2020年9月 2日 (水)

銭湯ミニチュアと温泉モノポリー

レトロな銭湯グッズをフィギュア化した「銭湯 ミニチュアコレクション」が登場 大黒湯外観もミニチュア化

また御大が好きそうなガチャが(w

ただ洗面器はケロリン桶でないと!!

これは絶対に譲れないな!!

あるいは許可が下りなかったとか・・・・
なにげにTANITAINADAmeijikaoとスポンサーが付いているしね。

しかし銭湯のパネル絵とかスーパー銭湯にも受け継がれれてもいいような気もするんだけどなぁ。
大黒湯(東京都足立区)の佇まいは、それだけでウキウキするというか、道後温泉本館に負けない威厳と迫力があるそうな気が。

いや、休憩所とお茶とお茶受け菓子が出れば勝負になるんじゃね?
昔(江戸時代)の銭湯は、そういうサービスがあって、社交場の役割も果たしてたというからなぁ。

これをマイ駒にして、温泉モノポリー作って遊んだら楽しいだろうなぁ。
そういや、昔、雑誌の付録で温泉モノポリーがあったような・・・・・

調べてみたら新Tokyo Walker 2005年2/1号の別冊付録でした。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

対流式ストーブって最近あんまり見ないイメージ

人気のストーブ「アラジン ブルーフレーム」のカプセルトイが誕生 青い炎はLEDライトで再現

懐かしいストーブのスタイルだ。
日本じゃ、こういう対流式ストーブを使っているのは、学校とか比較的広いスペースの部屋があるところってイメージ。
あとは反射式ファンヒーターが主流といった感じだなぁ。

しかし、これも御大が喜びそうなアイテムだなぁ。
けどアラジンのストーブでモノポリーを作るのは、ちょっと無理があるかなぁ。

たとえば、世界各地の油田カラーグループの土地にして鉄道電水石油メジャーにする。
これなら、石油モノポリーが作れるか?
で、トークンにアラジンのストーブのカプセルトイを使うと。

これやな!!

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

エンゼルモノポリーできないかなぁ・・・・・

「ダース」や「森永ミルクチョコレート」がミニチュアになった! 森永製菓のミニチュアフィギュア第2弾が登場

これまた昭和御大が喜びそうな・・・・・
てか第2弾ということは、すでに第1弾も発売されていたのか。

森永のホットケーキやお菓子がミニチュアになった 「森永のおかしなぷちレシピ」がかわいい

こう見てみると、森永のお菓子のラインナップの豊富さを感じらずにはいられない。
てか、森永の商品をメインにモノポリーができるんじゃあ・・・・・
なんせグリコが大阪版でボードウォークの位置をGETしたからね。
だったら森永は全マス押さえる勢いでやって欲しい!!(ぉぃ

なんならおもちゃの缶詰の景品にしても良いぞ!!
チョコボール大人買いする(ぉぃ

でも森永版エンゼルモノポリーができても、ヌーボーは黒歴史・・・・・(コラコラ
あ、マーシーはGO TO JAIL・・・・・(やめぃ

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

性差別をなくして”やってあげている”という上から目線

男女間で賃金格差のある「ミス・モノポリー」 「性差別って言葉をハズブロは知らないのかな」

まあネーミング自体がミスなんですけれどね。

ってミスカタカナ英語だった・・・・・
make a mistakeが正しいらしい。

今はミズ(Ms.)の方が一般的なイメージあるけどなぁ。
迂闊にミス(Miss.)ミセス(Mrs.)を使ったらセクハラで訴えられそうなイメージ。

で、「ミス・モノポリー」では男性プレイヤーと女性プレイヤーで所持金や給料に格差があるみたいだが・・・・・
ゲーム始まってみたら、そんなこと関係なさそう。
給料が高い分、所持金が多い分、交渉内容が変わるだけだと思うが。
あ、場に流れる現金が増える分、グリーンの価値は上がるかもな・・・・・
ということを真面目に考えている時点で・・・・・(´・ω・`)

ちなみに、モノポリーの原型となったThe Landlord’s Gameってゲームを作ったのはリジー・マギー(エリザベス・マギー)という女性なんだって。

これは知らんかった!!

まあね、類似ゲームが類似ゲームを生むってよくあるパターン。
モノポリーが知名度を上げたのはチャールズ・B・ダロウパーカー・ブラザーズという大きな玩具会社への売り込みに成功したのが大きかったのかも。

なお記事によれば「ミス・モノポリー」と2万ドル(約215万円)以上の支援金が、3人の若い女性発明家に贈呈された様子を撮影したイメージビデオは、高評価1000件に対し低評価が3万7000件


圧倒的に不評すぎる・・・・・

日本で発売される事はあるのだろうか?

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

Santakuの趣味でざっくりと語る平成という時代

F1:平成の最初の頃は死ぬほど見てた(w
一時は、ヘルメット見ただけで、どのドライバーかわかる程のヲタだったし。
セナが亡くなった後も見続けて、世紀末のMシューマッハ vs ハッキネンのチャンピオン争いをリアルタイムで見届けることができた。
だた21世紀に入ってMシューマッハの土壇場になってからは食傷気味になってしまったかな?

音楽:根底にあるのはザ・ベストテンだし、ヒットチャート(w
世間で流行っている上から10曲しか聞かない人だったが、ヒットチャートをあつかったサイトでの交流や、ネットラジオRadikoなどで、徐々に聴く音楽の幅が広がってきた感じ。
ライブにも行きまくっていた時期があったねぇ。
洋楽にハマって当時安かった輸入盤を買いあさった時期もあり。
WinMXなんてもんもありましたねー、Winnyには手を出さなかったけど(w
21世紀に入ってCD買っても、レンタルしても、ほどんどMP3に変換して聴いている状態。
おかげでパソコンのMP3ファイルが恐ろしい数に。
てかMP3ファイルが使えなくなったら、色んな意味で終わる(ぉぃ

パソコン&モバイル:PC98からPC/AT互換機のWindows、そしてLinuxへ(w
パソコン通信から、インターネットのダイヤルアップADSL光回線へ。
生業にもしていたし、仕事にも生活にも趣味もに欠かせない必需品になっちゃったなぁ。
モバイルPHSから始まって、ガラケースマホへ。
デザリングタブレットなんかも使っているがポテンシャルを発揮できているかどうかは謎
良くも悪くも不特定多数の人間が大量の情報を処理する事ができて、世界に情報を安易に発信できるようになったイメージ。

ゲーム:ファミコン、プレステ・・・・・
家庭用ビデオゲームをやったのはここまでだった(w
パソコンゲームにはまった時期もあったが、21世紀に入ってから一気にボードゲーム(モノポリー)に傾倒(w
気が付きゃ日本選手権で3位まで行ったんだから世の中わからないものだ(w
もちろん、モノポリーをきっかけにカタンなどのボードゲーム、そして様々な人や土地に出会えたことに感謝
良くも悪くも完全にライフワークになっちゃったな。

旅、グルメ:20世紀まではは傷心旅行多かったが(ぉぃ、21世紀に入ってからは、ほとんどモノポリー、カタンがらみの遠征だったな。
とはいうものの、北海道、東北、四国未到達だった地域に行けたのも事実。
北海道なんて大嫌いな飛行機使って行ったしね(w
四国はねぇ・・・・・
基本、寄せられる(w
ほとんど、うどん県に行っていたイメージ(w
あとは、道後温泉ね。
徳島は通過ばっかり、高知桂浜に勢いで行ったちょっとガッカリだったし・・・・・(´・ω・`)
でも公私含めて一番行ったのは九州かなぁ。
ピーク時には月2で行ってたイメージある。
そして、忘れられない名古屋の山、マウンテン(w

クルマ・バイク:リトルカブセロー(ここまで二輪)→(こっからクルマ)ナディア→(ナディアを弟に取られて)シャア専用ファンカーゴ(wヴィッツ(通称木馬)
昔は、カーナビなんか使わなくても道路に関しては絶対的自信持ってたんだけどなぁ。
多分、四国で番地だけで知り合いの新居にたどり着いた頃がピーク。
今はいかにECOマークのランプを光らすことができるか?を念頭に置いて運転してます(w

こうして、喜怒哀楽の思い出とともに平成が終わる。
令和においても喜怒哀楽溢れる思い出を作っていきたい。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

協力プレイは手段であって目的ではない

「ゲームで味方に迷惑をかけていないか不安」 協力プレイを恐れる「マルチプレイ恐怖症」に共感の声

 取り沙汰されているのは、ネットゲームにおける「協力プレイ」。プレイヤー同士でパーティを組むRPGに限らず、大勢でチームを組んで対戦するシューティングや、スマホゲームでカジュアルにマッチングして強敵に挑む「レイド」なども含まれます。

ボードゲームが置き去りにされている件に関して。

モノポリーカタントップを追う為には時として「協力プレイ」は必要。
ってか、その為の、交渉という比較的フリーハンドなルールがあるからね。

ただね、この「協力プレイ」ってものが曲者で・・・・・
「協力」しているつもりが、一方的に援助している事はよくあること。
まあ、仮に互いに共闘してトップ目に追い付いた、あるいはトップ目を追い落としても、今度は、その追い落とされたトップ目と共闘して・・・・・

はたして本当に共闘してくれるかな?

まあね、共闘組んで、どこからスパート掛けるかどうかも、面白いところなのだが。

ただ「協力プレイ」をすることは勝利条件に達する為の目的を達成する為の手段の一つであって、「協力プレイ」自体が目的じゃないんだけどね。

そこを見誤って脅迫概念みたいなものを植え付けられると拗らせてしまうんじゃないかと。

RPGのマルチプレイみたいに、チームで勝利条件に達する事を目的とする場合は、「協力プレイ」を行うのは、個人の為というよりチームの為だから、そこら辺の責任の意味合いも変わってくると思うのだが。

でもゲームする目的は楽しむ為にあるわけだからさ。
変な脅迫概念によるストレス抱えてまでゲームする必要もないと思うんだけどなー。

| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

鉄道会社と多角経営は男のロマン!?

相模鉄道がまさかのゲーム化 名作「A列車で行こう」ベースのスマホゲーム「相鉄線で行こう」無料で配信

そういや、相模鉄道8年前横浜版モノポリー に協力していたが、今度はA列車で行こうか。
A列車じゃなくY列車って気がしないでもないが(w

相模鉄道の歴史を見てみると、相模川の砂利を輸送していた時期もあるからなぁ。
資材を運んで街を発展させる・・・・・

まさにA列車で行こうの醍醐味じゃないか!!

でも一番、A列車で行こうを地で行っているのは、やっぱ阪急かなぁ・・・・・

沿線の宅地不動産販売郊外から都市部への人に流れを作りレジャー施設の設置などで都市部から郊外への人の流れを作り、さらにターミナルに百貨店を作って人の流れの求心力、ランドマークとなる施設とし、球場、劇場、映画などの文化的事業も手掛けていき、沿線の文化的地位向上も図る・・・・・

ターミナル百貨店なんてエキナカ事業の最先端を行っていたわけだし。
阪急の成功のおかげで、大手私鉄会社は、運輸業者というより、不動産デベロッパーのイメージが強い。

まあ、こんな経営者は、今後に日本に現れるのだろうか・・・・・

そして阪急で行こう阪急版モノポリーはできないのだろうか(w

あっ、でも土地の色が全部マルーンだとちょっと困る(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

イカサマ上等!!

不正行為を推奨するも捕まると本当に手錠をかけられる「Monopoly Game:Cheaters Edition」を遊んでみました

ゲーム内容的にはルールを簡素化することによってスピードアップを図っているように思えるが、その一方で不正行為する&見破るという行動が追加されているから、結局ゲームのプレイに2時間掛かっちゃうという(w

ただイカサマをするリスク、イカサマを指摘するリスクを考えてプレイしないといけないから、これはモノポリーとは別ゲームになるような気もするなぁ。

場合によってはイカサマして指摘されてOUTになっても、罰金払って刑務所に行った方がリスクが少ないという局面もあるわけだしねぇ。

「Escape Artist(脱獄の名人)」という不正行為。なんて得なのか?って思ってしまうんだけど(w
序盤に50ドル払って素直に出るのと、相手に100ドル払うリスクを背負ってまで不正行為するメリットってそんなにないと思うのだが・・・・・
これが終盤になるとなおさら・・・・・

てか、イカサマカードの場に脱獄の名人がある為、もっとメリットが大きい不正行為のカードを出す為に、あえて不正行為にチャレンジする、相手もそれをあえて見逃すという状況が生まれそう・・・・・

という事で

結論:これで日本選手権、世界選手権を行うべき

やっぱり、販促の為にはやるべきっしょ!!
そして、そうすることでより、様々な高等テクニックが生まれていく・・・・・

いやー、実際、勝負どころで、よりメリットの大きいイカサマを仕掛けることが出来るか?、できないか?だと思うよ。
それはそれで、ガチの真剣勝負をすれば、今のモノポリーにはない、新たな面白さが生まれるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

人は常に自分以外の人間を出す抜きたいという性

世界的人気のボードゲーム「モノポリー」はどうやって生まれたのか?

ミスターモノポリーのモデルがモルガン財閥の創始者であるジョン・P・モルガン だったとは知らなかった!!

たしかにあの時代の大金持ちで大成功者というイメージが強いな。

しかし、「社会の不平等を生むような土地の独占が可能となっている社会制度はよくない」と世間に知らしめようと、経済学の教材としてモンポリーの原型となるランドローズ・ゲームが作られたのか・・・・・

まあ、今でも社会問題などの教材としてボードゲームが作られる事があるが。
でもモノポリーって、よほど運の偏りがないと、毎回200ドルの給料が貰える安定した環境だと思うのだが。

そこで、利害が一致する人間たちが出抜けようとすると・・・・・

やるかやられるかの恐ろしい世の中になるわけですな、ハイ(w

だって、座して死ぬのを待つか、やられるぐらいならやり返すか・・・・・・(ぉぃ

でも、ぐるぐる回って安定して200ドルを受け取るだけでは、面白くないのも事実。

競争本能というか、人より前に出たいという本能は、人間の性、業なのかもしれない。

1933年、チャールズ・ダロウが作った丸いダイニングテーブル型のモノポリーってのは聞いたことあるが、丸いモノポリーって、他にもどっかで見た事あるような気が・・・・・

これだ!!

モノポリー誕生75周年、今秋登場の記念バージョンは現代風にアレンジ。

75周年記念に作られたモノポリー・レボリューションだった。

しかし現代風のアレンジを加えた特別バージョンとの事だったが、何気にデザインは原点回帰してたわけね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

モノポリー詐欺師版

リアルな手錠付き『モノポリー』“詐欺師版”が2018年秋登場予定 日本で発売されるかはタカラトミー次第?

詐欺師版というかチーターズ・エディションというかアウトレイジエディション、アンタッチャブルエディションという感じがするな。

舞台がシカゴあたりならより、雰囲気が出そう。

記事の中の

“チーターズ・エディション”は『モノポリー』史上初となるバンカー不在でゲームをプレイします。

ってどんな、資本主義的世紀末救世主伝説の世界なんだよ(w

従来のモノポリーとは別物のゲームと考えると、まあアリなのかもしれない。
モノポリーというブランドパワーに頼った派生ゲームとも言えなくもないが。

気になる日本での発売に関しては、“おま国”というよりも、日本における版権所有者のタカラトミー次第・・・・・

まあ、商売的に十分すぎるほど成り立ちそうなNintendoエディションとかも出なかったしな。
モノポリー ゲーマー スーパーマリオは出たが、これは盤面を縮小した派生Verだったし。

でも、チーターズ・エディションとそのルールに則ってモノポリー日本選手権を行うのは

ウェルカムです!!

(しゃくれながら)
いつ 何時、どんなモノポリーでも遊ぶ!!

バカヤロー!!

いくぞ、1、2、3、ダーッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧