2021年4月15日 (木)

消えたぼうけんのしょは帰ってこない・・・・・

「すぐにバックアップ取って」と周りが懇願!YOASOBI・Ayase ヒット曲を生み出すパソコンのバックアップを1つも取っていないと衝撃告白

さすがにクラウドサーバーに保存しているような気が・・・・・
と言いつつ、ローカルドライブにデータ保存しているだけだったりして。

まあ、原盤マスターデータはレコード会社にありそうな気もしないではないが。
原盤マスターデータになる前の元データは、パソコンのローカルドライブに保存されているだけなのかもしれないなぁ。

しかし、バックアップを取るって、そんな難しい行為じゃないような気もするけどなぁ。
ファイルをコピーするだけだしね。
データ量さえ少なければ。

多ければ、大変だけどね。

あとは、めんどくさい(ぉぃ

でも、データが消えてからバックアップの大切さに気付く・・・・・

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

嗚呼、懐かしの80年代ラジカセトートバッグ

ラジカセがトートバッグに、カセットテープがポーチに変身! インパクト抜群のファッション小物がカプセルトイに登場

でたよ、80年代じじいホイホイ(ぉぃ
このなぁ、原色使ったキャビネットカバーデザインいかにも80年代って感じなんだよなぁ。
これがバブル期以降は基本、黒を基調としたシックなデザインになるからなぁ。
むしろ、こんな派手な原色使ったバブルラジカセってなかったしなぁ。

多分、LEDデジタル表示やLEDイコライザを際立させたい演出がキャビネットカバーデザインを黒基調にさせたのかもしれない。

あとカセットポーチのひもの部分(w
あのテープがだらーんと伸びた状態を、うまく再現している。
鉛筆なんかでくるくる回して、ちゃんとした状態に戻すんだよね。

ポーチくるくる回せばひも部分が収納可能だったら面白いんだが。

今や、手のひらのウォークマンに、何全曲もの音楽が入る時代。
ワイドFMAM放送もクリアに聞こえる。

うーん、輝いていた80年代は遠くになりけり。

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

ザ・ビーズテン!?

【B’z】シングル人気ランキングTOP53! 第1位は「LOVE PHANTOM」に決定!

結構、意外な結果かな?

2位裸足の女神は、確かにB'z全盛期に売れたが、そこまでファンが多いってイメージないしなぁ。
まあ、リリース曲が多いし、選びきれないシングルだと思って選んだらカップリング曲でしたアルバム収録曲でしたとかありそうだしなぁ。

B'zの全曲からファン投票行うと・・・・・

ってB'z The Best "ULTRA Treasure"の時に既にやってた。
2008年7月16日が最終集計の発表だから、もう13年前か。

てか、そっからさらに10年前の1998年B'z The Best "Treasure"の時にもファン投票やっているんだね。
10年たったらランキングがかなり変わったわけだし、2021年の今やったら、また違う結果になるかもなぁ。

シングル売上ファン投票アルバム売上3要素コンピューター(エクセル)で集計した、ザ・ビーズテンなる企画やってみようかなぁ・・・・・
と思ったが・・・・・

曲数が多いだけに地獄の作業になりそうで草。
さらに、人気あるカップリング曲対応も考えないとあかんしなぁ。

ZARDでやった時は、ランキング対象曲120曲だったが・・・・・
100曲台で済むのだろうか?
少なく見積もっても倍はありそうな気が・・・・・

続きを読む "ザ・ビーズテン!?"

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

素顔をさらすことができたという幸せ

チャンピオンから、首元のリブで口元を隠せる抗菌防臭機能つきパーカー

タートルネックを口元まで上げればできそうなイメージが(ぉぃ

むかーし、PAMELAHって男女2人のユニットがあってI shall be releasedというシングル曲のジャケットかそんな感じの写真だった。
うまーく8cmシングル長方形のデザインを利用したジャケ写真だったなと今にしてみれはそう思う。
今の正方形の12㎝シングルのジャケットじゃ成立しない・・・・・

というかシングルCDというメディア自体がもう・・・・・

っておもいっきり閑話休題になってしまったが(w

まあ、こんなご時世とはいえ、着ている衣服を口元にあてるのは、やっぱ抵抗あるというか。
だからセパレートで別にマスクがあるわけだし。

これで、口元頭部を覆うと覆面になっちゃうからなぁ。
こんなご時世とはいえ、これでコンビニ銀行に行くと事案になりそう。(´・ω・`)

まあ、でも現状は覆いたくて覆っているわけじゃないしなぁ。
素顔をさらせるという、何気ない日常が、どれだけ幸せだったか?
という事を嫌でも実感させられる・・・・・

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

PCエンジンで作品をリリース!?

まずはハードを探さなきゃ。PCエンジンでアルバムをリリースするミュージシャン現る

HuCARDってそんなに容量入ったっけ?
調べてみたら初期で256KBぐらい。
最終的には2.5MB

これならMP3ファイルも入らないよ・・・・・・
これだけの容量で画像、音楽、ゲーム内容を詰め込んで魅力的なゲームを作っていたと思うと隔世の感を感じる。

あー、でもPCエンジンCD-ROMも使ってたからな?

そっち?

だったら、CDでアルバムリリースしているのと変わらないし(w

って動画を見てみたら、なるほどPCエンジンのサウンドチップを使って音楽を出しているわけね。

これならHuCARDの容量でもいいわけか。
うーん、昔のMIDIFM音源の再生を思い出す。

ちなみにこれを作った人、メガドライブでもアルバムをリリースしたとか。
なんかファミコンとかスーパーファミコンでもアルバムをリリースしそう。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

みんなラジオっ子だった時代があった・・・・・

昭和の香りが濃厚なモバイルラジカセ。MP3 to カセットテープ録音機能もあります昭和の香りが濃厚なモバイルラジカセ。MP3 to カセットテープ録音機能もあります

 

最近、この手の商品が出たときに確認する事項は・・・・・

ワイドFMに対応しているか?

いや、音質良いから、聞けるのならついついワイドFMを聞いちゃいがち。
音楽を主に扱う番組ならなおさら。

受信状態が良ければRadikoで聞くよりも音質がいいからね。

スペックを確認すると、スピーカーはモノラルだが、音声出力は3.5mmステレオミニだから、たしかにコイツを音楽プレーヤーとして使うのもアリっていう発想もわかる。

対応テープ:ノーマルテープ(Type1)・・・・・

これ、ハイポジやメタルは対応してないの?

ハイポジやメタルが一切再生できないとなれば。ちょっと涙目の奴居そう。

せっかく高品質でテープに録音してたのに、一切再生できない、microSDカードへ録音移行できないのは・・・・・

悲惨だなぁ

まあ、30年前のテープが問題なく再生できるかといえば・・・・・
保存状態の問題もあるからね。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

We Will , we will rock you!

「丼丼パン…丼丼パン……」 あの世界的名曲を表現した作品が「久しぶりにTwitterで笑った」と話題に

丼丼パンだけだけだと何の意味か分からんが・・・・・
丼丼パンを何回も繰り返していると・・・・・

We Will , we will rock you!

いや、いきなりそこにたどり着いてらダメでしょ(w

丼丼パンを何回か繰り返していってそのバックで

Buddy, you're a boy, make a big noise
Playing in the street, gonna be a big man someday
You got mud on your face, you big disgrace
Kicking your can all over the place, singin'

を口ずさんで、最後に

We Will , we will rock you!

と叫ぶ!!

しかし、丼丼パンで、ドラムパートが再現できるのか。
タムはどうする、ハイハットシンバルはどうするって問題もあるが?

そこらへんが解決すれば、ドラム譜、食い物で表現できる説が(w

でも、ものすごく、早食いかつリズミカルに食っていかないと・・・・・
アップテンポのナンバーだと

食えましぇ~ん!!

って事になりそう。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

ミュージくんが音楽を変えた?

世界初のDTM製品「ミュージくん」、未来技術遺産に

これは意外。
DTMといえばMacのイメージがあったんだけどなぁ。

調べてみたらプロ用途にはMacintoshやAmiga、ATARI。
DTMとしてはPC-98が主に使用されていた。
との事。

てか、そもそもデスクトップミュージック=DTM自体が和製英語なんだって。

それは知らんかった!!

DTP(デスクトップパブリッシング)Pの部分をM=Musicに置き換えた言葉なんだろうな。
そういやDTPMacintoshのイメージが強いな。

おりしもミュージくんが発売される1988年の1年前にはTM-NetworkGet Wildのヒットで一躍注目を浴び、テレビでコンピュータを使って演奏する光景を見る機会も多かったわけだし。

ミュージくん買えば、俺も小室哲哉みたいになれる!!

と思った奴、多そう。

でも、パソコンにMIDIポートを拡張スロットに差し込んで、さらに音源も用意して。
で、打ち込みソフトに入力していかなければならないという地道な作業。

リアルタイム入力という機能もあったみたいだが、キーボード(もちろん楽器の方)に、演奏能力が・・・・・

そういや1985年つくば科学博で、何台ものパソコン使ってオーケストラ演奏していたよなぁ。
フルバンドを用意しなくても、コンピューターで音楽制作ができるようになった。
さらに個人でも、できるようになったというのは、やはり時代の転換点だったのかもなぁ。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

昭和歌謡再び!?

平成生まれの若者中心? 巻き起こりつつある「昭和歌謡リバイバル」は音楽シーンに何をもたらすのか

やっぱりシンプルなのが受けているのかもなぁ。
たしかに、8ビードに日本独自の「5・7・5」調のシンプルな歌詞に乗せて歌う。
歌詞の内容も情報量は少ないが、しっかしと歌の世界観を表現している。
歌詞に無駄がない。

そういう昭和50年代までの歌謡曲が、知らない世代にとっては受けているのかもしれないなぁ。

昭和50年代昭和60年代、そして平成と、まあ、一種の時代の断層みないなものがあって。

テレビというメディアが一家に一台から個人に一台になったのも大きい。
また、レコードからカセットやCDなどの携帯音楽プレーヤーが普及して個人で音楽を楽しむ文化に変わってきたのも大きい。
楽曲制作にしても、フルバンドを用意しないと作れたかったものが、電子楽器の進化で、一人でオーケストラ並みの音楽を制作できるようになったのも大きい。

やっぱり歌詞の力と、それを表現する歌手の良さが、また見直されてきているのかもしれないなぁ。
少なくとも、サビのフレーズをそのまま楽曲のタイトルにするような歌が少なかったし(w

歌詞って、結局は作る人の人生観や哲学みたいなものがないと、なかなか生まれないわけで。
多分、他人の技術を研究して・・・・・
ってのは、確かに、作られる楽曲に対して乗せやすい詞を作る、あるいは覚えやすい、歌いやすい、インパクトに残りやすいといったものは盗めると思うが。

聴いている人の心に刺さるかどうかは、多分、上辺だけの真似じゃあ無理なんだと思うなぁ。
今後、ひょっとしたらAIが歌詞を作る時代が来るかもしれないが・・・・・
よくよく聴いてみると、過去のヒット曲の継ぎ接ぎってことになっているかもしれないなぁ。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性と危うさ

無料でビル・ゲイツやアーノルド・シュワルツネッガーなど有名人に好きな台詞をしゃべらせることができる「Vocodes」レビュー

Vocodes. Vocal playground.

面白いサービスであるが、一方で怖さも感じるなぁ。
有名人が実際にしゃべってないことをしゃべらせることが可能となる世の中は、それを悪用される可能性もあるし。

亡くなった人の歌声や演技を再現されることが可能になる話も、実際、AI美空ひばりでは批判があったのも事実。

山下達郎、AI美空ひばりに「冒涜です」発言の思わぬ波紋

自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性が出てきたってのは、ちゃんと正面から論議しないと大変な事になるかもしれないなぁ。

それはフェイクニュースに限ったことでなくてね。
それに、「他人の声は利用するけど、自分の声は利用しないでくれ」っていうわけにはいかんだろうし。

だったら、他人の声を利用すべきではない。
フェアじゃないと思うしね。

ここら辺は、本当に科学の進化と倫理的問題が問われるものかもしれないなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧