2021年4月16日 (金)

煮えたぎる液体にサーバーを沈める話(なぜかネタバレ注意)

煮えたぎる液体にサーバーを沈めて冷却するMicrosoftのデータセンター

どういう事?
煮えたぎる液体にサーバーを沈めるって・・・・・・

ターミネーター2のラストを思い出す(w

I'll be back

と言いながら煮えたぎった溶鉱炉に・・・・・・

そういやターミネータの物語の誕生の発端自我を持ったスカイネットの暴走だったよなぁ。
自我を持ったスカイネットってインターネットとAI技術のあわせ技みたいなもんだから・・・・・

やっぱサーバーを煮えたぎった溶鉱炉に
(ってなぜ溶鉱炉にこだわる)

まあ沸点が低い液体使って気化熱でサーバーの熱を冷やしましょうってことなんだろうけど。
しかし液体を媒介して機器を冷やすのではなく、チップに直接液体を接触させて冷やすのか・・・・・

溶液につけられたサーバー類なんて・・・・・・
まさにSF映画で見るような光景だなぁ。

しかしそんな溶液だった蒸発すれば、また液体の状態に戻すには相当のエネルギーが必要な気がするのだが。

うまく、循環利用することができるのだろうか?

| | コメント (0)

2021年4月15日 (木)

消えたぼうけんのしょは帰ってこない・・・・・

「すぐにバックアップ取って」と周りが懇願!YOASOBI・Ayase ヒット曲を生み出すパソコンのバックアップを1つも取っていないと衝撃告白

さすがにクラウドサーバーに保存しているような気が・・・・・
と言いつつ、ローカルドライブにデータ保存しているだけだったりして。

まあ、原盤マスターデータはレコード会社にありそうな気もしないではないが。
原盤マスターデータになる前の元データは、パソコンのローカルドライブに保存されているだけなのかもしれないなぁ。

しかし、バックアップを取るって、そんな難しい行為じゃないような気もするけどなぁ。
ファイルをコピーするだけだしね。
データ量さえ少なければ。

多ければ、大変だけどね。

あとは、めんどくさい(ぉぃ

でも、データが消えてからバックアップの大切さに気付く・・・・・

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

MGMのオープニングといえば・・・・・

あのオープニングロゴがリニューアル、どこが変わったかわかります?

MGMのオープニングロゴは小さい時、ガチで怖くて泣いていたからなぁ(w
もうね、ライオンが吠えるオープニングなんて・・・・・

4歳児ごろの俺にとっては恐怖以外の何物でもない(w

トムとジェリーのアニメを見る時の第一関門がこれだったな(ぉぃ
泣きじゃくって怖がりながらMGMのライオンの吠えるオープニングロゴを見てトムとジェリーを見るという。

子供心に、なんでアニメに、こんな怖いライオンのシーンを最初に入れないといけないんだ!!

憤っていたが(w

まあね、大事なプロテクトコピーだからね。

今回のリニューアルでライオンが実写からCGに変わったそうだが・・・・・

 

 

本物と見分けがつかん・・・・・
うーん、CGってここまで進歩しちゃったのか。

そのうち、人間とかもリアルなCGで描かれる時代がくるのだろうか?

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

ちゃんと対価を払う重要性

スマートテレビの広告が「あまりにもひどい」という指摘、広告から逃れる裏技はあるのか?

課金する!!
ちゃんと対価を払う。

その一言に尽きる。
結局、なんでもタダで観ようとするからそうなる。

タダで観たい、でも広告はイヤ。

ってのは、まあねぇ、自己中心的と言われても仕方がない。

とはいうものの、広告を出している企業の主張が強すぎで、コンテンツに対してあまりにも制限かかかりすぎるのもなぁ。

例えば、広告は出すけどコンテンツの内容に関しては口は出さないよ。
的な広告契約があってもいいような気がするなぁ。

ラジオのオールナイトニッポンとかそうらしいね。
だから、あの番組のスポンサー読み上げは”各社の提供で”じゃなく”各社の協賛で”という形になっている。
久々に一部を聞いたけど、すごいスポンサー数減っていたけどね。
昔は十社以上あったからなぁ。

まあ、広告費は経費だからね。
利益を税金で持っていかれるぐらいなら、広告費に回してしまえ。
それで、様々なエンタメやサービスを提供できるなら一石二鳥的発想。

広告を経費と認めず税金にしますか?
でも、広告費が税金になったとして、それらのおカネが、様々なエンタメやサービスに回ってくるようになるか?といえば・・・・・謎。
さらに言えば、広告費がなくなった分、ちゃんとその分の経費が消費者に還元されるシステムになるか?といえば・・・・・・

結局、カネは天下の周り物。

なんでもタタで!!

なんて言っている間は、景気は良くならん。

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

ジオラマに欠かせない三感

「お母さん猫が寝ているので、列車は運休です」 超リアルなジオラマで寝る元保護猫たちがゴジラ並の大迫力

ゴジラというか、モスラとかラドンとか、昭和の東宝特撮怪獣映画を思わせる。
もちろんサイズは東宝スコープで。

怪獣が鉄道を襲撃するといえば、ゴジラよりもラドン西鉄福岡(天神)駅襲撃の方がしっくりくるかなぁ。

こういう巨大猫が大都会を襲うパニック映画ってありだと思うのだが。
人々の生活が巨大猫によって脅かされる。
でも、どこか可愛いから、下手に攻撃できない(w

まあ、たぶん大量のマタタビでなんとかするエンドなんだろうけどね。

しかし鉄道ジオラマって、妙な質感あるなぁ。
ドラえもん32巻に収録されている超リアル・ジオラマ作戦スネ吉兄さん(てか、あれは実際はFが語っているようなものだが)が語っている三感(質感、量感、距離感)をすべて満たしているなぁ。

そして

実物大プラモを使えば

という身もふたもないパワープレイをあっさり提案しちゃう、青狸(w

まあ、実際は、青狸予算不足で、のび太が自分の頭で考えて・・・・・
大事な事なので、もう一度言います。

のび太が自分の頭で考えて

手持ちのプラモを汚してミニチュアカメラセットを作りスモールライトを使って小さくなってスネ夫をあっと言わせるジオラマ写真を撮ったんだけどね。

こういう、ひみつ道具の使い方だけは、なぜか上手い←のび太
でも、自分で汚しをしてプラモに質感を出したのは、もっと評価されていい。

そして、無理して実物大プラモを買ったのにママに置き場所がない!!と怒られる青狸・・・・・

 

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

フタはこの目で確認したい?

日清「工場入口の屋根はカップヌードルのフタです」 → 原材料まで全部書かれた激すごデザインだった

この記事を見ると、伊丹空港の近くにあったチチヤスヨーグルトの容器を模した巨大看板を思い出す。
で、ナイトスクープ「製造年月日はフタに記載」と書いてあるが、看板のフタの賞味期限がいつなのか見たいとの調査依頼のネタ。

まあ、ナイトスクープの中でも1、2を争う爆笑ネタだし、DVDでも観れるし、あえて詳細は書かないが・・・・・

これぞ関西のアホ文化の象徴というか(w

もうベタベタなんだけど、わりといろんなことに応用が効く構成だと思うんだよなぁ。
結論はわかっている。
けど、その結論に至るまでに、どれだけ周り道をして楽しませることができるか?

しかし日清の工場の場合はフタはあるけど、容器がない
うまく工場玄関の庇部分のデザインにカップヌードルのフタのデザインを取り入れた感じだなぁ。

でもGoogleマップの航空写真では、フタデザインの部分が白く塗りつぶされていますとの事。

うーん、このカップヌードルのフタを肉眼で見るのはわりかし貴重な体験かもなぁ。
工場の屋上部分から覗いて見れるか?
はちょっと角度的に厳しそうだしね。

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

立体映像は未来の夢だったのだが・・・・・

リコー、裸眼で全方位から見られる立体映像装置を開発 22年度の実用化目指す

立体映像の普及って思っている以上に進んでいないイメージだなぁ。
一時、3Dテレビが話題になったが。

家電店とかでも、盛んにディスプレイされていたが。

こんな記事が・・・・・

3Dテレビがひっそりと生産終了 普及しなかった3つの理由

しかも4年前の記事・・・・・

本当にひっそりと終ってたんだが。
でも記事を見る限りでは、3Dテレビの生産終了とともに、開発や生産のリソースを4K、8KテレビVRに向けたって感じがしない。

いずれにせよ、やっぱりコンテンツかなぁ。
スタジアムを360度見渡せるとか、プレイヤー目線の映像とか、そういうのは需要ありそうな気がするが←3Dテレビ
ただ、3Dにするということは、それだけ送受信する情報量が増えるという事だからなぁ。

どれだけ効率的に多くの情報を信号に変換して送れるか?
あと、受信して、その大情報を迅速に処理して3D画像に変換できるか?
カギになりそうだなぁ。

現状は映像を立体に見せるよりも、より高画質に見せることに需要があるという事か。

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

配信か?、放送か?

テレビ番組のネット同時配信権利手続きを簡素化 著作権法改正案を閣議決定

まあ10年早ければ・・・・・
という気はしないでもないが、話が進み始めると早いのもこの国の特徴。(´・ω・`)

問題は追っかけ配信見逃し配信でも耐えれうる番組がどれだけあるか?といえば・・・・・
作りこまれたドラマとかぐらいしかないような気がするなぁ。

追っかけ配信見逃し配信どういうポジションに扱うか?
が肝になってくると思うなぁ。

たとえば、ドラマとかだと、ストーリーに連続性があると途中から見だすと話についていけない
だからここ数年は一話完結の話になるケースが多かったが、追っかけ配信、見逃し配信で補完してリアルタイム視聴に誘導するようにして、連続性があるドラマの復権を図るとかね。

バラエティでも、ドキュメント性の高い企画や、リアリティショーなんかは、追っかけ配信見逃し配信で補完してリアルタイム視聴に誘導するという方法が使えそうだな。

いずれにせよ配信という視聴方法をリアルタイム視聴の補完として考えるか?
あるいは、配信視聴を主軸に考えるか?

でも配信視聴だと双方向の通信が前提だからなぁ。
だったら、放送という形態で番組を提供した方が通信の負荷は少ないと思うのだが。

たとえば特定の時間帯に放送という形で番組データを送信して、それをテレビやモバイル端末にプールして、あとから見るという方法もありだと思うんだけどね。

放送の受信に失敗しちゃうと番組が見れないというリスクがあるが。

放送と通信の使い分けは、もうちょっと真剣に考えた方が良いかも。
サーバーだって大量の電力を食うんだから、間接的だが相当の二酸化炭素を排出しているという現実。

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

映画館ノスタルジー

ノスタルジーが止まらない! 超精巧な「閉館した映画館のジオラマ」に思い出を刺激される人続出

最近はシネコンがメインになってしまったが。
自分の住んている神戸市垂水区にも昔、映画館があったんだよねー。
ジャスコの南っかわに。

貼られていたポスターから推測するに大人向けの作品しか上映してなかった記憶が・・・・・

で、ここのサイトで調べてみると、昔、垂水区には5件も映画館があったとは。

消えた映画館の記憶

いや、全然、知らないなぁ。

一番下に載っている垂水三和劇場が、ジャスコの南側にあった映画館だが。
やっぱりテレビはが普及する前は、映画館が貴重な映像を楽しめる娯楽施設だったことが伺える。
新聞の映画案内も、昔は結構な数の映画館の数が載っていたのだが、今はもう風前の灯火だしなぁ・・・・・

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

アオラレ

ラッセル・クロウが怖ッ! 狂気の“あおり運転”描くスリラー『アオラレ』予告編解禁[ホラー通信]

“あおり運転”描くスリラーって・・・・・
スピルバークのデビュー作である激突!って映画があってだな・・・・・

と思ったら、煽られる方じゃなく、煽るほう視点の作品か。
悪役視点の作品になるのは、ちょっと興味そそるなぁ。

しかし、アオラレという邦題の付け方が上手いな。

ちなみに原題はUnhinged
不安定、狂気または精神異常により影響を受ける
だそうな。

上手く日本でも問題になっている社会現象に乗っかったタイトルをつけることができたって感じだなぁ。
こういう、洋画の和訳タイトルをつけるのは、なかなかセンスのいる仕事だからなぁ。

直訳しちゃうと、面白さに欠けるどころが、意味が分からなくなってしまうことあるし。
かといって、原題のままだと、よく使われる英単語なら、まだ作品のイメージが伝わるが、そうでもない英単語だと、イメージが微妙になっちゃうからなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧