2018年5月19日 (土)

未来の貨幣経済は・・・・・

オーストラリア、2019年7月から82万円以上は現金決済禁止に

マネーロンダリングを阻止する為の目的かな?
まあ、現金決済禁止にするとお金の流れが透明化されてしまうからな。

高額紙幣を廃止すれば、現金決済は不便になり、よりキャッシュレスに進むと思いきや、実際にインドなんかはそういう方向になっているみたいだし。

現金決済の上限額を設定している国はEU諸国には多く存在しているってのも知らんかった!!
ユーロ導入したのに関係があるのかな?

でも、キャッシュレスが進むと、市場に流れる紙幣の数が減るわけだからな・・・・・
何を信用の担保にして取引する?って話だな。
金融機関の信用が崩壊したらえらいことになりそうな気が・・・・・

しかし、高額紙幣はリスクがあったり、現金のやり取りの透明化の為にキャッシュレスに。
小額貨幣も、やり取りが面倒だったりするので、これも電子マネーのキャシュレスに。

なんか1000円札、500円玉、100円玉、50円玉、10円玉以外はいらない世の中になりそうな気が・・・・・

1円玉、5円玉の流通量は電子マネーの影響で減っていると聞くしね。

しかし、それだけに決済システムに致命的欠陥が発生したら・・・・・

やっぱ金でも蓄えておくか!!
でも自宅に金を蓄えるわけにもいかんから、いつでも金と引き換えてくれる証明書を(やめぃ

いや、マジでTIME/タイム の世界観みたいな時代が来るかも・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

浮かぶ原発!!

世界初・海に浮かぶ原子力発電所「アカデミック・ロモノーソフ」が完成

海に浮かぶって・・・・・

原子力のパワーでどこでも移動して、電力を供給する神出鬼没の超機動型原子力発電所を妄想してしまう(w

寄港地での反対運動も何のその。

フルパワーで電力を大量に供給しては、電力不足を起こしている地域を求めて旅を続ける。

俺達、原発野郎Aチーム!!

しかし浮体原子力発電所のメリットって・・・・・

やっぱ津波や地震?

って思ってWiki調べてみたら やっぱそうだった。

でもなー、離島沖合いに設置した場合、万一爆発しても本土にセシウムはかからない・・・・・

なんか短観的発想な気がするんだよなぁ。

放射能の恐怖さえなければ・・・・・
そういうリスクをなくせる研究が進めは、原発も問題ないんだろうけど、今は、言ってみれば悪魔の火を使って生活しているようなもんだからなぁ。

今さえ良ければ良いのか?
未来の事を考えて進んでいかなければ行けないのか?

うーん、良くも悪くも人類は時代が進むにつれ、より刹那的になっているような気が・・・・・
でも、それもある意味、自然の摂理か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

紙は凄い!!

まさかのトイレットペーパーでナイフを作ってみた → バナナが切れるほど鋭利な仕上がり

繊維の集まりを高圧圧縮かけたら、そりゃもう高度の高いものが出来るでしょう。
カーボンファイバーなんてそれに近いイメージかるし。

おまけに硬い上に軽い。

言うことないじゃないですか!!
さらに言えば、分解され自然に戻る。

うーん、エコロジーでもある。

プラスティックとかよりも、将来的はこっちが主流になったりして。
古紙を再生させて、こういった従来はプラスティックで使っていたものにリサイクルさせる。

使い捨ての食器とかフォークナイフなどは、そうなるんじゃないかな?

紙の繊維は意外と強かったりする。
防弾チョッキに使われていたり、札束をたまたま胸に入れていた為、銃弾が途中で止まったという話もあるし。

うーん、紙、パルプ産業は、これはまだまだ伸びしろがでかいかもしれん。

ビッグビジネスの予感!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

北前船は偉大!!

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史

戦争と関係しているのかな?
と思ったらそうでもなかった!!
広島が人口一位は日露戦争の影響だと推測してたのだが)

1872年=明治4~5年(多分、太陰暦から太陽暦に変わった影響)で、広島が人口が一位だとは。
当時の東京=江戸は、江戸詰めしていた各大名の武士が江戸を離れた時期でもあったからね。
武士層がごっそり故郷に帰って人口が減ってたと聞くし。

しかし一年も経たないうちに愛知県が日本一になる。
まあ、名古屋は江戸時代からの大都市だしね、

しかし、さらに翌年の1874年のランキングでは新潟県が一位に!!
北前船の重要拠点地だったとはいえ、ここで新潟が一気に浮上したのか。
3年後の1877年には石川県が一位に。
ここから1983年までは、北陸優勢の流れが続く。
ちなみに鉄道が出来る前までは、北前船は超重要な交通手段、かつ最重要交易航路でもあったから、金沢敦賀米子など寄港地として栄えた都市が多いのは言うまでもない。
あと浄土真宗の影響で口減らしが少なったのも影響したんだって。

しかし1884年には大阪府が人口一位に。
工業化、産業革命の流れは、日本海の北前船航路よりも、鉄道などがが走り、太平洋を望む東海道の方が有利だったという事か?

その後は、大阪府の分割(これで奈良県ができた)などもあり、新潟県が一位に返り咲いた年もあったが、結局は1897年東京府が1位になる事に。

以後、先の大戦後の過渡期の1945年北海道が1位になったこともあったが(疎開先などに選ばれた影響)、今日までおいて東京が首位の座を守り、日本の人口の大半が太平洋側に偏るという構図が続いている。

日本海側は北前船の衰退と、工業化に立ち遅れたのが大きかったか?
しかし裏日本なんて言われかたをしている人間もいるが、数多くの伝統工芸や職人を抱え、それを応用した高度な技術を要し、かつ付加価値が高い商品を生み出す企業も多いわけで。

情報化が高度に進んだ今こそ、そういった情報を発信するチャンスではないのか?と思うのだが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

コンビニは生活インフラ!?

「セブンイレブン、いい気分!」 懐かしいコンビニのキャッチコピー

もう30年前以上の話だな。

あの頃は、まだコンビニが競合している地域って珍しかった。

大体、東日本セブンイレブン
西日本ローソン
で、3番手ファミリーマートがあって、以下、中小コンビニチェーンが競争しているといった感じ。

で、ちょっと規模の大きい個人商店の酒屋が食料品も扱ってコンビニみたいな形態で商売していたよな。

あとは、大手製パンメーカーのチェーン店
これはデイリーヤマザキや、ヤマザキショップに転換しているところも多い。

いずれにせよ、30年前と比べると、コンビニは良くも悪くも生活インフラの一つになってしまったからなぁ。

こんなニュースもあるし。

セブンイレブン、記録的大雪でも営業継続を要請 福井のオーナーが「50時間連続勤務」訴える

開けることが、開いていることが目的になっている感が・・・・・
といっても、災害時にも開いていることによって、被災地に物資を安定して供給する使命がある・・・・・

でも、これじゃあ、その貴重なライフラインも切れてしまいそうな気がするんだがなぁ。
思考停止になって全店舗開けるんじゃなく、例えば比較的交通の便がいい場所にある店舗を災害時の基幹店として、そこにモノや、あるいは営業継続困難な店舗の人を集める。
で、その基幹店をハブにして被災地に物資を安定して供給する。

こういうやり方でも良いのでは?
って気もするのだが。

いずれにせよ、お正月に開いている店はコンビニだけって時代は、もう戻れない道なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

なんでだろう?は大切

真面目な組織人ほど「うそ」や「不正」に走りやすい理由

記事の中の

真面目な組織人というのは往々にして、「思考停止」のワナに陥りやすい。

ってのは、まさにそれだよな。

行動に思考を持つ=行動に疑問を持っちゃあいけない。

なぜなら、行動を止める可能性があるからね。

思考停止させて、ただ上からの命令だけを従う。

まあ百歩譲って命令を受ける側はそれでも良いが、命令する側までそうだと・・・・・

何考えて命令させているんだ!!という話ですな。

まあ、大半は見えない伝統だのしきたりだの面子だの権威だのを守る為に戦っているという・・・・・

そんな発想なくせばいいのにと思うが、それが簡単にできれば宗教戦争なんて起こらないってのが世の中だらかねぇ・・・・・

伝統やしきたりや面子や権威を全面否定するつもりはないが、なぜ伝統やしきたりや面子や権威が存在するのか?
また、存在する理由や原因、また現在の社会生活と矛盾してないか?、足かせになってないか?
それらを考えるぐらいの事はしても良いんじゃね? と思う。

命令する側の人間からすれば、命令受ける人間が疑問を持つということは、好ましくないことなのだろうが。
でも少なくとも命令する側の人間は、常に疑問を持ち考える事を止めてはいけないと思うのだが。
考えた上で、ベストな命令を出す義務があると思う。
なんも考えずに伝統やしきたり、面子や権威を守るだけのために、部下に脅迫概念を植え付け、命令する自分にも植え付け、破滅の道をそのまま進んでいく。

そんなのが良いわけ無いと思うのだがなぁ・・・・・

人が生きていく上において、伝統やしきたり、面子や権威を守るってのは、手段であって、目的ではないはずなのだが。

そういや、某国家で、某芸人が当時はやっていたテツ and トモ「なんでだろう〜♪」をパクってギャグを披露したところ、当局に拘束されたとか。

某国家において「なんでだろう」は現体制を批判する“禁句”なんだって。

やっぱり、考える、疑問を持つってことは大切なんだと思うし、人を思い通りに動かしたい人間ほど、考える、疑問を持つ人間を嫌う。
けど、人を思い通りに動かしたい人間まで考える、疑問を持つ行為を止めてしまうのは本末転倒だろうに・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

戦争とは人類が背負った業であり、罰であり、そして罪である。

自分の街に核爆弾が落ちてきた時の被害状況が一発でわかるサイトが登場

What would happen if a nuclear bomb went off in your backyard? | Outrider

不謹慎と言うか、最悪の事態を直視すべきと言うかは意見が別れると思うが。
都合の悪い事実から耳をふさいでも、なんの解決にもならないのは事実。

精神衛生的には良いのかもしれんが・・・・・

しかし、核爆弾はどこに落ちてくるのか?

まあ、ごく普通に考えるのは、敵の大将のいるところだよな。
(って、サラリと恐ろしいことを書いているが)

だから必然的に首都は攻撃対象になりやすいが、もちろん、大将がそんな簡単に狙われる場所に留まってるなんてケースは少ない。

軍事基地や施設、工場。
これも、可能性高い。
兵器がなければ戦闘行為が出来ないからね。

もちろん見せしめとして、相手の士気を恐ろしく下げるために、一般市民が普通に暮らしているところで爆発させる可能性もなくなない。
まあ、そんなことしたら世界中が許さないだろうし、相手にも核兵器を使う絶好の口実、大義名分をあたえるからね。

普通は、やらない。

普通はね。

相手が核攻撃を仕掛けてきたら、自分もやられる。

そんな超緊張状態のパワーバランス世界の平和が保たれるのも事実。

でもね・・・・・

もしも

スネ夫を○して僕も死ぬ!

的な破れかぶれな指導者核のスイッチを握ったら・・・・・

でも、それよりももっと恐ろしいのは

偶発的核ミサイルの作動・・・・・・

ドラえもん伝説の放送回「しかえしミサイルが飛んできた」

お互いが理解し合い平和になっても訪れるバッドエンド(´・ω・`)

戦争は金ばかりかかって空しいものだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

ぬ〜ぼ〜といえば、あの人の影が・・・・・

復活してほしい!昭和のお菓子ランキング

はたして復活してほしいのは"ぬ〜ぼ〜"だけなんだろうか?

CMを担当していたタレントにも復活してほしんじゃないんだろうか?

そんな下衆の勘繰りをしてしまう(w

いや、でもあの事件を起こすまでは高感度タレントランギングの上位の常連で、森永製菓の顔としてぬ〜ぼ〜以外にもココアのCMなんかにも出ていたんだぜ。

なぜココアの粉じゃなく、別の粉に手を出してしまったのかと・・・・・(やめぃ

でも"ぬ〜ぼ〜"って昭和のお菓子だったっけ?

と思い調べてみたら、昭和63年発売!!

かろうじて昭和だった!!

まあ、このころはお菓子業界もちょっとしたバブルだったしね。

VIP生クリームチョコレートなんてバブルを象徴しているし。
(これもかろうじて昭和63年発売)
板チョコに贅沢にも生クリーム使って、価格も当時板チョコの値段は1枚100円だったのに。倍の200円強気の価格設定だったしね。

それだけ、お菓子の需要が高かったんだろう。
明治なんかのお菓子商品ラインナップのスクラップアンドビルド政策(カールの販売縮小とか)を見ると、やっぱり市場の手詰まり感が伺える・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

人事を尽くして天命を待つ

小規模店舗がテレビに取材されることの弊害ツイートから議論展開! 「経営が下手くそなだけ」「いきなり客が増えると回らなくなる」

逆に経営の難しさを語るエピソードだと思うが。
経営を拡大するってのは本当に難しい。

てか「経営が下手くそなだけ」っていうか、じゃあ「経営が上手い人」はいるのか?

任天堂の社長だった山内溥氏がこんな名言を残している。

運です。運が良かったんです。それを「この結果は俺の経営がうまかったんだ」とか「俺に力があったんだ」なんて思うと、もう駄目ですね。運です。

経営ってなにも目先のものでもなく、まあ永遠に続くことがテーマだからね。

1年も持たない企業もあれば、何百年も続いている企業もある。
形を変え、業種を変え、続いている企業もあるわけだからね。

経営者だって、大成功したかと思えば一瞬で没落する経営者もいる。
大成功したが、晩年は失敗ばかりで会社を傾かせた経営者もいる。
大成功したが後継者を育てなかったため、あるいは禍根を残したため、死後に会社が潰れてしまった経営者もいる。
もちろん、引退後、あるいは死後も後継者があとを引き継ぎ、バトンタッチに成功した経営者もいる。

そこらへん、時代は恐ろしいほどの勢いで変化しているわけだから、やっぱりになるんじゃないかと。
「経営がうまい」自分の力を錯覚して没落していった企業なんて山ほどあるわけだからね。

テレビに取材される事も運なら、それでお客さんが増えることも運
それが吉と転ぶか凶と転ぶか?なんじゃないかと。

結局、人事を尽くして天命を待つ

最終的には、そうするしかないんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

HONDAと三菱

ホンダジェットが初の世界首位、17年納入機数で競合のセスナ機抜く

創業者の本田宗一郎が幼いころ、親に無断でこっそり自転車を三角漕ぎしながら、浜松で開催された飛行機ショーのイベントを見に行ったというエピソードがあってな。

世界の技術者を驚かせた「ホンダジェット」 本田宗一郎の夢 9月1日

そういや、初代ホンダF1チームで監督した中村良夫氏も戦前の中島飛行機のエンジニアだったしなぁ。
四代目の社長を努め、第二次ホンダF1プロジェクトの立ち上げあら、幕引きまでを行ったとされる川本信彦氏も軽飛行機技術者応募広告を見てホンダに応募したそうだし。

それに、ホンダのバイクには翼のエンブレムが。
(女優の本田翼は、これが命名の元のなっている。)

やっぱ、密かにいずれは、大空へ羽ばたく航空産業への参入を、会社創立当初から狙ってたのかもね。

会社の正式な名前も

本田技研工業

と、自動車メーカー、二輪メーカーにしてはお硬いというは、汎用性がある社名使っているしね。

一方、三菱重工が開発・製造を勧めているMRJは・・・・・

実はホンダと三菱って関係が深かったりする。
旧三菱銀行(現東京三菱UFJ銀行)はホンダのメインバンクだしね。
昭和29年のホンダの経営危機の際にも三菱はホンダを支える英断をした・・・・・

っていう事に関する記事をググっていたら、こんなのが。

三菱銀行に対していっさい隠し事はせず、悪い問題も全部打ち明けました

色々エピソードがあるが藤沢武夫の偉大さを感じるとともに、MRJが色々と難題抱えているから、ホンダが支援を・・・・・っていう話にもならそうな気がするなぁ。

ココらへんのビジネスの考え方はシビアだ。

三菱自動車ルノー、日産の傘下だしねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧