アクションの技術でも、コメディ映画は作れると思うんだけどなぁ。

強いて言えば、黒澤映画(七人の侍)とかでコメディシーン入れたりなんかしているが、本筋ではないしね。

ぱっと思いつくのは、超高速!参勤交代シリーズぐらいかな。

あれは見事に時代劇とアクションとコメディが旨く噛み合った痛快な娯楽映画だった。

邦画こういう作品が増えてくれが盛り上がるのだが・・・・・

基本、

真面目か!!

って映画が多すぎる・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

カネゴン

ウルトラ怪獣の「カネゴン」クッション発売 お口はチャックできるのでお金も入れられる!

原寸大がでかいから、流石に財布として使うのは無理か(w
でも、カネゴンってどう考えても、がま口がモデル・・・・・

といってもがま口って言葉、まだ通用するのかな?

あと、ウルトラ怪獣名乗っているから、ウルトラマンシリーズに出ていると思いきや、ウルトラ兄弟と戦ったことはなかったりする。

もともとウルトラQに出てくる怪獣。

金の亡者の少年が姿を変えて怪獣に・・・・・

ってところが、後の世にも奇妙な物語みたいなSFチックな印象をもたせる。

どっちにせよ、ウルトラ怪獣の中では、ピグモンとならんで二大癒し系ウルトラ怪獣であることにはかわりない。

スピンオフされたギャグ漫画とかでも、いじめられ役ってのが定番だしねー。

でも、カネゴン金の力で地球を支配してウルトラ兄弟を追い詰めようとするストーリーは、それはそれで面白そう。

最後は、金を使い果たし、金の切れ目が円の切れ目で味方が誰もいなくなり、敗北。

どうよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧