2020年9月 9日 (水)

ミュージくんが音楽を変えた?

世界初のDTM製品「ミュージくん」、未来技術遺産に

これは意外。
DTMといえばMacのイメージがあったんだけどなぁ。

調べてみたらプロ用途にはMacintoshやAmiga、ATARI。
DTMとしてはPC-98が主に使用されていた。
との事。

てか、そもそもデスクトップミュージック=DTM自体が和製英語なんだって。

それは知らんかった!!

DTP(デスクトップパブリッシング)Pの部分をM=Musicに置き換えた言葉なんだろうな。
そういやDTPMacintoshのイメージが強いな。

おりしもミュージくんが発売される1988年の1年前にはTM-NetworkGet Wildのヒットで一躍注目を浴び、テレビでコンピュータを使って演奏する光景を見る機会も多かったわけだし。

ミュージくん買えば、俺も小室哲哉みたいになれる!!

と思った奴、多そう。

でも、パソコンにMIDIポートを拡張スロットに差し込んで、さらに音源も用意して。
で、打ち込みソフトに入力していかなければならないという地道な作業。

リアルタイム入力という機能もあったみたいだが、キーボード(もちろん楽器の方)に、演奏能力が・・・・・

そういや1985年つくば科学博で、何台ものパソコン使ってオーケストラ演奏していたよなぁ。
フルバンドを用意しなくても、コンピューターで音楽制作ができるようになった。
さらに個人でも、できるようになったというのは、やはり時代の転換点だったのかもなぁ。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

昭和歌謡再び!?

平成生まれの若者中心? 巻き起こりつつある「昭和歌謡リバイバル」は音楽シーンに何をもたらすのか

やっぱりシンプルなのが受けているのかもなぁ。
たしかに、8ビードに日本独自の「5・7・5」調のシンプルな歌詞に乗せて歌う。
歌詞の内容も情報量は少ないが、しっかしと歌の世界観を表現している。
歌詞に無駄がない。

そういう昭和50年代までの歌謡曲が、知らない世代にとっては受けているのかもしれないなぁ。

昭和50年代昭和60年代、そして平成と、まあ、一種の時代の断層みないなものがあって。

テレビというメディアが一家に一台から個人に一台になったのも大きい。
また、レコードからカセットやCDなどの携帯音楽プレーヤーが普及して個人で音楽を楽しむ文化に変わってきたのも大きい。
楽曲制作にしても、フルバンドを用意しないと作れたかったものが、電子楽器の進化で、一人でオーケストラ並みの音楽を制作できるようになったのも大きい。

やっぱり歌詞の力と、それを表現する歌手の良さが、また見直されてきているのかもしれないなぁ。
少なくとも、サビのフレーズをそのまま楽曲のタイトルにするような歌が少なかったし(w

歌詞って、結局は作る人の人生観や哲学みたいなものがないと、なかなか生まれないわけで。
多分、他人の技術を研究して・・・・・
ってのは、確かに、作られる楽曲に対して乗せやすい詞を作る、あるいは覚えやすい、歌いやすい、インパクトに残りやすいといったものは盗めると思うが。

聴いている人の心に刺さるかどうかは、多分、上辺だけの真似じゃあ無理なんだと思うなぁ。
今後、ひょっとしたらAIが歌詞を作る時代が来るかもしれないが・・・・・
よくよく聴いてみると、過去のヒット曲の継ぎ接ぎってことになっているかもしれないなぁ。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性と危うさ

無料でビル・ゲイツやアーノルド・シュワルツネッガーなど有名人に好きな台詞をしゃべらせることができる「Vocodes」レビュー

Vocodes. Vocal playground.

面白いサービスであるが、一方で怖さも感じるなぁ。
有名人が実際にしゃべってないことをしゃべらせることが可能となる世の中は、それを悪用される可能性もあるし。

亡くなった人の歌声や演技を再現されることが可能になる話も、実際、AI美空ひばりでは批判があったのも事実。

山下達郎、AI美空ひばりに「冒涜です」発言の思わぬ波紋

自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性が出てきたってのは、ちゃんと正面から論議しないと大変な事になるかもしれないなぁ。

それはフェイクニュースに限ったことでなくてね。
それに、「他人の声は利用するけど、自分の声は利用しないでくれ」っていうわけにはいかんだろうし。

だったら、他人の声を利用すべきではない。
フェアじゃないと思うしね。

ここら辺は、本当に科学の進化と倫理的問題が問われるものかもしれないなぁ。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

弦楽器の世界は無限

バイオリンによる「F-ZERO」演奏動画がかっこいい! 効果音まで再現するプロの演奏がテンション上がる

 

このバイオリンの表現力の高さ!!
BGMだけでなく効果音まで再現できているところに弦楽器の表現力の多様さを感じざるを得ない。

これ重奏にすれば、F-ZEROの音楽や効果音を完全再現できそうな気が・・・・・

逆に言えば、ゲームの効果音BGMって弦楽器音をベースにして作っているのかもしれないなぁ。
音のエフェクトとかはバイオリンギターなどの弦楽器じゃないと掛けるのが難しいイメージがある。

こういうゲームのBGMや効果音はギターとかでも再現できそうな気がするのだが・・・・・

あった!!

 

やっぱ多重録音は強い(w
ドラム部分はマシンを使っているみたいだが、他は全部ギター使っているし。
ステージによってはベースも効果的に使ってる。

まあ、エレキギターエフェクター音も色々と作れるからね。
うーん、弦楽器の世界は無限だな。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

バームクーヘン付きCD!?

ゲスの極み乙女。のニューアルバムは世界初の“賞味期限付き” CDの代わりにバームクーヘン!?

これは消費税の扱いはどうなるんだ?
まさかの軽減税率適応か?

コンビニの駄菓子、10%と8%はどう見分ける? 混在していてややこしいとの意見も

ここの記事によると・・・・・
税抜価額が1万円以下であって、食品の価額の占める割合が3分の2以上の場合、全体が軽減税率の対象となります。

だからバームクーヘンジャケットを含むCDのハードの価値は微妙かな?
CDの入っている楽曲などのソフトの価値は・・・・・
プライスレスと言いたいが、ストリーミングの値段が一つの指標になるのかな?

で、ジャケットを含むCDのハードの価値+CDの入っている楽曲などのソフトの価値>バームクーヘン
ってことで、軽減税率適応外という事かな?

ちなみにどこのバームクーヘンか?が気になる。
やっぱバームクーヘンといえばユーハイムってイメージあるしね。
で記事を見たら、オリジナルスペシャルパッケージ入りpatisserie KIHACHIのバームクーヘン

KIHACHIってお店は初めて聞くなぁ。
東京の青山に本店があるみたいだが。

個人的にはベッキーに、このバームクーヘンを渡したい。(やめぃ

そしてバームクーヘンといえば

バームクーヘンかえせー!!

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

YouTubeで最も再生された昭和ソング第1位は!?

1位が浜田省吾「もうひとつの土曜日」は意外?ナットク?  昭和ソングのYouTube再生回数ランキングが話題に

 

えっ、ルビーの指環じゃないの?(ぉぃ
しかし、昭和を代表する名曲がランクインしているが、浜省もう一つの土曜日・・・・・

しらんな。

で、聞いてみたら・・・・・
ああ、確かに聞き覚えのある曲って気がする。

中森明菜のDESIREの再生回数(2000万回以上)に驚いてそれ以上に再生されている昭和歌謡はあるのか?と思って調べてみたそうだが・・・・・

うーん、これはこれで地獄の作業のような気が。
なんか水曜日のダウンタウン説の検証の為のリサーチに通じるものがある。

このランキングリストだけで一つの番組ができそうな気がするなぁ。
てかYouTubeで300万回以上再生された昭和のうたランキングTOP100再生リストを作るのも面白いかも。

これ平成編も調査してほしいなぁ。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

やっぱEASY 851の時代だよなぁ

エフエム大阪が開局50周年特別番組 4月1日からステーションネームも変更へ

FM OH!とはなんだったのか?

うーん、やっぱ迷走しているなぁっていうステーションカラーイメージは拭えないなぁ。
キャッチコピーもLAUGH & MUSIC! 851に変えるそうだが

やっぱEASY 851のキャッチコピーが一番しっくりくるなぁ。

FM802との差別化が図れていた1990年代後半が一番輝いていた・・・・・
あ、ごめん、一番輝いていたのはFM802開局以前・・・・・(ぉぃ

Kiss FM KOBEJFN入りFM大阪の衰退に拍車を掛けたイメージあるなぁ。
土日東京キー局初の番組を聞きたい神戸以西のリスナーは電波の入りにくいFM大阪よりもKiss FMを聴いちゃうだろうし。

近年でいえば40 OverのリスナーFM COCOLOに合わせて、40UnderのリスナーFM802に合わせているというイメージ。
FM大阪は・・・・・もっと若いリスナーが聞いている?
てか、90年代、80年代にFM大阪が流していた選曲を今はFM COCOLOが流しているイメージあるからなぁ。

ワイドFMも始まって、従来のAM放送、FM放送のボーダレス化が始まっているし、よほど個性を出さないとラジオがこの先、生き残っていくのは・・・・・

でもね、この1ヶ月思ったのは、テレビをつけっぱなしにするぐらいなら、まだラジオをつけっぱなしにしている方が精神的衛生には良いこと。
ここに、ラジオがこの先も生き残っていけるヒントがあるかも。

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

MIDIも時代とともに変化する。

38年ぶりにバージョンアップした「MIDI 2.0」によって音楽制作はどう変わるのか?

38年ぶりってのもすごいな。
MIDIってそんなに規格変わってなかったんだ。
YAMAHAXG規格とかローランドGS規格とかあったのも懐かしいなぁ。
38年前っていうと1982年か。
その翌年には名機と誉れ高いYAMAHADX7が誕生している・・・・・

DX7MIDIに対応してたのは、まさにドンピシャだったんだなぁ。

フルバンドを用意しなくてもレコーディングができるようになったっていうのは、ある意味、商業音楽における時代の転換点かもなぁ。

記事を読む限りでは、よりアナログに近づくってイメージかな?
タイミングとかの値が28段階までだったのが6万5536段階になるとか。
より細やかなコントロールが可能になるということか。

そこにAIなどを組み合わせると、人間の演奏と同じようにコンピュータがギターやボーカルに合わせてベースやドラム、そしてほかの楽器のリズムに合わせることも可能・・・・・

なんてことになると、またコンピューターで楽曲制作する大きな流れがくるかもなぁ。

一人で生演奏と変わらないクオリティの楽曲が作れるとか。
しかも歌っているのはボーカロイドという。

でも、表現力楽器演奏の強弱などは、実は人間が生演奏したのをトレースしている。

そんな時代がくるかもねー。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

過去があるから未来もある。

紅白出演のAI美空ひばり 死後の“新作”発表にSNS上で議論沸騰

うーん、否定意見も十分にわかるが、個人的意見は肯定的かなぁ。
実際紅白でみたけど、歌がメタメタならね。
否定したい気にもなるが、想像していたよりも音圧もしっかりとしていたし、うーん、ボーカロイドの進化を感じたというか。
更に研究を進めると、もっと微妙な違和感もない自然な歌声が聴けるんじゃないか?と思った。

逆に言えば、まだ若干、自然の歌声じゃない違和感を感じるところがあるともいえるが。

ただCGの美空ひばりに関しては、やっぱ、違和感を感じたというか。
でも、これも技術が進めば、本物と区別がつかないCGになる可能性も秘めているわけで。

でも、それは、それで、それこそやってはいけない一線を超えてしまう可能性もあるわけで。

技術の進化は素直に認めたい。
でも技術の進化で過去のモノが評価されるのって、逆に言えば今いるクリエイターはどうなのよ?
って気がしないでもしない。

過去があって、その積み重ねにより新しいものが生まれていくのはわかるが。
安易に最新の技術を使って、再現された過去のモノばかりをありがたるのってどうかのかなぁ・・・・・

って気はします、ハイ。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

空耳アワーが大改革!?

せっかくだから俺は完パケでいくぜ! 「タモリ倶楽部」の空耳コーナー、動画投稿も可能に

意外と予算削減が目的・・・・・
でも、動画作品を作るって結構大変だよ。
しかも、あの独特的な空耳アワーの空気に合わせないといけないし。

これ乱造された作品が投稿されまくったら、選ぶ方は選ぶ方で地獄の作業っぽい(w
逆に、とんでもない職人さんがとんでもないクオリティの作品を投稿してくる可能性も高いな。
てか空耳よりも映像の作り方、構成、演出の勝利的な作品も出てきそうな。

しかし、これ動画投稿がメインになれば数々の空耳アワー常連俳優のリストラ・・・・・(´・ω・`)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧