2020年5月 5日 (火)

バームクーヘン付きCD!?

ゲスの極み乙女。のニューアルバムは世界初の“賞味期限付き” CDの代わりにバームクーヘン!?

これは消費税の扱いはどうなるんだ?
まさかの軽減税率適応か?

コンビニの駄菓子、10%と8%はどう見分ける? 混在していてややこしいとの意見も

ここの記事によると・・・・・
税抜価額が1万円以下であって、食品の価額の占める割合が3分の2以上の場合、全体が軽減税率の対象となります。

だからバームクーヘンジャケットを含むCDのハードの価値は微妙かな?
CDの入っている楽曲などのソフトの価値は・・・・・
プライスレスと言いたいが、ストリーミングの値段が一つの指標になるのかな?

で、ジャケットを含むCDのハードの価値+CDの入っている楽曲などのソフトの価値>バームクーヘン
ってことで、軽減税率適応外という事かな?

ちなみにどこのバームクーヘンか?が気になる。
やっぱバームクーヘンといえばユーハイムってイメージあるしね。
で記事を見たら、オリジナルスペシャルパッケージ入りpatisserie KIHACHIのバームクーヘン

KIHACHIってお店は初めて聞くなぁ。
東京の青山に本店があるみたいだが。

個人的にはベッキーに、このバームクーヘンを渡したい。(やめぃ

そしてバームクーヘンといえば

バームクーヘンかえせー!!

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

YouTubeで最も再生された昭和ソング第1位は!?

1位が浜田省吾「もうひとつの土曜日」は意外?ナットク?  昭和ソングのYouTube再生回数ランキングが話題に

 

えっ、ルビーの指環じゃないの?(ぉぃ
しかし、昭和を代表する名曲がランクインしているが、浜省もう一つの土曜日・・・・・

しらんな。

で、聞いてみたら・・・・・
ああ、確かに聞き覚えのある曲って気がする。

中森明菜のDESIREの再生回数(2000万回以上)に驚いてそれ以上に再生されている昭和歌謡はあるのか?と思って調べてみたそうだが・・・・・

うーん、これはこれで地獄の作業のような気が。
なんか水曜日のダウンタウン説の検証の為のリサーチに通じるものがある。

このランキングリストだけで一つの番組ができそうな気がするなぁ。
てかYouTubeで300万回以上再生された昭和のうたランキングTOP100再生リストを作るのも面白いかも。

これ平成編も調査してほしいなぁ。

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

8時だョ!全員集合

志村は僕らのスーパースターでありヒーローだった。

そう言わざるをえない。

正直、追悼番組なんて見たくなかった。
志村が死んだという事に対する否定バイアスが強烈に働いていたから。

現実を受け入れとと思っても
でもチャンネル合わせたフジテレビでやってた番組は、むしろどこか明るい

そして昔のもしもシリーズもしも貧乏な居酒屋があったら?を見てで・・・・・

不覚にも笑ってしまった(w

いい大人だからね、多分、この先はこうなるだろうなぁ、こういう展開だろうなぁ・・・・・
ってわかるんだよ。
それでも面白い。
そして志村が自分の髪の毛を売って仕入れてきた日本酒に対して

おかわり

を言ういかりや(w

いや、コントとはいえ、状況変わっているだろう(w
てオチに向かうと。

あと仲本と組んでのスーパーマンのノリツッコミをするコントが、ダウンタウンのごっつええ感じでやったMr.ベーターの原型だったり。
そして、番組最後に笑いある加トちゃんの弔辞仲本が軽くコメントして、MCがコメントを高木ブーに振ったら・・・・

寝ている!?

いや、そりゃ御年87歳だからなぁ。
どっと笑いが起きる。
そして高木ブーが言った言葉。

そのまま引用させていただきます。

俺もう決めたの。決めました。46年ですね。ドリフターズとして志村や僕らと一緒にやってた人間、普通の一般の方と違うんだよ、僕らは。だから、志村は死なないの。ずっと生きてる。

凄く納得したし、腑に落ちた。
なんか救われたというか。
てか、ズルいよ、ブーさん。
ちょっと間をおいて、加藤の「寝てた!!」というツッコミさそって、カッコいいこと言うんだから。
絶対天国の志村やいかりや、荒井注から「なにカッコいいこと言ってんだよ!!」ってツッコまれてそう。
ブーさん、狙っていったのかな?
いや、狙って言えるような器用な人じゃないもんね、本当に自然に出てきた言葉。

だから金スマ追悼番組も見れた。
東村山音頭を見て、本当に失礼だが

バカだなぁ、本当にバカなだなぁ(w

大笑いしてしまった(ぉぃ

某動画にアップされている加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ探偵物語の動画も見てしまった。
大人になった今なら、元ネタはこれとか、カースタントは明らかに吹き替え使っているとか、クロマキーをうまく使っているとか、そういう邪なところもわかるが、そんなのを差し引いても面白い。
多分、コントカースタントクロマキー、当時としては最新技術だったCCDカメラを使ったのは、この番組が初めてじゃね?
もし志村けんが30年遅く生まれてきていたら、多分、ドローンとかVFXとか、あるいはSNSとか、今ある最新技術や流行を使って探偵物語を作っていたと思う。

権力者役のいかりやに、いろんな目にあいながら反抗して立ち向かって笑いを取りに行った志村。
探偵物語では時にはトラブルメーカーになりながらも殺し屋や悪人などに立ち向かっていき、笑える探偵劇を見せてくれた志村。
時にはロッキーのパロディや誤診で余命幾ばかりもなくなって涙を誘ったこともあった志村。
全員集合の金田一ものや、加トケンのスイカ男で、ホラーコメディも楽しませてた志村。
時にはエッチで変なおじさんだった志村。

だから、笑える限りは、志村は死なない。ずっと生きてる。

そして世の中が落ち着いたら志村のことをみんなで集まって思い出して、そして思いっきり笑ってあげたい。

でも、今はちょっとそれができない。

だから、今日のこの時間にこう言いたい。

8時だョ!全員集合

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

ピンクが象徴!!

ピンクのセットアップデニムやTシャツなど EDWIN×林家ペーのコラボファッションがカッコ良すぎると話題に

この発想はなかった!!

構図とデザインの勝利っぽいなぁ。
デニムのトップとボトムだけを吊り下げたイメージは、林家ペー師匠というヴィジュアルの臭いも消しつつも、林家ペー師匠のアイデンティティが上手く表現されている。

一方でプリントTシャツは、いい意味でベタ
そのベタっぽいポップなビジュアルセンスは、林家ペー師匠の芸風にも通じるものがある。
昭和じゃなく1970年代
サイケデリック的な感じが、またピンク色にマッチしているんだよなぁ。

てか、若い時の林家ペー師匠が意外とカッコいい!!
相方&最愛の妻の林家パー子ともども、長生きしてほしいと思いつつも、最近、某番組の影響林家ペー、パー子夫妻、仮面夫婦説が・・・・・(ぉぃ

だって、スイッチがOFFになった時のパー子師匠の笑いが・・・・・(やめぃ
まあ、四六時中あのテンションで笑い入れて相槌打つのはそれはそれでキツイ・・・・・

って、どうしてこうなったのか!!

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

松本新局長に対する期待と不安

松本人志さんのナイトスクープ3代目局長就任にSNS騒然!未だに初代局長・上岡龍太郎さんを懐かしむ声も

まあ、以前から噂があったからね。
しかも、この番組の生みの親ともいえる松本修プロデューサー同姓
本当の意味で松本探偵局になるわけか。
もちろん懸念材料も。

1.水曜日のダウンタウンと番組構成が被る。
基本、VTRを見てスタジオでコメントするスタイルだからね。
説を調査する依頼に基づいて調査するというところでも共通点が同じ。

2.いわゆる探偵を松本閥、吉本で集めてしまう可能性が。
ナイトスクープ全盛期は、探偵の幅が本当に広かったし、個性的だった。
だから、関西的なアホな乗りをしつつも、ちょっと斜めから見たような知的な雰囲気も醸し出していたのだと思う。
それが、吉本チックな大阪のコテコテの番組になってしまうのでは?と思うとね。

3.探偵とディレクターが松本新局長に萎縮して、松本新局長の好みのVTRやネタばかりをチョイスしそうになる。
全盛期のナイトスクープなんて上岡局長が探偵にダメだしする事なんて当たり前、時には激怒して退席することも。
それでも上岡局長に怒られるのを覚悟して作ったVTRとかもあったぐらい。
今のナイトスクープに関わっている探偵やディレクターが新局長相手に怒られるのを覚悟でフルスイングできるか・・・・・
ちなみに水曜日にダウンタウンは最近の番組にしては珍しく、それができているんだよね。
その分、外れ回も多いが。

ただ水曜日のダウンタウンは、基本、

悪意で成り立っている

からね。
悪意制作サイドだけでなく、視聴者の中にもある事去年の年末の騒動を見ても明らかだシン!!

一方のナイトスクープ

この番組は、視聴者から寄せられた依頼にもとづいて、探偵局長が優秀なる探偵たちを野にはなち、世のため、人のため、公序良俗と安寧秩序を守るべく、この世のあらゆる事どもを徹底的に追求する娯楽番組である

長いが要約すれば

純粋にアホを追求する番組。

だと解釈している。
実は、このアホを追求する探偵やVTRが少なくなったのと、そのアホに対して局長がばっさりと斬る=ツッコミを入れる事が少なくなったことが、ここ最近のナイトスクープがイマイチになってきた原因だと思う。

今の探偵とディレクターが松本新局長あいてにアホのフルスイングがどれだけできるか?
真剣勝負がどれだけできるか?

多分、そこが番組の命運を分けるかも。
会場が大うけで松本新局長が一切興味なさそうでも成功だと思うし、会場がシーンとしていても松本新局長が食いついていくVTRが作る事ができれば成功
一番ダメなのは、松本新局長に媚を売るようなVTRを作ろうとして、どっちも無反応になってしまう事だと思うな。
探偵、ディレクター陣には松本人志という名前に頼らず、新局長体制の元で徹底的に純粋なアホを追及して欲しい。

と、母親がナイトスクープに出たことのあるいい歳したテレビっ子の思いです。

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

笑いはインフルエンサーする。

「笑い声の効果音」は面白さを増幅させるという研究結果

これは、笑いがインフルエンサー(誘い笑いって奴ね)するって事もあるんじゃね?
あと「不自然な笑い声」より「自然な笑い声」の方がやっぱ効果があるのか。
まあ、緊張と緩和ってのもあるし、笑い声にも起承転結ってもんがあるし、ネタフリがあってオチがある
常に一定量の笑い声だと、そりゃね・・・・・
面白さは増幅しないだろうなぁ。

もちろん出オチって事もあるかから、その場合はそこがピーク(w
あとは悲惨な空気に・・・・・

だから

「笑ってください!!」

前説でやるのは良くないのかもなぁ。
緊張と緩和の理屈から行くと、むしろ

「絶対に笑わないでください!!」

緊張する空気に持って行った方が笑いは生まれやすい
まあ、それを利用したのが鶴瓶テレビにらめっこだったり、ガキ使笑ってはいけない24時だったりするわけだが。

「この後、すべったことのない天才お笑い芸人が観客を大爆笑させます!!」

とか無駄にハードル上げられ煽られた日には・・・・・
よほどの鋼のメンタル持ってないと心折れるぞ・・・・・

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

懐かしのガムが復活!?

昭和→平成に愛された板ガム3品、粒タイプで再現

懐かしい。
でもどうせなら、「JUICY&FRESHガム」じゃなく「マスカットガム」にして平成で固めて欲しかったなぁ。
なんといっても「マスカットガム」は、あの平成を代表する歌姫がCM曲を歌っていたからね。



「JUICY&FRESHガム」昭和のイメージだから、昭和3部作
「JUICY&FRESHガム」「クイッククエンチガム」「コーヒーガム」で固めて欲しいなぁ。
フルーツ系のガムの中にコーヒーがあるのは、ちょっと違和感あると思うが(笑)

しかし、昔は板ガムをよく噛んでいたが、最近あまり噛まなくなったよなぁ。
粒ガムも一時、買って噛んでいたこともあったが、これも最近はあまり噛まなくなった・・・・・
最後の砦の眠気覚ましの強ミント系のガムも・・・・・
これも最近は噛むことないなぁ。

ガム離れというか、噛む事に対する離れというか・・・・・
まあね、健康のことを考えると噛む事って大切なんだけどね。
キシリトールガムとか流行ったこともあったが、ガムの需要自体が縮小傾向にあるのかもしれないなぁ。
マナーの問題もあるし、ミント系でいえばフリスクなどのタブレット菓子もあるからね。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

芸人の名前は大事

「ダウンタウン」「さまぁ~ず」「オードリー」の昔の名前知ってる? お笑いコンビの「意外な旧コンビ名」

辛うじて4つぐらいはわかるかなぁ?

さまぁ~ず=バカルディ
くりぃむしちゅー=海砂利水魚

ここら辺は有名かな?
どっちもウンナンの気分は上々がらみで改名。

ネプチューン=フローレンスZ
ダウンタウン=ライト兄弟
よゐこ=よいこ

だったはず・・・・・・

ネプチューンフローレンスZはもともと、ホリケン、泰造のコンビがフローレンス名乗っていて、そこに名倉が加わってフローレンスZになったはず。
ダウンタウンライト兄弟だったはずだが、何回も改名しているからなぁ。
よゐこは先輩の北野誠の勧めで”い””ゐ”に変えたはず。

これが限界だが結果は・・・・・

あー、よゐこなめくぢだったか。
で、そんな名前だと売れないと北野誠に進められて改名したんだった。

ダウンタウンてるお・はるお時代もあったなぁ。
この絶対売れない感が漂うネーミング。

売れる為には名前は大事。
五代目古今亭志ん生なんて志ん生を襲名するまで16回も名前を変えているというからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

事実はドラマよりも奇なり

「クライマックスはもちろん崖」 船越英一郎、“本人役”で容疑者になるドラマ「船越英一郎殺人事件」放送決定

この数年の生き様はリアルにサスペンスドラマになる要素が(ぉぃ

容疑者は・・・・・(やめぃ

まあ、実際、二サスの中でも主人公から、主人公の良き相棒犯人犯人に利用される人被害者狂言回し的 or コメディリリーフ的間抜けな刑事役までと守備範囲が広いからね。

二サスのユーティリティプレイヤーや~!!

しかしドラマの内容

 現実とフィクションが入り混じったような構成となる同ドラマは、船越さんの芸能生活35周年記念ドラマ「独身貴族探偵・桜小路優」が撮影されている世界で起きた殺人事件をめぐる物語。ドラマの撮影現場でプロデューサーの遺体が発見されると、出演者やスタッフとともに船越さんも容疑者の1人となり、世間からは疑いの目を向けられる事態に。
まさしく“崖っぷち”となった船越さんが・・・・・

いや“崖っぷち”でしたやん!!(w

どう考えても恨みによって濡れ衣着せられている展開としか思えませんやん!!

いや、やっぱ、あの一軒もネタにしないと世間は納得しませんよ。

(本当にやったらネットは炎上するかもしれんが)

でもね、さんまちゃん。

(下衆いのが)見たいんや!!(ぉぃ

とは言いつつ、あの件はアンタッチャブルかなぁ。
無難に船越英一郎の二サスキャラオールスターで固めるという企画が無難かもなぁ。

でもなぁ。

お掃除棒の方も出て欲しい(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ヒットチャートの現状を考える

オリコンがランキング改革 CD売り上げでは流行追えず

トラックスチャートの事も思い出してください。
オリコントラックスチャートという2004年9月6日付から2008年3月31日付までシングル・アルバムの売上やオンエア、着信メロディのダウンロード件数などを総合的に集計し算出した「楽曲」の総合チャートを出しいたんだよね。

ただオリコンチャートのメインチャートにはなれなかった・・・・・

CD売上だけでは、ヒット曲を語れないなんてもうCDバブルが弾けた10年前以上から言われていたことなんだけどね。

それだけヒットチャートが流行している歌を測るものではなく、レコード会社、芸能事務所にとってのプロモーションの場と化してたってことだと思うし、オリコン自体、それで良し的な風土になってた気がするしね。

そりゃ、マスコミが芸能ニュースなのでオリコンチャートを取り上げると、オリコンにもチャート提供料や配信料などの収入が入ってくるような仕組みになっていただろうし。

空気が変わってきたのは、この数年。
特に外資のビルボード・ジャパン・ホット100が注目を集めだして、多くのテレビ番組、マスコミでチャートソースと取り上げられるようになった。

やっぱりマスコミも

ライダースナック商法で売れたCDだけで、ヒット曲として取り上げるのはどうなのよ?

と内心思ってたのかもしれない。

で、オリコンも、このままじゃあヤバいとヒットチャート改革をする事になんたんだろうけど。

ただ今の世の中、ヒット曲という市場が崩壊しているのかもしれないね。
いわゆるポップ、ロック、歌謡曲などの商業音楽の進化、発展が限界に来ているのかもしれない。

だから今の時代、ヒットチャートを作るよりも、新しいヒット曲=ムーブメントが出来る土壌を作るほうが大切なのかもしれない。

ただ、マスコミを中心としたトップダウンでそういったムーブメントを作りより、リスナーのボトムアップでムーブメントを作るような入れ物=メディアが出来れば、まだもう少しは伸びしろはあるかもね。

改革されたヒットチャートが注目されるのは、それからでも良いような気がすると思う。

と、これがザ・ベストテン放送開始40周年の年に出した僕の結論だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧