2017年8月11日 (金)

運び屋が活躍するのはファンタジー、フィクションの世界。

委託された荷物を運ぶことで利益を得たり格安で海外に行けたりする「運び屋」はアリなのか?

映画のネタとしてはともかく、ノンフィクションじゃ完全にアウトだろう!!

いや、知らなかったですまされない。

知らない内に危ない薬の運び屋やらされて外国の税関で見つかって死刑とかいうケースもあるから。

でもフィクションで運び屋って格好の舞台になりそうなんだよなぁ。

って、調べたらトランスポーターって映画があったね。

レオンTAXi手がけたリュック・ベッソンが監督している映画。

自分の仕事に対して「契約厳守」「(依頼者の)名前は聞かない」「依頼品を開けない」の3つのルールを掲げている所にプロフェッショナルを感じる(笑)

いや、スピンオフでプロフェッショナル 仕事の流儀で取り上げてほしい(ぇ

でも、運び屋が活躍するのはファンタジー、フィクションの世界。
素人はマネしちゃいけない。

運び屋やったら海外旅行のコスパが良いとか言っちゃう奴は・・・・・

プロフェッショナルの厳しさを味わいやがれ(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

スイカは強い!!

道路脇にニョキッと生えた“ど根性スイカ”に「植物の生命力」「力強い」の声 

そういや、スイカの種を飲み込むと、お腹からスイカが生えてくる・・・・・

なんと噂があったが、生命力の強さを比喩しているのかもしれない。

場所を選ばず、どこでも育つだけの生命力があるって事か・・・・・

このままデカくなって出荷される・・・・・

なんてことを期待したが、2017年8月6日に無くなってしまったとの事。

でもさ、これだけ生命力が強かったら・・・・・
食べて捨てたスイカの種が、育っていき、町中を埋めつくすというパニックホラーが出来そうな気が(w
養分は、もちろんスイカを食べた人間・・・・・(ぉぃぉぃ

でも、俺らの世代には加トちゃんケンちゃんごきげんテレビで、スイカ男というパニックホラーコメディコントを見せつけられたからなぁ(w

あれは、トラウマです(w

特に弱点である天かすでスイカ男になった志村を倒すシーンが・・・・・

たしかレンタルDVDで借りれたはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

誰得フィギュア!?

発狂して村人32人を殺戮しまくる「八つ墓村」多治見要蔵を立体フィギュアfigma化、まさに「祟りじゃ~っ! 八つ墓の祟りじゃ~っ!」

やめい(w

まあ、嫌いじゃないがカネがあっても買わない。

いや、このフィギュアが動き出したら・・・・・

ホラーだし(w

たしかに記事の中の一体どこの年齢層を狙っているのでしょうか……というコメントには同意せざるを得ない(w

figmaに持たせる武器はいろいろなものが既にあるので、「フルアーマー多治見要蔵」みたいなこともできるはずです。 って・・・・・

モビルスーツみたいに言うな!!

ZZガンダムみたいに言うな!!

まあ以前にも触れたが渥美清Verの八つ墓村石坂浩二Verの金田一耕助シリーズ以上にホラー、スプラッター映画要素がかなり強いからな。
その一方で、時代設定を昭和50年代にして古き良き消えゆく日本の故郷の光景を美しく描いている。
ここら辺は、流石松竹映画、いわゆる大船調の香りがするんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

黒い人=犯人という概念は破れないものか?

コナンの「犯人変身コスチューム」登場 不敵な表情のマスクと全身タイツで誰でも“黒いあいつ”に

“黒いあいつ”というとガキ使の鬼ごっこを鬼を連想してしまうな。(w
あの不敵な表情でプレイヤー捕まえて罰ゲームを執行すると思うと・・・・・

まあ、ガキ使=罰ゲーム=黒い人ってイメージ強いからなぁ。

極めつけが

ガッデム!!アイアム蝶野!!

あの手この手を変えて、毎回、方正にビンタを見舞うのはお笑いの除夜の鐘化しているしね。

そういやコナンに方正である事が指摘され蝶野がビンタした回もあったな。

しかし、なぜ犯人=黒い人なのか?
まあ影で人が見えないから黒い人になるんだろうけど。

でも白い人が犯人であってもいいんではないか?

その方がフェイントになるし面白いと思うのだが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

横溝正史作品映画、地上波でもう放送できない説

ファンの仕業だな! 犬神家「両足だけ水面から突き出した変死体」のロケ地、いつの間にかGoogleマップに登録

あのビジュアルイメージを考えた人はやっぱ天才だな。
市川崑になるのかな?

あとは佐清のゴムマスク

ビニール袋や紙袋被って「佐清さん、佐清さん」というモノボケが出来るからなぁ(ぉぃ

ただ市川崑が撮った犬神家の一族ってサスペンス映画の要素もあるがスプラッター映画の要素も多い。
なにより石坂浩二のリアクションが良いんだよなぁ(w

そりゃ全員集合のコントで志村がパロディにするわけだ。

スプラッター映画の要素は渥美清&萩原健一の八つ墓村になるとさらに強くなる。
てかホラー映画の要素もかなり入ってくる。

てかサスペンス部分に関してはどうでもいいようになってる件について(w

まあ、どっちも今の地上波じゃ完全に放送NGのBPO案件でしょうな。←犬神家の一族&八つ墓村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

世界の都市名はゲームで覚えた

スゴロクが立体化で世界レベルになった「地球まるごとすごろく」

真っ先に世界一周双六ゲームを思い出した。

たしかに世界一周双六ゲームで世界の都市を覚えたから「地球まるごとすごろく」も、世界の都市を覚える学習玩具としてはうってつけなのかもな。

アクラとかアジスアベバとかホーン岬とか(笑)

とくにふりだしに戻るガッカリ都市だったところはトラウマだ。

まあ、今、世界一周双六ゲームをリメイクするとしたら、こういった立体化されたものになると想像。
でも、都市の選定はよりシビアになりそうだな。

なんせ世界一周双六ゲームが放送された30年以上前でも冷戦時の世界情勢や民族対立を考慮し、番組スタッフらも相当慎重だったとWikiに書いているし。

扱いが悪いと、その国の大使館から抗議が・・・・・

なんて大人の想像をすると嫌だ・・・・・orz

でも、こういったゲームで世界に目を向ける事も大切なのです、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

カメと刑事ドラマ

「刑事」になって立てこもり事件解決 オトナの本気の「ごっこ遊び」が本格的

・まずあだ名を付ける所から始まる。
・走る、ひたすら走る。
・殉職シーンが最大の見せ場

って、昭和の刑事ごっこかよ?

じゃあ
・所轄と本庁の対立
・本庁に振り回される現場の刑事
・事件は会議室で起こっているんじゃない、現場で起こっているんだ!!

これもなー。
生みの親の一人が某湾岸テレビの社長、辞めさせられたしねー。

やっぱ、これだな
・はぁい?
・行きましょう亀山君。
・特命係の亀山ぁ~。

これもこれで古いんだけどね。
あ”上の某湾岸テレビの社長と苗字が・・・・・

で、やっぱ鉄としては、これをやりたいわけですよ。
・特急〇〇は〇〇を〇〇時に発車し、〇〇、〇〇を経て、終着駅の〇〇には〇〇時につく。○○時間の長旅である。
・カメさん我々も、その〇〇という列車に乗ってみようではないか。
・山村紅葉は必須!!。

結論:刑事ドラマにはカメがよく絡む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

モノクロ動画がカラーに!?

AIが彩色した映像、NHKが放送 昭和の白黒番組をカラーに

モノクロ時代の番組がカラーで観れると思うと胸熱・・・・・

あ、この時代はまだ、ビデオテープが普及していないんだったわ!!
あっても上書き、上書きの時代。

ごくまれに個人で所有している。
あるいはフィルムに焼いたものが残っている程度なんだよね。

いくらAI彩色技術があっても、元の映像がないと。
せいぜい昔のニュース映像に色を付けてより、昔に対してリアル感を出すぐらいかなぁ。
あるいは、映像の世紀 をカラー化してみるとかね。

昔のモノクロ映画のカラー化も面白そうだが、モノクロで撮影されることを前提に美術とか作ってそうだしね。
カラーにしてみたら、かえってしょぼくなってしまうケースもあるかも。

フィルムに焼いた映像をテレビ並みに鮮明に表示させる。
あるいは映像がなくてもAIが、音や情報を頼りに映像を再現する。

そんな時代が来たら・・・・・ それはそれで、怖いかも(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

鉄チャンネル

AbemaTVが「鉄チャンネル」を新設 鉄道や工場など“鉄”に関連するコアな番組を放送

たしかAbemaTVはテレ朝資本が入っているからタモリ倶楽部の鉄道回も放送されるのかな?

でもねー・・・・・

ネットの素人の作った動画の方がクオリティ高い説。

確かに技術的、映像的な部分はプロの仕事にはかなわないが

構成、演出などは、それを遥かに上回っている。

映像的に貧弱な部分を細かく取材された構成や、絶妙なセンスの演出、選曲で補っている感があるね。

だからこそ、迷列車で行こうシリーズみたいな名作動画も生まれているわけで。

魔改造、魔改造のテーマ(ダースベイダーのテーマのボサノバVer)は知る人ぞ知る単語になってしまっている。

真面目に鉄に関する番組を作るのも良いが、こういうウイットに溢れる番組鉄チャンネルには期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

これはジョーズに対して失礼!!

内容はさておき「超予算オーバーな映画」13選

いや、この映画の中にジョーズを入れるのは、あまりにも失礼でしょう。

確かにさ、当時は、駆け出しぽっと出のスピルバーグが撮ったとはいえ
大幅に撮影期間、予算オーバーしたとはいえ

それを補うには余りあるリターンがユニバーサルには入ってきたんじゃね?

ただ1941でコケた後は、流石に反省してスケジュール厳守、予算厳守の監督になったみたいだが。
(レイダース撮るときに、それらのノウハウを盟友のジョージ・ルーカスから教えてもらったらしい)

しかし記事の中にある上手く動かなかったアニマトロニクスのサメ・・・・・

どこかで聞いた単語が出てきたと思ったら、あのディズニーランドのジャングルクルーズやカリブの海賊とかに出てくる動物や海賊で使われいる技術が使われていたのか。
当時でも最新鋭の技術を使って映画が撮影されていたわけか。

となると・・・・・

ファイナルファンタジーもスーパーマリオ 魔界帝国の女神も当時の最新鋭の技術が使われていたはずだが・・・・・

やっぱ技術に脚本、演出が追い付いていなかったわけね。

あのテレビゲームの中のスーパーマリオが、ファイナルファンタジー

映画になる!!

というインパクトだけではエンターテイメントとしては成立しないわけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧